[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[演唱會]深圳場8/26、合肥場9/9、シンガポール場10/7[台湾限定演唱會]高雄巨蛋9/23、台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0066135_1493036.jpg
希望..嘉賓李炳輝さん

伍佰&Chinablueが来春、台北でコンサートを
開くことになりました。
今年は各地を「無盡閃亮的搖滾全經典」という
ツアーで回っていましたが、そのツアーの最終場を
"台北"で行うそうです。ツアー内容を台湾版に改訂し、
「搖滾全經典之雙面對決演唱會」というコンサート名で
今回のツアーを締めくくる模様。
日付、場所の告知がありました。

4/15 (金)「搖滾全經典之雙面對決演唱會“台語全經典場"」
4/16 (土)「搖滾全經典之雙面對決演唱會“國語全經典場"」
場所:台北小巨蛋
チケット発売11/17(火) 日本時間13:00〜 寬宏售票


コンサートは15日が台湾語曲ONLY、16日が國語曲(普通語)ONLYに
なるそうです。つまり両日違う曲を演奏するという伍佰さんたちが
"超大変"な構成です)))))聴く方は楽しいけど。
伍佰さんの官方には両言語の音楽界の頂点に君臨する伍佰さんが
25年の蓄積から創り出された"名曲"をぎっちり詰め込んで
超Highなコンサートを行うとあります。

私個人として既に書きたいことはありますが、
まだ概要的な告知なので現時点で書くことを控えます。
稱覇樂壇とか經典とかHighになるとか言われても私は
あまり歓喜しないタイプなので、
次は心に滲みる伍佰さんの詩のような告知を
お待ちしていま〜す。
台湾語曲と國語曲を分けることは各曲の深みや持ち味を
より堪能できる素敵な企画だと思います。

明年4/15-16台北小巨蛋演唱會售票訊息來了!11/17中午寬宏售票系統開始搶票!相關訊息請詳細閱讀以下連結喔! http://wubaiblog.pixnet.net/blog/post/45472279

Posted by 伍佰 Wu Bai on 2015年10月26日



e0066135_10144798.jpg伍佰&Chinablue LIVE商品
CD、DVD、BD、写真集
「光和熱:無盡閃亮的世界台北演唱會」
2015/6/19発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[博客來網站]CDDVDBD写真集
[YesAsia]CDDVDBD
[iTunes]光和熱 - Single玫瑰日記- Single



by hachinoji7 | 2015-10-28 14:46 | 伍佰氏業務連絡 | Comments(0)
e0066135_21243830.jpg
↑週刊プロレスに伍佰さんがぁぁ))))初めてじゃないけど。

2015年10月18日16:00 
「WRESTLING WORLD 2015 IN TAIWAN」
(中文:新日本職業摔角聯盟台灣大戰)
國立臺灣大學綜合體育館

10月12日に両国国技館で"6年ぶり"に
新日本プロレスの現場を観てきました。下写真参照↓
その週末、新日本プロレスが台湾大会を開くため、
"最新の現場"の雰囲気を観ておきたかったのです。
近年は"伍佰さんの武藤愛"が私にまで伝染して全日本プロレス、
WRESTLE-1の試合ばかり観に行ってた私ですが^^:
e0066135_2211970.jpg

子供の頃、地元に来るのは新日・全日この両団体でした。
こんなに年月が経っても、今もこうして観られることに
あらためて驚きを感じます。しかも、今は台湾まで遠征!!!!!!!
なぜ、台湾で日本のプロレス?
伍佰さんをはじめ台湾にはプロレスファンがたくさんいるから。
しかももの凄くみんなマニア。何かの資料を読んだわけではなく、
私の台湾友達にも日本のプロレスファンがいるから知っています。

私は彼らと台湾大会について盛り上がることが楽しくて
10/18は仕事で台湾へは行けませんでしたが、
ずっとfacebookなどでいっしょに盛り上がっていました。
伍佰さんは観に行けるかなぁ...と思っていましたが
今月初め伍佰さんが突然台湾大会のチケットサイトを
ファンに紹介していたので「こりゃ来るな」と思いました。
来るというか、招待されたな・・と思いました。

こちらは中文の台湾大会プロモ映像~~↓
「百年に一人の逸材」
中国語でこう言うんですね。学べて嬉しい私です。
"逸材"が"人材"に訳されています(^^)
"逸材"は"逸材"のままでいいんじゃないかな?
台湾友達も"逸材"って使っていたし。

台湾大会プロモ


10/18は東京ドームで行われる「WRESTLE KINGDOM9 in 東京ドーム」
チケット発売日でもありました。
台湾友達のチケットを購入するために朝から
私はチケット売り場に並びました。ハハハハ..原稿締め切り前。
1枚2万円以上もするのに彼らは熱心です。
日本人の私にできることは少しがんばります。
e0066135_22111987.jpg

何も調べなくても10/18の台湾大会の様子は
彼らから情報が入ってくるので、しつこいようだが
原稿締め切り前なのに(爆)、盛り上がる盛り上がる)))

伍佰さんが客席に現れた時の彼らの
反応が一番笑いました。
e0066135_2220439.jpg


台湾の観客は反応が大きくて明るくて陽気。超ENJOYしてます。
日本も盛り上がるけど酷いヤジや評論家みたいなこと言う人も多いので
なんというか"陽気"な雰囲気とはちょっと違うなぁと思います。
"陽気"より"熱い"が合うように思います。

よく調べてなかったのでこの選手は???
と思ったのは試合の中に混ざっていた
「台湾隊長」(爆)。
私のツボに入るコスチューム。この抜け具合がたまらん。
台湾隊長は名前に台湾と付くだけに
何か台湾の特長があるのだろうか?と
思い友達に聞いてみました。
e0066135_2233418.jpg

会社で大笑いしました。
台湾の特有種"帝雉"という鳥をイメージしたコスチュームらしい。
なるほど頭に羽ついてる!!!確かに←何が確かにだ(笑)
最後羽なくなってたらしい。

それはいいとして。

ここは伍佰FanBlogなので伍佰さんに
偏ってお届けしています。
この日、伍佰さんは花束贈呈の任務でしばし
リング下で待機していた様子。
あああ...特別なプロレス大会に伍佰さんの花束贈呈は欠かせません。

伍佰さんの愛の深さが伝わる武藤さんへの
花束贈呈写真(2012年両国 by私)
e0066135_2250232.jpg


今回伍佰さんは中文を通じて台湾観衆に直接メッセージできる
唯一の存在でしたから、伍佰さんなりに力いっぱい思いを込めて
新日本プロレスへの支持を観衆に叫んでいました。感動(TT)
花束贈呈の時の様子は新日本プロレスが配信する試合動画でも
流れているようです。
私は台湾友達の謝乃機さん(中邑迷)が送ってくれた写真を
ここに貼ります。送ってくれてありがとうね。很開心〜!!
生々しいでしょ~。
e0066135_2371665.jpg


「ワールドプロレスリング」での
放送を見逃さないようにしなきゃ。
ではでは。伍佰に偏ったリポートでした。




e0066135_10144798.jpg伍佰&Chinablue LIVE商品
CD、DVD、BD、写真集
「光和熱:無盡閃亮的世界台北演唱會」
2015/6/19発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[博客來網站]CDDVDBD写真集
[YesAsia]CDDVDBD
[iTunes]光和熱 - Single玫瑰日記- Single



by hachinoji7 | 2015-10-22 23:11 | 伍佰さんの台湾 | Comments(0)
e0066135_10401715.jpg
↑我是舒淇。
これを描いていて思いました、伍佰さんは刺客にはなれません(爆笑)
だって姿形、雰囲気...どこから見ても伍佰さんは目立ちすぎるもん。



徐克(ツイ・ハーク)監督が私と伍佰さんを出逢わせた監督なら、
侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督はその遥か前に最初に私に台湾の土地と
アジア映画の魅力を教えてくれた監督でした。
侯監督の作品は、全部観てるはず....。最後に観たのは2007年の
「紅氣球之旅(邦題:ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン)」。
この「レッド・バルーン」を観た後、「私はホウ・シャオシェンが
好きだ好きだ好きだ好きだ好きだぁぁぁ」と思いました。

私はふだん客の映画評は読まないけど侯監督の映画評は読みます。
ほとんどが話がよくわからない、眠い、つまらないという感想。
一方、各方面の映画陣の感想は絶賛。
文芸誌で侯監督と対談していた作家・音楽家の町田康さんの感想は
読んだだけで私をおもちゃをもらう前の子供のような
気分にしてくれました。
このような相反する感想は活き活きしていて映画評すら
侯監督の「リアルな作品」に思えます。

劇場で「黒衣の刺客」を2回観ました。町田康さんがおっしゃっていた通り
"自分なりのイマジネーションで何度でも楽しめる映画"だったので
時間があればまだまだ観にいきたいけどもう無理かな。
「黒衣の刺客」を観た後も「レッド・バルーン」の時同様
「私はホウ・シャオシェンが好きだ好きだ好きだ好きだ好きだぁぁぁ」
と思いました。

44萬フィートの膨大な撮影フィルムと8年の撮影歳月から
監督がここだと思う役者と風景の瞬間を繋ぎ合わせたという映像には
私が一瞬にして冷める欲のような"混ざりモノ"が映像の中に無く、
すべてが監督の判断により処理されていて、
その処理部分と残した到達部分に対して大変感動しました。
美は美、強は強、愚は愚、弱は弱、衰は衰、影は影....
挙げたらきりが無いけどそういうところの侯監督の判断です。


CG等の特殊効果を使わない代わりに侯監督の映画は
人間や風景の撮影そのものに大変な時間を要する、
来る時をジッと待っている侯監督の雄大さと綿密さが
スクリーンから感じてとれ、私は「黒衣の刺客」を観ているのか、
監督を観ているのか自問してしまいました。
私は確実に侯監督を観ているのでした。
「侯監督」=「黒衣の刺客」
侯監督もまた映画を撮るというより「俳優がどんな人なのか」から
映画を撮ると言っていました。
近年、侯監督作品は舒淇にぞっこんであります。
舒淇の本質を表現するような映画を撮ることによって
「真」が撮れるようです。
何でも写ってしまう映像に「嘘」が無い努力をしています。

今回も素晴らしいキャスティングでした。
舒淇~良いです良いです。
「愛を知り、哀しみがうまれる。」というキャッチコピーが映画の
ポスターについていましたが、舒淇が演じる隠娘(インニャン)は
全く言葉が似合わない役柄でしたので、コピーを考えた方は
苦労されたと思います。
e0066135_13371916.jpg

物語は様々な権力的策略が入り混じっていましたが、
刺客の役所ながら、素の舒淇にある武器のような少女性が
「黒衣の刺客」の核になっていると私は思いました。
町田康さんが隠娘の刺客っぽくない結構適当な歩き方が好きだと
言っていましたが(笑)、意地っぱりな一面を
チラ見させる舒淇が楽しくて楽しくて孤独な隠娘ではあるけど
「この隠娘は大丈夫」だと思えた武侠映画でした。ハハハ。
侯監督は孤独映画を最終的には撮っていない....ですよね。
あまり喋らない監督が取材で
「最後、隠娘は笑っていると思うんだけど」
と言っていました。私はこの一言を読んで大笑いしてしまいました。
侯監督は、言いたくて仕方なかったんだなぁ...。
そんなネタばれを取材で言ってしまうなんて面白いです。

遠くから撮ったショットですがあの隠娘が...確かに
すんごく小さく微笑んでました。
監督~~なんでそんなこと言うんですか。大好きです。


黒衣の刺客オフィシャルサイト

e0066135_10144798.jpg伍佰&Chinablue LIVE商品
CD、DVD、BD、写真集
「光和熱:無盡閃亮的世界台北演唱會」
2015/6/19発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[博客來網站]CDDVDBD写真集
[YesAsia]CDDVDBD
[iTunes]光和熱 - Single玫瑰日記- Single



by hachinoji7 | 2015-10-12 13:35 | 伍佰迷ハチさん | Comments(2)