[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[演唱會]深圳場8/26、合肥場9/9、シンガポール場10/7[台湾限定演唱會]高雄巨蛋9/23、台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0066135_5225850.jpg
伍佰:我希望大家可以透過這個作品看到我

伍佰さんは撮った写真や作った音楽自体の具体的な
内容や情報について明かすことはあまりしません。
(いつどこで何を等等の解説について)。
でも、どうして写真を撮るのか、写真で何ができるのか、
何にこだわるのかを問うと、心の中をいっぱい話してくれます
(プロレス論も同じで話し出すと長いぜ)。
伍佰さんが写真について喋る動画"名人聊天室"が
今年1月にオンエアされました。番組とはいえ1時間も話してます。

一歩突っ込んだ内容の話になると、私は単語とか表現とか
分からない中文ばかりでほとんど聴き取れなくて
この動画には撃沈しました。
(一歩突っ込まない内容でも聴き取れないけど)
でも、文字版があることを発見してホッとしました。

文字版はこちら(全部ではないけど)
"名人聊天室"文字版(動画もあり)



以前看過的PChome 24h購物"名人聊天室"影片、
對我來講這影片裡的中文很難。。
伍佰老師在說什麼??一直聽不懂的我~
這個連結是"名人聊天室"的文字版(感謝)。伍佰聊得很多。
這文字版是我的教科書⋯⋯



動画はこちら



文字版を見た後、再び動画を見ると「言葉」が見えて聴き取れます。
素晴らしい教材。現在聽得懂的我~
話の内容がわかると伍佰さんと会話できたような錯覚が起きます(笑)。
私は伍佰さんの夢をよく見ます。夢の中では私と伍佰さんは
楽しく会話しています。きっと、これは私の日頃の願望が
夢に現われているのだと思います。
この動画を見た日本人は「伍佰ってこんなに喋るの??」と誤解しそう。

伍佰さんは犬(ペット系)や食べ物やコーヒーの上の花は撮らないんだって。
コーヒーアートのこと???大笑い。さすが伍佰さん。
そんなに気持ち悪いんだ、あのお絵描きが。アハハハ!!!

伍佰:不拍咖啡上的花(嫌がってます↓)
e0066135_8171111.jpg


私のquestion・・・
出版にあたってモノクロフィルムで撮った写真を伍佰さんは
どのような原稿形式で編集者・出版社へ入稿したのかなぁと
思いました。写真集を見ていて疑問が湧きました。
伍佰さんは撮った写真を保存するために高価なパソコン(電腦)も
必要だと何かの取材で言っていたけど。
これこそ、伍佰さんが語らないどうでもいいことだな(爆)。
出したい写真の色合いを最大限に「書籍化」するには
技術と限界の世界になりますので気になります)))
黑白底片→數碼化→出版社?
黑白底片→黑白沖印→出版社?


私の仕事の場合、私がフィルムを數碼化してその写真の雰囲気を
最大限に出せるようデジタル調整しています。
もちろん写真集ではありません、広告の場合。



Wake Up音樂祭2015
期間:2015.07.17~07.19
伍佰&ChinaBlueの出演は7/19のトリ
場所:嘉義文化創意產業園區
(嘉義市中山路616號)
伍佰&ChinaBlueは"射日星球"舞台
チケット発売:コチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2015-03-23 08:22 | 迷上伍佰 | Comments(4)
[3/20追記 談春のチケット取れなかった↓]
e0066135_0203138.jpg
感覺"正面迎撃"的海報↑
ここでこのような告知をしてさらに抽選ライバルを
増やしてどうするのと自己ツッコミ。
立川談春師匠が30周年公演を先月末から開催中。
東京公演は、立川談志師匠の聖地である「国立演芸場」。
チケット抽選販売の申込は既に開始しています。
抽選なので私にも行ける可能性が少しある〜♪

立川談春 三十周年記念落語会(東京公演)
「もとのその一」百年目/他
公演日時:2015年03月25日(水)〜29日(日)
18:30 〜 5日間公演!!!
会場:国立演芸場 (東京都)
席種:指定席
料金:4,320円
※チケットはWEB抽選にて当選された方のみ購入可能。
先着順ではありません。
詳細はコチラ


伍佰さんたちも6月末と7月初旬にLIVEHOUSE公演を
やることが告知されました。
詳細は今月末に発表されるそうなので、後日ちゃんと
お知らせします。当初、5月開催予定でしたので
時期的にも金銭的にも厳しかったのですが、月を跨いでくれて
少し計画が立て易くなりました(私的には)↓




Wake Up音樂祭2015
期間:2015.07.17~07.19
伍佰&ChinaBlueの出演は7/19のトリ
場所:嘉義文化創意產業園區
(嘉義市中山路616號)
伍佰&ChinaBlueは"射日星球"舞台
チケット発売:コチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2015-03-15 00:39 | 伍佰迷ハチさん | Comments(0)
e0066135_2332577.jpg

3/5のBLOGにセットリストをUPしておきながら逃亡....
3/9、ただいま戻りました。

このLiveを観た翌日が伍佰さんのサイン会だったので、
伍佰さんは私に昨日のLiveは楽しかったか?楽しかったか?と
2回繰り返して感想を聞いてきました。
照れる私は「楽しかった」と小声で応えました。
(楽しくないわけないじゃん、目の前のあなたが大好きなんだからさ〜)
伍佰さんは率直な人で前にも何かの後に楽しかったか?と
聞かれた記憶があります。もし私が「楽しくなかった」と応えたら
きっと真摯に受け止める人でしょう。とても努力家です。
Fanが楽しめたかどうかが伍佰さんには重要なのです。
上の写真はそのような伍佰さんがわかるでしょ?私の盗撮↑

e0066135_2384985.jpg

Liveの中では、この日のLiveの主題になっている"經典"とは何か?
に対して伍佰さんは"經典とは俺のことだ"
なぁ〜んて豪語していましたが伍佰さんは經典老師であり、
また真面目な努力家です。
この"經典とは俺のことだ"の言い方がちょっとはにかみつつも
カッコ良く、観衆の皆さん「キャ〜♥」でした。
では再びセットリストをこちらにも載せます↓

e0066135_2212622.jpg


ご覧の通り今回は"特別感"を醸し出したのか曲数はたったの21曲。
1曲はDinoが唱っているから伍佰さんが唱ったのは20曲です。
CDのベスト盤のような選曲でアンコールも1回きりだったので、
Dinner Showのような構成のROCK LIVEでした。
Liveが終わった後、食事で言えばフルコースの料理を食べた後のような
感覚がしたのでコース料理に「おかわり(アンコール)」はないよなぁと
思いました。不要叫再來一碗。

でも一番の魅力は21曲だったということかな。
厳選した分、一曲一曲の仕上げに豊かな創作色が
凝縮されていました。みんなが唱える曲ぞろいなのに
私は"音色"の方が気になって伍佰さんの歌をあまり聴いてなかったかも。
ベスト盤のような選曲でしたが、いつも新鮮感を追ってきた伍佰さんが
そのまま演奏するはずもなく"新曲"のように編曲していたり、
演奏形式を変えたりして、従来の形に折れない伍佰さんの気質が
とても現われていました。負けず嫌いだな〜と思いました。
この選曲は明らかに海外公演の特性を配慮したものでしょうけど、
伍佰さんたちは金曲という武器を利用して
手創りの"Band音楽"をFanに伝え楽しんでいると思いました。
"基礎があるから遊べる"創作家共通の心得ですね。

1/10は原始的な音楽創作Band、
伍佰&ChinaBlueを味わうことができました。
これが私の感想です。


どの曲も風味を保ちつつ、進化してゆく道のりが
ありますが「黄色月亮」だけは、何回聞いても
初めて聴くような衝撃があります。
「黄色月亮」は很エキゾチック(exotic)。奇怪&異色です。
「黄色月亮」←感覺永遠的新歌。不用重新(笑)。

058.gif[今夜做菜]蛋包飯 洋葱湯
e0066135_3135059.jpg



Wake Up音樂祭2015
期間:2015.07.17~07.19
伍佰&ChinaBlueの出演は7/19のトリ
場所:嘉義文化創意產業園區
(嘉義市中山路616號)
伍佰&ChinaBlueは"射日星球"舞台
チケット発売:コチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2015-03-10 02:35 | 迷上伍佰 | Comments(0)
e0066135_17172596.jpg


続きはまた。仕事に戻るずら。
by hachinoji7 | 2015-03-05 17:18 | 迷上伍佰 | Comments(0)
e0066135_215249.jpg
↑滿滿的伍佰之世界
毎日のように去年10月の伍佰さんたちの高雄コンサートのセットリストを
作りたいと思いつつ、今日に至ってしまいました。やっと作りました。
まとまった感想文も書けそうになかったので、小分けにしてLiveの感想は
書いてきましたが、それも不十分です。

書きづらいという理由もありました。
今回は揺滾區だったので至近距離すぎて(爆)
大きな空間を使った舞台演出が見えなかったのです。
左右に長い中央舞台上の視覚効果や照明、設計とか看不到でした。
映画館で言えばスクリーンの一番前のようなものです。
距離を優先するか雰囲気を優先するか、今後の課題ですね。
雰囲気はいずれ出るDVDで味わいます。
ちなみ今まではアリーナではなく看台で観てました。
でも今回は舞台に近いおかげで伍佰さんの高鳴る感情が
震動するように伝わってきてこれが最大の"舞台&音楽効果"でした。
揺滾區の魅力。
曲目としては、新曲がやはり今の伍佰さんにとって等身大な音楽に
感じられて、そのフィット感が心地良く好きでした。
最初の「王道」は選曲大正解!!
「美麗新世界」も良かったな〜。中盤以降の曲順が好棒。

伍佰さんが台湾公演のことを台湾限定版だとずっと強調していた意味を
今年から始まった台湾以外の地のツアー内容を知って初めて理解しました。
台湾限定版・・・極めて"伍佰さんの内面"、または"伍佰さんの夢"を
表現した台湾公演でした。オフィシャル系な海外公演では再現不可能~、
伍佰さんの家郷だから私たちはこれを観ることが出来たのだと
思える趣向でした。台湾限定版にそんな特殊な違いがあったなんて
このようなツアー形式は私は初めてで気づかなかったです。

CD「無盡閃亮的哀愁」を聴いた後、
伍佰さんの日常や過ごしてきた日々の思い出が
ゆっくりと自然に伝わってきました。
過去に聴いて来た強烈な感情が混ざった音楽とは少し違いました。
伍佰さんが生活している感覚。
台湾限定版の台湾公演も伍佰さんの生活が舞台に咲いている感じが
しました。そして去年の年末にでた写真集「伍佰・台北」は
まさに伍佰さんの生活が現われていました。

年末に私は発見しました。
2014年は全部"台湾限定版=伍佰之世界/生活"の一年だったのだ~~~@@
伍佰さんのCD、LIVE、BOOKには一貫した伍佰之世界/生活という主題が
あったのですね、伍佰さん。

そして2015年は一新してスタートを切った伍佰さん。
今年の主題は何でしょう。
今年は後半に新譜が出るから、そこからが真のスタートかな?


Wake Up音樂祭2015
期間:2015.07.17~07.19
伍佰&ChinaBlueの出演は7/19のトリ
場所:嘉義文化創意產業園區
(嘉義市中山路616號)
伍佰&ChinaBlueは"射日星球"舞台
チケット発売:コチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2015-03-03 03:32 | 迷上伍佰 | Comments(0)