[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGでお知らせします。[演唱會]成都6/16、北京6/23、雲頂9/15、廣州中央車站8/31[台湾限定演唱會]台北6/30


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ダイスキ侯孝賢♥ダイスキ「黒衣の刺客」♥感想

e0066135_10401715.jpg
↑我是舒淇。
これを描いていて思いました、伍佰さんは刺客にはなれません(爆笑)
だって姿形、雰囲気...どこから見ても伍佰さんは目立ちすぎるもん。



徐克(ツイ・ハーク)監督が私と伍佰さんを出逢わせた監督なら、
侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督はその遥か前に最初に私に台湾の土地と
アジア映画の魅力を教えてくれた監督でした。
侯監督の作品は、全部観てるはず....。最後に観たのは2007年の
「紅氣球之旅(邦題:ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン)」。
この「レッド・バルーン」を観た後、「私はホウ・シャオシェンが
好きだ好きだ好きだ好きだ好きだぁぁぁ」と思いました。

私はふだん客の映画評は読まないけど侯監督の映画評は読みます。
ほとんどが話がよくわからない、眠い、つまらないという感想。
一方、各方面の映画陣の感想は絶賛。
文芸誌で侯監督と対談していた作家・音楽家の町田康さんの感想は
読んだだけで私をおもちゃをもらう前の子供のような
気分にしてくれました。
このような相反する感想は活き活きしていて映画評すら
侯監督の「リアルな作品」に思えます。

劇場で「黒衣の刺客」を2回観ました。町田康さんがおっしゃっていた通り
"自分なりのイマジネーションで何度でも楽しめる映画"だったので
時間があればまだまだ観にいきたいけどもう無理かな。
「黒衣の刺客」を観た後も「レッド・バルーン」の時同様
「私はホウ・シャオシェンが好きだ好きだ好きだ好きだ好きだぁぁぁ」
と思いました。

44萬フィートの膨大な撮影フィルムと8年の撮影歳月から
監督がここだと思う役者と風景の瞬間を繋ぎ合わせたという映像には
私が一瞬にして冷める欲のような"混ざりモノ"が映像の中に無く、
すべてが監督の判断により処理されていて、
その処理部分と残した到達部分に対して大変感動しました。
美は美、強は強、愚は愚、弱は弱、衰は衰、影は影....
挙げたらきりが無いけどそういうところの侯監督の判断です。


CG等の特殊効果を使わない代わりに侯監督の映画は
人間や風景の撮影そのものに大変な時間を要する、
来る時をジッと待っている侯監督の雄大さと綿密さが
スクリーンから感じてとれ、私は「黒衣の刺客」を観ているのか、
監督を観ているのか自問してしまいました。
私は確実に侯監督を観ているのでした。
「侯監督」=「黒衣の刺客」
侯監督もまた映画を撮るというより「俳優がどんな人なのか」から
映画を撮ると言っていました。
近年、侯監督作品は舒淇にぞっこんであります。
舒淇の本質を表現するような映画を撮ることによって
「真」が撮れるようです。
何でも写ってしまう映像に「嘘」が無い努力をしています。

今回も素晴らしいキャスティングでした。
舒淇~良いです良いです。
「愛を知り、哀しみがうまれる。」というキャッチコピーが映画の
ポスターについていましたが、舒淇が演じる隠娘(インニャン)は
全く言葉が似合わない役柄でしたので、コピーを考えた方は
苦労されたと思います。
e0066135_13371916.jpg

物語は様々な権力的策略が入り混じっていましたが、
刺客の役所ながら、素の舒淇にある武器のような少女性が
「黒衣の刺客」の核になっていると私は思いました。
町田康さんが隠娘の刺客っぽくない結構適当な歩き方が好きだと
言っていましたが(笑)、意地っぱりな一面を
チラ見させる舒淇が楽しくて楽しくて孤独な隠娘ではあるけど
「この隠娘は大丈夫」だと思えた武侠映画でした。ハハハ。
侯監督は孤独映画を最終的には撮っていない....ですよね。
あまり喋らない監督が取材で
「最後、隠娘は笑っていると思うんだけど」
と言っていました。私はこの一言を読んで大笑いしてしまいました。
侯監督は、言いたくて仕方なかったんだなぁ...。
そんなネタばれを取材で言ってしまうなんて面白いです。

遠くから撮ったショットですがあの隠娘が...確かに
すんごく小さく微笑んでました。
監督~~なんでそんなこと言うんですか。大好きです。


黒衣の刺客オフィシャルサイト

e0066135_10144798.jpg伍佰&Chinablue LIVE商品
CD、DVD、BD、写真集
「光和熱:無盡閃亮的世界台北演唱會」
2015/6/19発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[博客來網站]CDDVDBD写真集
[YesAsia]CDDVDBD
[iTunes]光和熱 - Single玫瑰日記- Single



Commented by はおめい at 2015-10-16 11:14 x
侯孝賢監督の映画は映像が本当にきれいですよね。ストーリーより映像を浴びるってカンジでしょうか。
今年の東京フィルメックスで侯監督特集があるのが楽しみですね。
Commented by hachinoji7 at 2015-10-22 09:46
侯監督の風景(室内含む)、言葉のない時の人とらえ方は物語以上に物語性があるのでそこを"映画"として観ています。映画祭関連は近年休めなくて今年も行けませんが、侯監督の特集を組んでくれる日本スタッフに感謝です。
by hachinoji7 | 2015-10-12 13:35 | 伍佰迷ハチさん | Comments(2)