[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGでお知らせします。[演唱會]成都6/16、北京6/23、雲頂9/15、廣州中央車站8/31[台湾限定演唱會]台北6/30


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

台湾料理店でやはり・・

17時から今日もオヤジ女子会@新宿歌舞伎町
e0066135_2359883.jpg

本日は、仙ちゃんの宝くじが当たったら、
香港へご招待してもらえるという幸運なメンバー6名で
暑気払いでございました(感涙)。
昔昔から香港でオフ会は我々の夢でしたね。
弱冠1名、近年手前の島で降りてばかりいる者もいますが。
その手前の島の料理を本日は食べに行きました。
お店をきりもりする台湾のオバちゃんに会いたかったとも言えます。
オバちゃんの店「中国菜館」は、何年も通っているけど本当に美味いです(実感)。
e0066135_2464436.jpg

今気づいたけどオバちゃんも台湾語話せるよね〜、今度教えてもらおう〜♪
日本で台湾語を教えてくれる人が身近にほしいhachinojiです。

そしてありがとう。毎度、知らないことだらけの私に日本の今を教えてくれる朋友。
若者たちには今、向井くんという俳優と子どもたちにはプリキュアという
アニメのキャラクターが話題なのだということを知りました。検索します。

あっ、今日は伍佰さんのecoTシャツを着て、新宿の街を歩いていました。報告1。
とても造りと形が良いと皆様からお褒めにあずかりました。報告2。
e0066135_2501387.jpg

確かにツアーのTシャツは着ていても品質の良さを感じます。感想1。
着ていると伍佰さんのライブに物凄く行きたくもなります。感想2。
私が次に台湾へ行くのは10月?11月?

058.gif8/28、朝食「さつまいも」「玉ねぎスライス鰹節かけ」
「めかぶ」「冷やしトマト」「ワカメの味噌汁」
e0066135_06175.jpg

Commented by おかん at 2010-08-30 01:20 x
宝くじが当たったら、仙ちゃんは六福ずにマンション@香港買ってくれるんだって。
Commented by hachinoji7 at 2010-08-30 15:39
おかん、それっておかんが今考えたでしょ(爆)?ネェネェ。
でも仙ちゃんなら喜んで買ってくれるね。
"六福ずホテル"でもいいなぁ。
"ラッフルズホテル"に名前が似てる...似てねーよ

マカオに猫土地買って猫といわし生活かも。
仙ちゃんの宝くじでみんなの夢が大きく広がっていますね。
Commented by もに蔵 at 2010-08-30 22:31 x
歌舞伎町のこの台湾料理屋、懐かしい!!
都民時代に行ったなあ・・・
いいなあ、帰りたい・・って帰る家ありまへんがな^^;
Commented by hachinoji7 at 2010-08-31 00:10
アジア映画に関わる皆さんはほぼ行きつけだよね〜。
毎回オバちゃんに「映画見たお客さん」だと思われています。
帰る家はないけど、帰る店はある・・まさにこのお店。
残っていてくれてありがたいねぇ。
オバちゃんの元気のおかげで店がある気がします。
東京にお越しの際は大根餅たべましょう。
Commented by at 2010-08-31 00:41 x
六福ずホテル≒ラッフルズホテル>膝ポン!

オカンが今考えた=それがちゃいますねん。
億単位で当たったら、香港に家買うの。
当たった金額によっては、お犬にも個室を、って大妄想。

もにちゃん、上京の際にはぜひ↑ここに行きましょう♪
Commented by hachinoji7 at 2010-08-31 00:54
それじゃ、食事の時は六福ずが各個室から食堂へ
わらわら出て来て集まるのね〜。ワンワン映画かよ〜。
仙ちゃんの宝くじ当たったら、わらわら映画と
サントラ盤も作りましょう。妄想がとまらないぞー。

六福ずホテル忙しい〜。
Commented by jyujyu777 at 2010-09-02 01:00
あ、仙ちゃんが書いてくれてる。そうなの、仙ちゃんがおうち買ってくれるの♪
サントラ、ジャケットは画伯に頼みます。
わらわら映画の吹き替えは、台湾500さんに、個人的には旭さんもいれたいところ。香港はEさんにとにおさん、じゃぽんは隆一さまで決まりだわ!
Commented by hachinoji7 at 2010-09-02 21:49
六幅ずホテル計画とわらわら映画の話も
具体的になってきたとこだし(えっー)、
そろそろ宝くじの準備であります。

映画は「わらわら」がポイントであるが、
「わらわら」分の吹き替え人数が
必要なのを忘れていた、、盲点であった。
仕方ないから画伯のすごいカタカナ広東語で
吹替えするという冒険も考慮せねば・・。
香港上映は世界一聴き取れない広東語版となるであろう。
すまぬ。
by hachinoji7 | 2010-08-28 23:58 | Comments(8)