[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[演唱會]深圳場8/26、合肥場9/9、シンガポール場10/7[台湾限定演唱會]高雄巨蛋9/23、台中3/24


by hachinoji7さん

<   2014年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

e0066135_1504962.jpg

台灣の“滾石唱片(ロックレコード)"が廣州にLIVE HOUSEを完成させたNewsが
先週から大陸方面に流れていました。
LIVE HOUSEの名前は「中央車站展演中心」。
座席が800程あるようです。
3/13からOPEN。開幕日は周華健さんがLIVEを行います。
見たいな~LiveHouse版の華健さん。
続いて、伍佰さんの名前があがっています!!!!!!!!!!!!!!(時期未定)
e0066135_1473356.jpg



[以下滾石唱片段鍾潭氏の解説↓]
1年かけた設計と音響設備は日本の会社が担当、提供しているとのこと。

段鍾潭信心十足地說,相信在大陸甚至香港台灣地區,都還沒有這麼高端的一個演出場所。這是他心目中最極致的LiveHouse。他介紹,“中央車站”在硬件上創造了各種“內地第一”,整體花費1200萬人民幣,“光是在音響上就用了500萬,花了一年時間來設計、安裝,由日本公司設計、提供器材。”舞台兩側懸掛的兩排法國進口KARA音響,段鍾潭說大型的演唱會用的也就是這些。

e0066135_255287.jpg


なるべく北京、上海から離れたところにLIVEHOUSEを創りたかったようです。
まさに投資(闘志?)、とても挑戦的な試みなのですね。

“说到建中央車站真的可謂是说來話長。滾石最近十年一直在困惑、思考和休整,從縱貫綫、滾石30演唱會到現在的中央車站,我覺得算是滾石的一次重新出發。”段總表示,選址廣州是因為他們希望盡量避開北京、上海,廣州目前還沒有這種規模的場地,所以可以嘗試一下。他還打趣:“廣州的演出市場非常難,大家都不願意來廣州,那我們就建個小點的,這樣说不定就會吸引多一點投資不大的演出到來。”

廣州。施設は「羊城創意産業園」の中にあるとのこと。
(中国廣東省廣州市天河区黄埔大道中‎)
大陸でのLIVEHOUSE展開がどのように定着するのか予測ができませんが、
毎月のように誰かがこの会場でLIVEを行う事で廣州=ROCKのイメージが
建立されてゆくのではないでしょうか。
ふと東京でもどこかで誰かが毎日のようにLIVEをしているんだと思い、
ざっと都内のLIVEイペントを調べてみました。
無くなるLIVEHOUSEや新しいLIVEHOUSEの情報を改めて知りました。

[2/28のLIVEスケジュールを調べてみました]
東京ドーム:2月28日(金)無し
(2月26日(水)THE ROLLING STONES 14 ON FIRE JAPAN TOURがあった)
日本武道館:2月28日(金)Eric Clapton JAPAN TOUR 2014
渋谷公会堂:2月28日(金)NSC大ライブTOKYO2014
Zepp Tokyo:2月28日(金)無し
日比谷野外大音楽堂:2月28日(金)無し
東京国際フォーラム:2月28日(金)無し
クラブクアトロ:2月28日(金)曽我部恵一 ライブツアー 2014「ハッピー」
LIQUIDROOM:2月28日(金)長澤知之
赤坂BLITZ:2月28日(金)無し

渋谷AXが5/31で営業終了だそうで、、今知りました。


e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-28 02:16 | 伍佰氏業務連絡 | Comments(0)
e0066135_1481123.jpg

新作『モーニング・フェイズ』2月26日(水)本日発売。
6年ぶりか〜。BECKさんはずっといろんな活動しているから
そんな気がしません。
2002年に出た私が一番大好きなCD「Sea Change」の
メンバーで創った音楽とのこと。
BECKさんは私にとっては"色彩のような人"。
彼の音楽を聴くと頭の中にパァ〜と絵の具の色が広がるのさ。
Amazon

ご愛用の丸い黒い帽子姿がダイスキ。
Billboardの表紙^^
e0066135_1575285.jpg


日本に来て来て来て来て来て来て来て来て!!


e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-26 02:03 | 伍佰迷ハチさん | Comments(0)



伍佰&China Blue 2014 "無盡閃亮的世界"巡迴演唱會
[チケット購入]2月24日(月)日本時間13時から発売中!!
寬宏售票系統(コチラ)
※海外Fanも会員になれば購入できます。チケットの海外発送はありませんが、
クレジットカードで買えば公演前日までにという条件で
台湾のコンビニからチケットを引き出せる方法があります。
この件についての詳細はコチラをご覧下さい↓
"網路購票信用卡付費 の「3.網路購票-採」"のところ。
http://www.kham.com.tw/ticket2.htm


[台北場]
時間:2014年6月14日(土)、6月15日(日)
場所:台北小巨蛋
価格と座席図:台北版はコチラ

[高雄場]
時間:2014年10月18日(土)
場所:高雄巨蛋
価格と座席図:高雄版はコチラ


発売日なのでネットが混み合ってこんなのが出たりしますが、
根気よく頑張りましょう~。座席は現時点ではまだたくさんありますので。
e0066135_15451134.jpg



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-24 15:46 | 伍佰氏業務連絡 | Comments(0)
e0066135_17333175.jpg

あちらは旧正月のため2月中旬まで伍佰さんのNewsはないなぁと
先月末から退屈モードだった私。
それでもなんだかんだ伍佰FanBlogを書いてきました。
昨日が伍佰さんの「開工(仕事//歌い初め)」だったらしく、
今日はそのニュースがあがっていました。

伍佰來去夏威夷 開工自由High

一昨日、伍佰さんは日本から戻ってきたそうです。
この時期は毎年のように伍佰さんたちは日本へ来ているようなので
特にもう驚くこともなく(慣れって凄い...前はドキドキしてたものです)
どこへ遊びに行ってたのかなぁと思いました。東京にもいたなら晴れててよかったね。
そういえば会社の近くで伍佰さんの助理さんにそっくりな人とすれ違ったな。
きっと人違いだろう(^^::::)。

↑写真が可愛すぎる~~~~!!
グーの手とエクボと揃った前髪..春爛漫なシャツ


今日は明日提出の原稿のために会社宿泊でがんばるんだけど
今日の500ニュースを読んでいいタイミングで気分が晴れてきました。
伍佰さんが楽しそうだと私も楽しい。
いっぱい遊んだ後の伍佰さん、今度はコンサートでもっと遊ぶんだね。

今度のツアーは舞台を"伍佰の世界"にするらしい。
伍佰さんの家の室内設計師に舞台設計もたのんだそうです。

「舞台版お宅拝見かよ〜」と思いました。
注意:"伍佰さんのお宅"というのは大きな意味を指します(私流解釈)

そうそう。私は初めて伍佰さんの新譜を聴いた時「伍佰さんの日記みたいじゃん」と
思ったので(笑)、「伍佰の世界」に焦点を当てて舞台展開することは
個人的には正当で自然な音楽表現だと思います。ハハハハ。

伍佰宅はRelaxできるのでしょうか?


伍佰&China Blue 2014 "無盡閃亮的世界"巡迴演唱會
[台北場]
時間:2014年6月14日(土)、6月15日(日)
場所:台北小巨蛋
価格と座席図:台北版はコチラ
[高雄場]
時間:2014年10月18日(土)
場所:高雄巨蛋
価格と座席図:高雄版はコチラ

チケットは2月24日(月)日本時間13時に寬宏售票系統(コチラ)、
または台湾のコンビニ(7-ELEVEN、全家便利商店、萊爾富、 OK超商)にて同時発売。



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-23 18:05 | 迷上伍佰 | Comments(0)
e0066135_2330345.jpg

[興旺餅舖-蒜頭餅のfacebookより↓]
最近很多伍佰的粉絲們,
都來興旺餅鋪朝聖唷!


最近、伍佰Fanがじゃかじゃかと
伍佰さんの故郷"嘉義の蒜頭村"にある蒜頭餅の店へ
朝聖しているようです。
(嘉義市嘉義縣六腳鄉蒜頭村110之3號)




私も3年前くらいにこの店に行きました。
このお店は伍佰さんの元実家の隣の店で「蒜頭餅」を売っています。
伍佰さんが子どもの頃から付き合いがある店で
村名産となった「蒜頭餅」を今も伍佰さんは村へ帰るたびに
買いに行きます。今月も買いに行ってました。
コチラ(プライベート中なのに地元の店のために自ら写真に出る伍佰さん)



このようなfacebookの影響か最近は伍佰ゆかりの地として
さらに有名になって台湾へ遊びにきた各国の伍佰Fanが訪ねて来るそうです。
意外にも台湾伍佰fanはあまり行っていないようです(遠い印象なのかな???)。
お店の女将さんや店員をしている黄さんは伍佰さんへ
「いろんな國のfanが来るよ」と報告してくれて、
伍佰さんから「Fanが来たらよろしく伝えてほしい」と
言付かっているとのこと。

店の中には伍佰さんと家族、店の人との集合写真が貼ってありますよ。
これは私が撮った写真↓
旅のガイドブックには載ってないけど、ローカルな台湾を満喫するなら
この素朴な伍佰さんの故郷へぜひ行ってみてほしいです。
e0066135_2312863.jpg



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-21 23:25 | 伍佰さんの台湾 | Comments(0)
e0066135_234788.jpg

伍佰さんの新譜がしっかりと
私のworksongとして定着化しています。
なんて素晴らしく、安心する結果なのでしょう。
聴いていると気が楽になる、伍佰さんの言う通りです。

私の広告会社は退職者がでるので人材募集をしていて、
外部の私ですが少し採用にかかわっています。
PCスキルをたくさんもっているけど、
デザインを見るのが好き、絵を見るのが好き、
そのような志望動機を書いている人が多くて驚きました。
好きって~、しかも見るのがって~。
君は一般の人か~。
創る人だよね~。不思議なり。
ということで外部の私も新しい人が慣れてくれるまで
忙しいのでした(^^)




e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-20 23:32 | 伍佰迷ハチさん | Comments(0)

台湾からお友達来日中。

e0066135_2250635.jpg

二日間もブログ更新出来ず悲しい。
何故なら我が家のmacには今、マウス(滑鼠)が壊れてついてないのです。
マウスがないと画像が作れない、JPG画家は絵も描けません。
マウスを買いに行く時間がないので、仕方なく携帯電話から
更新しています。

大雪から一転、青空の続く東京。
今、台湾から東京へ社員旅行できているお友達の強運に
私は感心するばかりです。都内に残っている雪も
南国の彼女たちにとっては嬉しい贈り物のようです。
私の伍佰君人形に赤い服を作ってくれた彼女です。
お土産に今回は、サンタクロースの赤い帽子を
作って持って来てくれました。
またお揃いだよー。写真参照↑

昨夜は、短い時間でしたが日本料理を食べに行きました。
彼女たちは団体旅行なので、夜の自由時間に集合♪
どうもバスツアーに出る食事はあまり美味しくなかったらしく、
初めて美味しい日本食を食べた模様。
モリモリ食べてくれたので、うれしかったです。
美容師の彼女、髪が綺麗でした。

今度は伍佰さんの台北小巨蛋見!!




e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-19 23:24 | 伍佰迷ハチさん | Comments(0)



個人的にはバレンタインデーのチョコレート(贈り物)のつもりで
伍佰さんへ描いた絵です♥♥♥
昨日の夜中に伍佰さんがfacebookに載せてくれました。
あーあー嬉しいなー。
伍佰さんがチョコを食べてくれた感じがするなぁ〜)))←脳がめでたい女

伍佰さんたちのチケット情報告知後、四面台式と搖滾區の増設について誤解及び
まだよく知らないFanの意見を少し見かけたのとチケットをより多くの人に
買ってもらうために伍佰さんの思いやりあるコンサート座席図の意図
わかりやすい絵と文にしてみました。
コチラ2/14の日記

ヘヘヘ...日頃こういう広告の仕事しているから、
期待と不安が混ざるFanには図(絵)解してお伝えした方が
良いだろうと思いました。

100人以上の人が今シェアしてくれているよ。
情報よ、さらに流れて流れて。
↑コメント欄では自分の身長を発表している楽しい台湾の皆さん。
190cmのあなたは前に立たないでね(笑)。

伍佰さんのお役に立つのが私の幸せです。
今日はfacebookで新しいお友達申請もたくさんいただいている・・@@
どうもありがとうございます。

今夜の仕事朋友↓
To.とにおチーム
微熱山丘鳳梨酥は台湾ではやはり超有名で「不錯吃(美味い)」とのこと。
台湾のお友達がハマっているBIGサンダーも食べてみました。
なぜにこのチョコレートこんなにあちらで流行っているの???
(台湾の皆さん、いつも日本の事を教えてくれてありがとう。)
e0066135_20132046.jpg



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-16 18:30 | 伍佰迷ハチさん | Comments(0)
e0066135_22204477.jpg

今日は伍佰さんたちのツアーの舞台設計の解説をします。
ツアー詳細:「無盡閃亮的世界巡迴演唱會」HP

並增設搖滾區,主舞台規劃150公分的高度,
讓粉絲們可以更貼近伍佰,更盡情地搖擺,
將小巨蛋變成大型的Live House!


2014年の伍佰&ChinaBlueのコンサートツアーは四面台でどこからでも
伍佰さんたちを見られる客席作り。さらに舞台の両端が客席まで
延びていて極限までFanに近い舞台設計のようです。
さらに搖滾區もあります。舞台の高さはわずか150cm。
私の身長より低く175cmの伍佰さんが動きまわる様子は
アリーナ会場でありながら、Livehouseのような感覚で楽しめます。
そんなに舞台が低いんじゃ後ろの人が見えないだろうと思うでしょうが、
客席図を見たかぎり搖滾區は左右には長いが奥行きはあまりなく、
伍佰さんの動きにあわせて左右に移動しても奥行きがないから
ずっと至近距離で舞台が見られるという素晴らしい方式のようです。
さぁ、搖滾區の皆さん左右に走ろう!!ハハハ

というのは私の解釈です(笑)。
これはこれは相当心のこもった用心な舞台設計です。

TO.伍佰さん、この解釈でOKでしょうか?
伍佰日本支店宣伝係hachinojiでした。コラコラ。

伍佰さん情人節快樂~~~~~~~~~~~~


e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-14 22:37 | 迷上伍佰 | Comments(0)
e0066135_1504886.jpg

今日は昨日、書いた伍佰さんたちのツアー告知に
弱冠、痛くて嬉しいさらに詳しいお知らせがありました。
HPが出来てます!!コチラ

[さらにコンサートのPR記事:伍佰BLOGより]
伍佰第11次大型巡演「無盡閃亮的世界巡迴演唱會」6/14、15台北首唱
4面台登場增設搖滾區與伍佰盡情High 小巨蛋變大型Live House
避免再度癱瘓系統!寬宏售票、4大超商2/24中午12點同步開賣
與“教父級搖滾天團”伍佰&China Blue一起航向無盡閃亮的世界!


↑チケットサイトとBLOGの文章が熱いです。毎度私とはどうも生活文化の違いを感じますが
台湾の観衆にはこの「いっしょに!!」な呼びかけが良いのだろうと思います。
それはあちらへ行って一番感じました。日本にいたままなら知らなかった感覚です。
ポスターも作ったとあります。伍佰さんは本当に感性が多様です。
こちらの"ギター宇宙"の刻印のようなポスター(お茶の水のギターショップ店員もびっくり)と
伍佰さんが日常撮影する白黒写真の寧静感、和食のような引き算の世界との
差を思うと同じ人物の世界?と不思議な感覚がします。カメレオンだなぁ〜
これはこれ、あれはあれなのかな。さらに追求"他"の余地あり(^^)

e0066135_23532267.jpg


いつもは1Fアリーナ席ではなく看台(2階席)で全体を眺めるように
コンサートを見ていた私とbenさんですが今回は台湾朋友から
搖滾区(スタンディング席)を薦められて搖滾区で見ることにしました。
前回は搖滾区でも座席があったのですが、今回は無い模様。Wao~~~~
これは頑張ることになりそうです(爆笑)。
それより見えるのかなぁ。今回はプロレス観戦みたいな中央舞台式で上下に
小さい舞台がひとつずつ延びてます。ゆえに円形舞台でもありません。
変なUFOみたいな舞台です(笑)。
この形は伍佰さんの愛が「手」のように延びた舞台と言えるでしょう。←赤面
この「手」のところに何か仕掛けているらしい。「手」じゃないってば。

今回は同時発売なのでつまり・・
3公演分私たちは一括払いです。
お会計10,600台湾ドルの一括払い(痛~~)

ワタシらは飛行機代もあるし…外人割引希望(^^:

搖滾区は名前からすると"オレたちゃROCK大好き~ 跳ねてナンボ"
そのような雰囲気がするけど正真正銘のVIP席・・当たり前か。
私でも大変なのに物価の安い台湾に暮らす若者たちなどは、
この金額を一度に支払うのは到底無理でしょう。
企画側はこれも考慮に入れているだろうけど。

ふぁ〜どうなるのかな。6/14、15。
伍佰さんは今回の新譜は音楽を通じて療癒感(治癒)や釈放感を
感じ取ってもらえる作品だと言っていました。
はじめにそういわれちゃうとなんだかそれを意識したり目的として音楽を聞いて
しまうので、私は自分の聴き方で聴くようにしていますが、
コンサートはCDと違って具体的な「空間」のひとつなので
そこへ行って聴いた観た音楽から"釈放感"の世界を体験してみたいと思います。

そもそも私は何から"釈放"されたいと思っているのかまず疑問です(爆)。
"釈放"....被害を受けている感覚が私は麻痺しているからなぁ。
"釈放"は意識の問題ですね。。
"釈放"。。貧乏からはもう少し"釈放"されたいけど
たいしたことないよね。そんなこと。貧乏でも楽しい。



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-13 23:59 | 伍佰氏業務連絡 | Comments(0)