[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[演唱會]深圳場8/26、合肥場9/9、シンガポール場10/7[台湾限定演唱會]高雄巨蛋9/23、台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0066135_272033.jpg

10/1のBLOGで書いた私の疑問↓
很想知道為什麼改變巡迴演唱會的名字???
(どうしてツアー名が変わったのかとても知りたい)



今年6/14、15、10/18に台湾で3回行われた伍佰&chinablueの
今期のTour名は「無盡閃亮的世界」でした。
それが来年1/3から再開される公演から名称が「無盡閃亮的搖滾全經典」へ変更、
同じTourなのにどうして名前が変わるのか私はとても不思議でした。

先日、伍佰老師の公式BLOGにその回答のような説明記事が掲載されました。

コチラ↓
伍佰& China Blue「無盡閃亮的世界」巡迴演唱會高雄巨蛋
-台灣限定版最終場


[抜粋]這場也是3場台灣限定版演唱會的最終場。之後世界巡演時,摔角、燈箱四面台、
從天而降的顛倒大樹,招牌道具…等等,讓人驚奇的橋段將不會再現。
“搖滾天王”伍佰即將從2015年1月展開的世界巡迴演唱會,由於適逢個人出道25週年,
所以將以“無盡閃亮的搖滾全經典”風貌改版出擊,伍佰將演出25年來最膾炙人口的經典歌曲,
目前已規劃星馬、內地、美加等地,預計將有10場巡演



理解了"台灣限定版"和"明年版搖滾全經典"的差異〜。
伍佰公式BLOGを読んだ後、これまで3回開催されたコンサートの事を
伍佰さんたちが「台湾限定版だ」
ずっと強調していた意味がよくわかりました(^^)/

今までいくら「台湾限定版」と強調されても
「じゃあ"台湾限定版"では無いものとは何?」と"比較の対象が無い"ので
言葉の意味がよく理解出来ませんでした。
それに私は摔角秀や四面台、大樹,招牌の演出が無くなっても
"別的伍佰之世界(別の伍佰の世界)"が展開されるのかと思っていたので
「無盡閃亮的世界」巡迴演唱會という名称のまま続行するのかと思っていました。

摔角秀や四面台、大樹,招牌・・確かに今回は伍佰さん個人のやりたい放題が
設計、投入された伍佰の世界でした。特に摔角秀などは伍佰さんの夢を叶えた感じ。
Fanも楽しみましたが伍佰さんの嬉しそうな様子を観る事が私にとって
何より"最高の演出"でした。Fan心とはそういうものよ、伍佰様。
伍佰さんが嬉しいことが何よりの演出なのです(^^)。
今回は台湾の土地だから出来る事を思い切りやったんですね〜。

海外公演には毎回武藤さんを連れていけないし、
空間が違うから舞台付きリングも持っていけない、
台湾と同じ演出は当然不可能。だからって〜〜〜〜
「無盡閃亮的世界(=伍佰の世界)」のTour名まで封印するとは、
伍佰さん...どれだけ武藤さんが好きなのよ?ハハハハハ。
ツッコミ入れたくなる可愛い伍佰さんです。

Tour名変更の最も需要なもうひとつの理由は、伍佰さんが
来年デビュー25周年だったということです。忘れてた(小声)。
元々、そこまで計算された今回のTourだったのですね。
だから今年は海外の演出を積極的に入れ、来年の25周年に
ぶつけてTourを再開する長期的な計画を立てていたのですね。
そういうことか〜伍佰さんの会社は経営が巧いな(笑)。

由於適逢個人出道25週年,
所以將以“無盡閃亮的搖滾全經典”風貌改版出擊,
伍佰將演出25年來最膾炙人口的經典歌曲


所以(だから)“無盡閃亮的搖滾全經典”という豪華な祭典的な印象と
と経歴が詰まったようなTour名にしたのですね。節目(ふしめ)。
ということは私たちも再度、コンサートに対して心構えを一新し、
25週年を祝う気持ちで参加するべきですね。

そういうことかーーーーーー。
伍佰個原來如此ーー。


今日は、伍佰さんのfacebookでその来年行われるTourの1月3日分にあたる
シンガポール場のお高い席のチケットが完売したとお知らせがありました。
そのシンガポール場の公式サイトを見てみると、ギョ!!!@@
コンサートの広告方法がやはり"搖滾全經典版"になっています。
正面から伍佰さんの"經典に焦点"があたっています。
曲目もあまりふだん歌わない隠れた名曲とか演奏しないのかも。

コチラ
[抜粋]《浪人情歌》、《挪威的森林》、《痛哭的人》、《再度重相逢》、
《白鴿》、《愛你一萬年》、《淚橋》、《世界第一等》、《晚風》、
《與你到永久》、《妳是我的花朵》、《牽掛》、《一生最愛的人》
......每一首歌都是伍佰對真實世界斬釘截鐵地宣告:這是伍佰無盡閃亮的音樂世界,
錯過這場演出,你將錯過華人搖滾最經典的一刻。


私ももう一、二場観たいと思っています。
この伍佰Rockの祭典的な別ヴァージョンに参戦です。
どこで観るかは不明。来年はカナダ公演があるようです。
そそる〜。



058.gif今晩の料理。焼き餃子、ほうれん草の胡麻和え
e0066135_331252.jpg



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-10-30 03:32 | 伍佰氏業務連絡 | Comments(0)
e0066135_1495375.jpg
伍佰さんらしく今回のコンサート前の記事の見出しは高雄の海鮮料理の事でした(笑)。
おかげで私の脳内も高雄の秋蟹でいっぱいになってしまい、
蟹を食べずして高雄から帰国できないと思いました。似た者同志じゃ)))
高雄演唱會倒數 伍佰滿腦子海鮮

このように事前にお店を調べたりして....
南部找餐廳 秋天吃肥蟹 30家特搜

蟹で頭がいっぱいのまま高雄へGO!
e0066135_2403455.jpg


今回は高雄の美食ガイドを作っていた2名の伍佰Fan様とごいっしょでした(^^)
だから事前に調べることなんて不用だったのでした。
高雄で合流したら、もうお店も予約してあるとのこと。なんて手際の良い...
連れていってもらったお店は私が一番行きたいと思っていたお店でした。わ〜感激!!

デ〜ンと日本人4名到着。接待等にも使われる有名店のようです。
[蟳之屋]高雄市民生一路93號
e0066135_2154381.jpg


秋の蟹蟹蟹蟹蟹〜美味しいです。
e0066135_2173966.jpg


日本で食べる蟹は少し潮味で、好きな人はポン酢付けて..というアッサリ系ですが、
こちらの蟳(いしがに)はニンニク+塩味です。台湾へ来て食べてる感満点です。
お店推薦の"蟹雑炊"もいただきました。味噌(?)にやはりニンニクが入った汁。
家で高雄風"蟹雑炊"を作る時は味噌汁にニンニクを少し入れると真似できそうです。
初めて食べた「かぼちゃビーフン(金瓜米粉)」も優しい味。家で作りたいNo1。
海鮮料理はお店の人の推薦に従って注文するのが一番良いようです。
このお店は分量なども配慮してくれて"お客様第一"な接客でしたので安心でした。
いろいろ食べても一人900元くらい、蟹料理の名店にしてはお安いです。
e0066135_232294.jpg


すっかり蟹料理に満足して今日これから伍佰さんのコンサートがある事を
しばし忘れておりました。美味の余韻とはこういうものでしょう。
台湾でもうひとつ食べないと帰国できないものがあります。
かき氷。

高雄の海岸などを見ながら、おなかの蟹を落ち着かせて
以前、伍佰さんのLiveを見た附近のかき氷屋さんへ
連れて行ってもらいました。
表参道で食べた"台湾かき氷"と名乗るかき氷を思い出し、
いかんいかん、と思いながら"台湾かき氷"を食べました↓
この大きさを東京で食べるとお値段は10倍くらい、もっと?
さすが果物の南国台湾。
e0066135_3101835.jpg


もうすでに満足度100%。
この後さらに伍佰さんのコンサートがあるなんて私には贅沢すぎる台湾。
「ご褒美旅行」として最高に相応しい外国、それは台湾だと今回も思いました。


058.gif今晩の料理。牛蒡鶏肉雑炊、ワカメと蟹サラダ、茄子の漬け物、柿
e0066135_3314562.jpg




e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-10-28 03:29 | 伍佰さんの台湾 | Comments(2)
e0066135_21431848.jpg

返故鄉台北等我 置台北故鄉等我
我是下港人在台北市〜

(下港人在台北市)

我好像那〜隻失去愛情的白鷺鷥〜
(白鷺鷥↑)

10月17日の夜、台北に到着。18日は朝から高雄へ移動。
伍佰&ChinaBlueの高雄公演前に日本の朋友たちと蟹料理を食べ、夜はコンサートへ。
そして19日、旅立つ前は「行けたら行こう」と思っていた伍佰さんの故郷・嘉義。
高雄でコンサートを観たら「絶対に嘉義へ行く!!」に気持ちが変わりました。

今回の台湾版コンサートでは中間に現代舞踏が入ります。
舞踏者たちが伍佰さんの世界を踊りで表現します。伍佰さんは出ませんが
伍佰さんが自分の曲を舞踏用に書き下ろした音楽が流れます。
伍佰さんの過去から現在までの生活変化が描かれているように思いました。
印象的なのは「下港人在台北市」が流れる時の目まぐるしい動きから
「柔らかな愛情」を表すような動きに変化し再び激しく動く出すところです。
伍佰さんは今も"下港人在台北市〜"の人なのだと思いました。

今回観た"現代舞踏"から台北と嘉義を行き来してきた伍佰さんの内面を感じました。
伍佰さんが作る歌は逃れたくても故郷からは逃れることはできません。
コンサート後も高雄場で聴いた"我是下港人在台北市"の伍佰さんの低い歌聲が
止りません(^^)。
私の高雄場はまだ終わっていないのでした。那晩我覺得我的高雄場還没結束。
変化する伍佰さんの故郷で今見ておきたい風景もありました。
やはり嘉義に行きたいと思いました。

村を流れる朴子渓
e0066135_21225838.jpg


今も残る日本家屋の風景
e0066135_2130057.jpg


伍佰さんが子供の頃から食べてた蒜頭餅
e0066135_21521682.jpg


解体されてしまった蒜頭糖廠の築80年日本式宿舍
本当は保護文化資産だったためニュースになりました。旅館になるらしい。コチラ
e0066135_21575672.jpg


建築中の國立故宮博物館南部院
e0066135_22454042.jpg


今回で3回目の伍佰さんの故郷探訪。
さすがに当初のような見知らぬ地という不安は無く慣れたものです、哈哈哈。
高鐵嘉義駅で賢くタクシーに乗る・・
私の「蒜頭」の発音が怪しいため行き先が運転手に通じません。
文字で書こうと思ったら「蒜」の字が思い出せず、奇妙な「蒜頭」という字を
書いたら通じて互いに笑い合う・・・いい人でよかったです。
今回は蒜頭糖廠の前で下車して↓向かって左側の道から探訪開始。
蒜頭糖廠をはさんで両側に二つの大きな橋があるのでその橋を渡れば村を一周できます。
ガイドブックを読んだわけではありません、村に慣れただけです。
15時に発車する五分仔車(遊覧電車..昔はサトウキビを運んでいた電車)にも
乗りたかったので前半は計画的に歩きました。後半は無計画歩行(^^)
e0066135_23175495.jpg


最初に向かったのは伍佰さんの元実家の隣にある「蒜頭餅」を売る60年の老舗。
大蒜のお菓子で日本の皆さんが食べたら、その濃厚さに驚くかもしれません。
私は大好きです。去年位から一気に伍佰Fanが行くようになりました。
facebookの影響かなぁ。今も伍佰さんは普通に来店するようです。
お店の女将さんは当然、伍佰さんを子供の頃から知っていてFanにも親切です。
私が日本から来たと伝えると「3度目?」と言われました。なぜ知っている、勘?
このお店に来たのは「2度目です」と伝える・・。
女将さんは日本からFanが来たと以前伍佰さんに伝えてくれた事があるようです。
e0066135_23524326.jpg

私が持ってた伍佰公仔を見て「初めて看たわよ」と笑ってました。
多少銭?と質問されました。
隣の子供が大きくなって人形になってるなんて不思議よね。アハハハ。
伍佰さんのお母さんはとても伍佰さんを応援していてLIVEでも
いつも好highだと笑ってました。私は「伍佰媽媽很愛他」と言いました。
伍佰さんは日本へよく来ますよ、と私が伝えると女将さんは
「彼はプロレスがすごく好きだから」と言ってました。
哇!!なんだ知ってるじゃんか(爆笑)。
天気やお土産の話等して「またね〜」とお別れ。おまけもくれました♪
・・・女将さんとは台語と普通語の会話でしたが、
あれ?会話出来たと後で驚きました。ここに来るまでの私の中文は撃沈でしたが。

お店を出て附近をあちこち歩く・・それにしても熱いです。
10月とは思えません。
この道を見たら↓伍佰さんが子供の頃五科目のテストで100点をとって
500(ウーバイの由来)とお父さんに呼ばれ、ご褒美に買ってもらった
自転車で外に飛び出したとたん牛車にひかれたという話を思い出しました。
この道じゃないけど似てたので。。。
伍佰さんは取材で「伍佰」と呼ばれるたびにこの時の「牛車の映像」が
頭に浮かぶと言っていました。「伍佰」という名前は伍佰さんにとって
決してカッコイイものではないようです(笑)。
e0066135_0101995.jpg


二つ目の橋を渡り、出発地点の蒜頭糖廠へ向かいました。
二つ目の橋はこれで完成?建築中?と思うような鉄の「組み立て橋」で
左右はもちろん下もスカスカに真下が見えて恐いです。幅も廊下並。
でも皆さん、スイスイ自転車で走っていたり、普通に歩いていて
ビビっているのは私だけでした。「組み立て橋」ならではのカッコ良さに
惹かれてモノクロモードで何枚か写真を撮りました。目の前に蒜頭糖廠が見えます↓
e0066135_029237.jpg


橋を渡って蒜頭糖廠に到着。五分仔車の発車時刻15時の20分前だったので
ここで売っている名物アイスを食べます。
これが食べたかったのよ〜ん。
e0066135_0363287.jpg


5年ぶりに五分仔車に乗り蒜頭糖廠園内を一周しました。100元。
この5年間に起きた台風や老朽化の影響かと思いますが、前回コースに
入っていた蒜頭糖廠内の見学が無くなっていました。
その代わり、園内にある不思議な樹の解説が2カ所加わり、
サトウキビジュースを売っている場所へ案内され25元で
やかんに入っていたサトウキビジュースを飲みました。
この新鮮な美味しさは前日食べた激ウマの蟹も負けそうでした。
サトウキビジュースが世界一美味い場所はここではなかろうか?
e0066135_0471573.jpg


五分仔車を降りて、次に行きたかったところは以前伍佰さんの写真作品で
見たような日本家屋の一帯。先日の台湾ニュースでは日本家屋が
解体されていたのでもう無いのかなと思いましたが、
その文化資産地帯で解体されていたのはその1軒だけでした。
もちろん、散歩していて「あれ?無くなっている!!」
と思った日本式宿舎は村の中でもバラバラみかけました。

日本式老宿舎が並ぶ一帯を見ながら私はとても感動しました。
修復等の手は加えられていないようで朽ちたままの姿で宿舎は
並んでいました。野生の家というか。
歴史がそのまま建っています。
復元などではない当時の日本風景を初めて台湾で見ました。
嘉義の皆さんに感謝としか言いようがありません。
日本の文化を残してくれてありがとう(感涙)。
e0066135_165514.jpg


嘉義は日本の雑誌ではほとんど取り上げられないけど、
日本の皆さんに知ってほしい台湾はここにあると思いました。
伍佰さんの歌を愛する人は、伍佰さんの歌を聴きながら探訪すると
新たな実感があるかと思います。

夜は嘉義の中心地へ行き夜市で満腹になり駅前の宿で就寝しました。
伍佰さんの音楽を"土地感"で聴いている私にとって
この旅はとても有意義でまた伍佰さんの音楽が愛おしくなりました。
返故鄉台北等我 置台北故鄉等我
我是下港人在台北市〜
e0066135_13421100.jpg


これら日本家屋の写真等たくさん撮ったので
こちらでぜひご覧下さい。
2014.10.19 第3次伍佰故郷"嘉義蒜頭村"之旅 43枚



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-10-24 21:19 | 迷上伍佰 | Comments(0)
高雄から嘉義へ

e0066135_00412132.jpg


by hachinoji7 | 2014-10-20 00:39 | 伍佰さんの台湾 | Comments(0)
持って来ちゃった~(^^)
e0066135_08480178.jpg


そして昨夜は台北で伍佰さんの音楽番組を見ました。感激。
e0066135_08492168.jpg


W-1から何人選手来てるの~??
楽しみです。


by hachinoji7 | 2014-10-18 08:45 | 迷上伍佰 | Comments(0)

台灣高雄見伍佰&chinablue

e0066135_17473302.jpg

今夜~月曜日まで、台灣へ行ってきます。
夜の羽田空港は静かですね。
今回は台北と高雄と
伍佰さんの故郷嘉義に一泊ずつ
泊まります。
三度目の嘉義、楽しみです。
by hachinoji7 | 2014-10-17 17:45 | 迷上伍佰 | Comments(2)
e0066135_11505327.jpg

昼間の会社が休みの今日中に、某誌の原稿を8割まで完成させて
残りの2割を14日〜17日の早朝出勤タイムにて完成させる作戦実施中。
突発仕事は「早朝仕事」にして乗り越えます。
今日は伍佰君と武藤君(爆)の両名を連れて広告会社に来ています。
W-1のTシャツも着ちゃうよ。気合い気合い〜。


伍佰&China Blue 2014 "無盡閃亮的世界"巡迴演唱會
[チケット]寬宏售票系統(コチラ)
[高雄場]
時間:2014年10月18日(土)
場所:高雄巨蛋
価格と座席図:高雄版はコチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-10-13 11:58 | 伍佰迷ハチさん | Comments(0)
e0066135_3385034.jpg

伍佰さんの最近の報道記事は"美食"の事ばかりで読むたびに笑ってしまいます。
食いしん坊の伍佰さんは思ったより"簡単な人"で"快楽型♪"なんだなぁ〜(笑)。
美味い物の話は難しい話より説得力があります。
私の"美食"....最近は"自分で創って発見する"の方向へ進んでますね。
馬鈴薯の"隠れた美味さ"を発見するとかね。。そういうのが楽しいです。

10/11(土)になってしまいました。
最近は朝から深夜まで携帯電話もあまり見ないほどギッシリ働いています〜。
BLOGも更新できません。

それでも2つの勤務先から10/17〜10/20まで休みをもらい、
これで伍佰さんの高雄コンサートへ難なく行ける予定でした。
しかし想定外発生。一昨日、試練がまたひとつ増えました。
今回は別のデザイン担当者がやるはずの仕事がありがたいというか
困ったというか・・・私に担当を戻せとクライアント様から依頼がきて
急遽私が作ることになりました。予定にない予定に目眩。。
しかも10/17という台湾へ旅立つ日が締め切り日でした。
発行日が決まっているので締め切り日は動かせません。
来週は本来の予定と急遽決まった予定を同時に進行しなくてはなりません。
気力はありますが、睡眠不足は確実なので体調管理が心配です。
健康を維持してなんとか高雄へ行きたいです。

10月9日の記事で伍佰さんは、高雄で新鮮な海鮮を食べてスタッフたちを
労いたいと言っていました。
特にこの時期は"肥蟹"と呼び、蟹が丁度美味しい季節なのだそうです。
日本人観光客にとっては嬉しい情報です。

伍佰日游一千五 18日攻戰高雄巨蛋

秋の"肥蟹"。私も食べたいな。高雄の海鮮料理店を調べました↓
伍佰さん、謝謝!!!
南部找餐廳 秋天吃肥蟹 30家特搜
e0066135_394776.jpg


17日の出発日までにやるしかない突発仕事が増え、
正直不安ですが頑張ります。だって今までだって頑張れたもん!!
新聞記事によると伍佰さんの脳内は今、"蟹"のことでいっぱいらしいですが
(どんな記事だよ台湾マスコミ。大笑いです。)
私が高雄に無事現われたら、ちょっとは蟹の事は忘れて
褒めてくださいね〜(^^:
ではこれから監禁状態で原稿作りです。加油千佳。


伍佰&China Blue 2014 "無盡閃亮的世界"巡迴演唱會
[チケット]寬宏售票系統(コチラ)
[高雄場]
時間:2014年10月18日(土)
場所:高雄巨蛋
価格と座席図:高雄版はコチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-10-11 03:19 | 迷上伍佰 | Comments(2)
e0066135_20333547.jpg

今年は早い時期から「海外邀約不斷伍佰&China Blue跨年不在台灣...
(海外からのオファーが途切れない伍佰&China Blueは年越LIVEも台湾にいない..)」

という情報が伍佰さんの公式サイトから発信されていました。

最近の伍佰さんの出張画像(?)を集めてひとつにしてみました↑
(Clickすると拡大版が見られます)
まさかここまでギッシリと台湾以外からの演出オファーがきていたとは・・
通りで今年始まるはずのコンサートツアーが無いわけです。
来年1/3からツアーが再開されるようです。過去にない異例の行程です。

中国内地で開催される大型の音楽祭や企業が主催するイベントでは、
伍佰さんが出てくると一瞬にして会場が盛り上がるらしく、初めて伍佰さんを
観た人たちの興奮ぶりをネット等で読むと「行ってよかったね、伍佰さん」
と思います。未来のためにもこういう他地域での
「音楽道場破り」も必要ですね。

音楽を創ってそれを表に出し、人に聴かせる、共感の数だけその音楽は拡大する...
私の広告制作の仕事も同じで、私がパンフレット等等を
作ってそれを消費者が読んで、その内容に賛同するかしないかで
大小あるけど市場は変わります。
伍佰さんのように登場するだけで、一瞬にして会場が盛り上がるような
大きな力が私もほしいものです(汗)。小さな盛り上がりも好きです。

伍佰さんは各地の舞台を踏みつつ、各地の美食も堪能中。
上の写真の数だけ伍佰さんの一挙両得の幸せを感じます(笑)。
伍佰さんは旅の最大の興味は「食」と言い切ってましたが、
今日出た新聞にも伍佰さんの「美食」の楽しみが書かれていました。

魅力的な伍佰LIVE+金門島旅行の機会を逃しました。
こんなに素晴らしいイベントがあるのです↓
10/9「世界金門歡慶演唱會」
伍佰初踏金門嗨唱盼嗑美食
(伍佰初の金門で歌で盛り上がりグルメにも期待)
e0066135_22355854.jpg


最近、私をがっかりさせている情報はこれです。
機会があれば「金門」に行きたい!!!と思っていた私。
出来れば伍佰さんのライブとセットで行けるといいなと
思っていました。

セット到来です(爆)

でも、行けません。
あまりにも急で...高雄公演がある今月はもう休暇等もらえません。
この活動はほぼ大陸客向けの「金門旅行プラン」らしく、
8月から既にキャンペーンを行っていたようです。
台湾人も金門の商店街でいくらか買物すれば入場券がもらえるようです。
収容人数は7000人。7000人も入るのか..しかし...
台湾伍佰Fanから普段でも金門行きの飛行機はチケットが買えないよと
教えてもらいました(混んでいて..)。
そして新聞を読むと現地の旅館は既に満室、7000枚のチケットもほぼ無いとのこと。
なんだ〜もともと行けないのか。ハハハハ(涙)。

金門ゆえ、伍佰さんは土地にちなんで台湾語の曲をいっぱい歌うそうです。
共演者の謝金燕さんはもちろん台湾語だし、相当な盛り上がりが予測されます。
参加者は美味しい金門の料理を食べて飲んで、
そして素晴らしいこの島を観光するのでしょう。

旅々台北さんがとてもわかりやすく金門の魅力を特集してくれていました。
金門島特集 | 旅々台北


牛肉麵冠軍王〜↓



そして金門が舞台の最新映画作品といえば
豆導さんの《軍中樂園》。9/5から台湾で公開中↓
伍佰さんは今回の金門公演の際に現地の映画館で観るそうです。
ロケ地巡りもしたいです。



今夜は行ける人が「羨ましい満点」でこのBLOGを書きました。
今夜は仕事が休みです。5日ぶりですが更新できて嬉しいです。


伍佰&China Blue 2014 "無盡閃亮的世界"巡迴演唱會
[チケット]寬宏售票系統(コチラ)
[高雄場]
時間:2014年10月18日(土)
場所:高雄巨蛋
価格と座席図:高雄版はコチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-10-06 22:33 | 伍佰氏業務連絡 | Comments(0)
e0066135_22305968.jpg

今日、facebookにUPされた改訂版ツアーポスターを見てビックリ(左)。
皆さん、ポスターの色調や視覚効果の変化に目が向いているようですが、
私は今回のTour名が変わっていることに一番驚きました。
"表現の主題"が変わったのでしょうか???

"世界"→"搖滾全經典"(@@)/
很想知道為什麼改變巡迴演唱會的名字???


昨日、今日年末年始の伍佰&chinablueの予定が一部発表されました。
年末に伍佰さんの第3作目となる撮影写真集が出版されること。
12月20日楊乃文のコンサートにゲストで登場すること。
尾牙の演出予定もたくさん入っていること等。
(海外を飛び回る伍佰さんは各地のグルメ本も出したいらしい)

彼らのスケジュールはこのように海外の演出も含めてパンパンに
詰まっているようですが私たち日本人が飛行機の手配を
しなきゃならないような台湾での音楽活動はどうも無さそうです。
もし「今夜伍佰7」等等があるなら、早めに告知してほしいです。
休暇が取りにくい日本人たちなので(TT)。
10/20くらいまで告知してください(超個人的お願い)。

そして今年の年越しLIVE(跨年)はシンガポールとのこと。
今年前半に年越しLIVEは既に海外だと告知されていたし、
シンガポールでの年越しは過去何回かあるので予測できました。
伍佰さんはシンガポールの跨年の雰囲気が好きなんだなぁと思います。
年越しLIVE後は一時停止していたTourをそのままシンガポールから
再開するようです。

伍佰& China Blue"無盡閃亮的搖滾全經典"巡迴演唱會
[新加坡場]
時間:2015年1月03日(土)
会場:聖淘沙名勝世界會議中心

[馬來西亞 雲頂場]
時間:2015年1月17日 (土) 20:30
会場:雲頂世界星雲劇場
※チケットの詳細は後日発表


そこで登場したのが台北場と高雄場とは異なる風合いの
コンサートポスター&ツアー名です↑
色彩豊かなシンガーポール風にしたのか、今後もこのままなのか
同じツアーながら心機一転な雰囲気です。もしかして北京場の告知の際には
再度、北京にちなんだ風合いに変化するのでしょうか?
各国色彩の好みってありますし。
美國版はなんとなく想像がつきます。勝手に色調を想像して楽しむ私。
色調はともかくポイントはツアー名の変化です。
先日私もBLOGで書きましたが「全部ROCKで行ってくれ」
伍佰さんに対して時折静かに発狂する私には"搖滾全經典"は大歓迎です。

それにしても"無盡閃亮的搖滾全經典"巡迴演唱會って
長いツアー名ですね(爆)。
搖滾經典ですよ。
伍佰さん...。
まるで「無敵豪華爆炸大酒店」みたいです(^_^;;
伍佰さんが例えた豪華ホテルの形容↑
きっとそのくらい"スゴイ!!!"ということでしょう。

高雄場の後、あともう1回くらいどこかでこのツアーを観たいのですが、
"搖滾全經典"となったバージョンが観られるなら幸せです。

058.gif[今夜の料理]山藥泥飯、胡蘿蔔和香菇煮物
e0066135_132648.jpg


伍佰&China Blue 2014 "無盡閃亮的世界"巡迴演唱會
[チケット]寬宏售票系統(コチラ)
[高雄場]
時間:2014年10月18日(土)
場所:高雄巨蛋
価格と座席図:高雄版はコチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-10-01 00:03 | 伍佰氏業務連絡 | Comments(0)