[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[今夜伍佰8]廣州場5/20[演唱會]佛山場6/3、青海場6/23,24


by hachinoji7さん

<   2011年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

e0066135_2154362.jpg

特に月末は「お金」といっぱい直面するのでとても疲れます。
不景気の折、多くの会社・団体が経費削減オンパレードで安い安い方へお流れであります。
安くていいものがほしい、そりゃそうだ。。という波にもまれてワタクシも一人(爆)
デザインの片隅で生きております。今日もよく価格でもめました。フ〜。
最後は笑って解決できたけど、デザインも絵も好きでやっているゆえ。。
これを仕事にするのは、どうなんだと一瞬思ってしまいました。
絵などは自分の快楽追求に徹して、まったく違う仕事をした方が純粋に楽しい??
なーんて。。初めて思ってしまいました。
仕事としても面白いけども。作ったものが経費削減の壇上にのっているのを
見ると、なんだかヘコみますな。でもずっとはヘコまないよ。
とにかくコツコツ楽しく誠実にやっていくのみだな・・あれこれ巧くやろうと
すると巧くいかないことの方が多いことは、もう判明しているから。
支離滅裂・・。いろいろ人と言い合った後は頭が混乱します。さぁ寝ましょう。

なんで「今夜伍佰」シリーズのLIVE画像などをこんな夜中に作ったのか不明・・↑
「これも行ったな、これも行ったな。」と自己記録を確認していました(アホだ)。
伍佰さんに「ずっと来てくれてる」と言われたとおり(爆)、
私は今のところ皆勤賞なのです。。会社に勤めていたらまず無理でしょう。
ずいぶんマイペースな人であることは確かだなぁ。。(苦笑)。
どの部分で突き抜けてゆくか、今ここにきて新たな自分起こしが
迫られている気がします。



e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

by hachinoji7 | 2011-11-30 02:58 | Comments(0)


伍佰さんのFanBlogです(^^)。お友達から聞いて機会があれば
観に行きたいなぁと思っている周渝民(ヴィック・チョウ)さん主演の
映画「一万年愛してる/愛妳一萬年」。
日本でDVDがまもなく発売されるらしく、お正月には日本でも記念上映がある模様。
スクリーンなら観たい〜〜と思っているものの上映期間は5日間だけなので
どこで行けるか不安。

日本では沢田研二さんの名曲「時の過ぎ行くままに」ですが、台湾では伍佰さんの
LIVEで聴ける「愛妳一萬年」がポピュラーとなっているようです。
私には伍佰さんが歌う(時にwith陳昇さん)「愛妳一萬年」の
楽しい思い出の方がいっぱいありすぎて、このメロディを聴くと
伍佰さんのギターと出だしの歌詞が自動的に頭に浮かんで
「寒風吹起〜細雨迷離 風雨揭開我的記〜憶〜・・」
と歌い出してしまいます。
眩しい光景・・・・。LIVEに行きたくなってきました。

仔仔が歌う「愛妳一萬年」を今初めて聴きました。仔仔らしくて微笑む私。
この映画は面白いと聞いているので、楽しみになってきました。
ラブコメディはいいですね。

映画「一万年愛してる」一般劇場公開
期 間:2012年1月5日(木)〜1月9日(祝)10:30-
場 所:オーディトリウム渋谷
チケット:一般1,700円/学生1,400円
※2011/11/19(土) 10:00より発売(←あれ?発売してるやん!!買えますか?)

こちらのような舞台挨拶付きイベントもあるようです。
「一万年愛してる」特別上映会
日 時:2012年1月4日(水)10:30-12:20<上映>/12:30-13:00<舞台挨拶>
場 所:シネマート新宿
チケット:2,100円均一
ゲ スト:ヴィック・チョウ、加藤侑紀(予定)


e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

by hachinoji7 | 2011-11-29 02:54 | Comments(2)
e0066135_1554485.jpg

自分で何かを創っている時も楽しいのですが、
他の人が何かを創っている姿を観ることも楽しい私。そう創る過程が大好き。
特に好きなミュージャンの録音風景を観るのは楽しいです。
奥田民生さんの録音風景を生で観に行った時も興奮しましたが、
遂に!!今回のCDで伍佰さんも録音記録をDVD(特典)で披露してくれて
見出したら止まらなくなっています。今回は文字でも映像でも公開してます。
映像を見ていると伍佰さんは一貫、徹底している人という印象が強いです。
やりたいことに向かってしっかり意志を持って進める人・・のようです。
かなり浮遊しないと扉が開かない私とは創る速度(ひらめく速度)が違います(羨)。
無駄なことをせず全力なところが大変男前です。ホホホ。

音空気の良さそうな録音室は伍佰さん所有のものらしく
とても自由な音楽環境の中にいる感じがします。
彼らの雰囲気を心得た人がDVDの撮影をしているからかな。
録音は意外と激しい運動のように見えました。音世界の格闘家のようです。
作る曲がROCKだから?
伍佰さんがプロレスラーの日曜日みたいな格好をしているから(笑)?
そういえば奥田さんも一曲録った後は試合を終えた選手のようでした。
こんな私も絵や写真を一個仕上げた後はとても消耗します。

自宅では、この録音実況DVDを常に観られるように設置しているのですが、
これを部屋に流しているだけで物を作りたい意欲がわいてきます。
素晴らしい特典をありがとうございます。
カッコ良くきめた映像より、無精髭で懸命に音楽を作っている
このような伍佰さんの映像の方がずっとカッコイイです。
伍佰さん英語がとても上達してます〜(焦る私)。

何もないようで忙しかった土日。。いろいろ整理してまた頑張る準備をしなきゃなぁ。
とまた新た思った今宵です。
e0066135_1551737.jpg



058.gif11/27夕飯、「湯豆腐+春菊+うどん鍋」

e0066135_156412.jpg

by hachinoji7 | 2011-11-28 03:12 | Comments(0)

這是什麼?コレナニ?

e0066135_3324718.jpg




生まれたてです↑
なんとなくパンダの赤ちゃんを連想させます。。(私だけ?)

また、前回に引き続き彼がやってくれました。
私は「刈り込み君」と呼んでいるが台湾現地では「カマキリ」と呼ばれている彼。
さあ、ご覧ください。彼の新作を!!
タイトルは「伍佰老師咬蘋果」だそうです。(=りんごを齧る伍佰老師)

e0066135_336510.jpg



以前私が描いた原画と角度を変えた写真はこちらです。
鼻の穴とか顔の輪郭とか葉っぱが原画よりずっと可愛いです。優しいラインになってます。
e0066135_12203544.jpg


面白すぎる〜〜。今回も動画があるんだけど腹かかえて笑ってしまいました。
なのに〜、皆さん「COOL」だと絶賛中。笑いではない模様。
台湾の人たちはあんまり人を笑いませんね。。先に褒めます。なんだか良い人たち。。
そして「可愛い!!」と言っている男子達の多いこと。
※この方は有名なfanなのでたくさんシェアがあって読むのが楽しい。
「可愛い」は女言葉だから男子は使わないわよ、と大陸出身の我が中文老師は
言っていましたが(本当に使わないよ大陸男子)、台湾の方では男子の多くが
普通に「可愛い♡」と使っていますねぇ。Facebookで発見しました。
伍佰さんにも「可愛い」と言うもん(爆)。男子が男子に可愛いというのは、
妙にほのぼのします。私は嫌いじゃありません。


[追記]10/27のこの髪型の時の彼のつぶやき(翻訳)↓
"老大(伍佰さん)が「夢醒時分」を歌った時
舞台の前までくると僕の髪型を見て大笑いして頭を
撫でてくれた(伍佰に認めてもらった)"
e0066135_1231744.jpg



やはり、この床屋は台湾の桃園市にある有名な創作床屋のようです。
BLOGもあるし、Facebookもあるし、台湾のテレビでも何回も取り上げられているようです。


本当に私を寝させない話題の多い伍佰Fan生活です。
今夜こそ早く寝ようと思いましたが。
彼は伍佰さんの年越LIVEで、この髪型を伍佰さんに見せたいと言っています。
まだ11月なのでこのBLOGに写真を貼って、
伍佰さんが見てくれることを願います。伍佰老師〜請看看一下(^^)



e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

by hachinoji7 | 2011-11-27 03:55 | 迷上伍佰 | Comments(1)
e0066135_411018.jpg9月に伍佰さんたちの新アルバムが出たのに、依然として前作品の「太空彈」(2008年)の頃の伍佰さんのままだったTwitterと新浪微博の背景を新しく「單程車票」版にしました。
やっと新しい伍佰さんになりました。古い水は新しい水に取り替えないとね〜。風水的にも良いかな(伍佰風水〜)??
しかし、背景ゆえ頑張って写真くっつけてもほとんど見えません(苦笑)。
伍佰さんてんこ盛り・・またも胸やけをそそるコラージュになってしまいました。

Twitterは、アイコンも変更。吐血伍佰さんの絵をアレンジしました(↑)。
伍佰さんの好きな七色風・・。これは真剣なコメントがしにくいアイコンです(爆)。
そしてTwitterの背景作りの難しいところは、左右のわずかな幅に
伍佰さんの名前と顔が出るように作ることです(下写真参照↓)
そうしないと
「伍佰FanのTwitterだよ」というのが伝わりにくくなってしまいます。苦労話。
e0066135_3504086.jpg


新浪微博はまだいくらか背景が見えます。ほとんど大陸の伍佰fanが
followしてくれています。私のBLOGをよく見つけてくれましたね(感謝)。
e0066135_351683.jpg



こちらが背景画像。どうしても伍佰さんの故郷「嘉義」を入れたかったのです。
e0066135_433451.jpg

こってり感満載で失礼しました。。



e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

by hachinoji7 | 2011-11-26 04:10 | Comments(0)

失望と絶望の違い

伍佰さんからアルバム"單程車票"の一言解説が続々とfacebookに
アップロードされる昨今です。中文のリスニング(聴力)能力が低い私には
アップロードされるたびに最低2回は聴き取れないことが悲しくて涙がでます。
でも聴いていると伍佰さんの声は心地良く完全に癒しにもなっています。
特に「ハハハ..」と力弱めに笑う伍佰さんには、こちらも笑顔になってしまいます。
「なんて優しい調子の人なんだ」と思います。

聴き取れるところもあるのでかなりザックリ理解はしていますが、
下記のふたつのリンクの内容については、全くもって聴き取れず、
これがアップロードされた時は本当に何度も泣けてしまいました。

実は、このふたつについては伍佰Fanの男子2名がわざわざ聴き取った言葉を
文字で打ってくれて私に「こんな風に言ってるよ」と教えてくれました。

"單程車票"專輯中歌曲的靈感從何而來?
アルバム"單程車票"の曲は何からひらめいたの?

こちらのyoutubeの方は意外にもBOB DYLANのLIVEを観て(台北で)感動して
書いた曲もあることを話しています。
BOB DYLANは伍佰さんの趣味の範囲から遠い気がしますが。
逆に私の趣味だよ。何を隠そう私と伍佰さんの日頃の音楽趣味は正反対で
私がたまにはと気分転換で聴く異質の音楽が伍佰さんにとっては好みらしい。
私もBOB DYLANの東京公演を観ましたが恐ろしくカッコ良かったです。
昨年観たLIVEのNo1と言っても良いです。
BOB DYLAN@3/29日本最終公演Zepp Tokyo

伍佰老師平常喜歡聽什麼音樂?
伍佰さんはふだんどんな音楽を聴くのが好きなの?

こちらのyoutubeの方はみんなに紹介できないような退屈な音楽(憂鬱系?非主流ってこと?)を
聴いていると言っているようです???(もらった中文も難しかった)
ハハハハそんな回答なのか〜。話が謎めいていてよくわからん。。(笑)


他の人ならともかく伍佰さんと言葉が通じないのは耐え難い失望感に襲われます。
でも、これは努力すれば解決できることなので絶望感ではありません。
失望感でよかったです。失望ならまだ、自滅レベル、自己解決できそうです。
ましてや中国語の「失望」を日本語に訳すと「ガッカリ」程度のレベルです。
絶望感だとすべての繋がりが絶たれてしまった感じがします(自滅と他滅)。
という風に勝手に都合の良いように考えてこの先もトライしてゆきます。


こちらはさっきアップロードされた新たな宿題です。
單程車票專輯給伍佰老師最大的收穫是...
アルバム"單程車票"から得た最も大きな収穫は?

しかしなんて穏やかながら弾む気分になる声なんでしょう。
おしゃべりができたら、きっと楽しそうです。



e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

by hachinoji7 | 2011-11-25 04:43 | Comments(0)
e0066135_1573730.jpg

仮眠から目が覚めた18時頃、私の携帯電話の待受画面に
「毒舌」「師匠」「逝く」という文字が横に流れてゆくのを見ました。
どこの師匠?と考えることもなく談志師匠が亡くなったのだとわかりました。
静岡から出て来て私の東京生活の娯楽部門を圧倒的な年月で飾ってくれたのは
立川談志師匠です。一番笑わせてくれたし、泣かされたし、学んだし・・。
落語会に足を運んだ数は、好きなミュージシャンのLIVEより多いです。
思い出が多過ぎて、大好き過ぎて今頭の中が師匠でいっぱいです。。

(上の写真↑)20年以上も師匠の本だけは、本棚に片付けないで
いつも手の届くところに置いてきました。
いろんなROCKERたちの本やCD、DVDといっしょにね。
談志師匠の落語や漫談は、私にとってはゴキゲンなROCKでもありましたゆえ...。

弟子の皆さんは私が師匠の後を継ぎます、と言い切るような方々揃いなので、
私は勝手に晴れ晴れしています。・・なのですが、、
談志師匠甘えっ子の我が談春師匠が一番心配(爆)。ううう。。

e0066135_1533029.jpg談志師匠の高座で一番印象深いのは1992年に国立演芸場で聴いた「饅頭怖い」です。「饅頭」と「談志」のキャラクターの妙な似合いっぷり、本当に饅頭が旨そうな表現、何よりも人間の暖かみを感じる談志空間の中で私は大涙を零して聴いた記憶があります。「饅頭怖い」で泣かせる噺家がこの世のどこにいるだろう・・と思いました。画像は立川談志 ひとり会第三集DVDより

今夜はたくさん師匠の噺を聴いていました。テレビ放送もyoutubeでいろいろ眺めていました。
立川志らくさんがまだ前座から二つ目になる頃かなぁ。。よく談志師匠のファッションについて
喋っていたことなんかも思い出してしまいました。
チューリップの帽子に緑のラッパズボンを穿いて・・車だん吉のことを「爆発五郎」って
言うんですよ・・なんて言う笑い話をしていましたね。そんな話を聞いて談志師匠は本当に可愛い人だと思っていました。
いつも座布団にチョコと座った感じも、私に"手のり感"を与え(笑)
師匠を眺めているだけでも幸せでした。この映像もそうですね↓
談春師匠が演じる「包丁」が素晴らしいと言ってますね。私もそう思います。


談志師匠は「落語は人間の業の肯定」と言い続けていました。
この談志角度で物事を見る習慣が、私にも身に付いてしまいました。
例えると火事が発生した時に「助けに行く人」と「怖くって逃げちゃう人」がいたら
後者を可笑しく描くのが落語であるという意味です(本当はもっと深い話)。
「その情けないとこが人の愛嬌」と肯定する視点、一般常識が正当とされる中、
逃げる人を焦(笑)点にする珍世界と珍人情が落語の愛と了見なのだと知りました。
ゆえに私はいつのまにかキテレツな優しい人
好きになるようになってしまったようです。そう時々思うのであります。
人だけでなく、考え方もですね。

ああ...大きく私の螺子(ネジ)を変えてくれましたね、談志師匠。
ありがとうございました。これからもお元気で。

by hachinoji7 | 2011-11-24 03:24 | Comments(0)
e0066135_228041.jpg

一般的に今日は祝日ですね。ワタクシには祝日はないのでお仕事ですが
余力がありましたら、大好きな印刷博物館へ世界の本のデザイン展などを
見て遊んでこようかなぁと思います。深呼吸です。
私にとっては森林浴のようなものです。スーーーハーーー

内容:日本、ドイツ、オランダ、スイスと中国、今年はじめて紹介するカナダと
オーストリアを加えた7カ国の優れたデザインの書籍およそ240冊の展示。
会場:印刷博物館 東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
期間:2011年11月12日(土)~2012年2月19日(日)
開館時間:10:00~18:00
入場料:無料
HPはコチラ



e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

by hachinoji7 | 2011-11-23 02:38 | Comments(0)
中華圏へ旅をして「ここは日本じゃない」と
しみじみ実感することは、朝食で食べる物の日本との違いでございます。
台湾と北京と上海で食べた朝食の写真がそろっていたのを発見したので
比較してみるのも楽しいかなと思い貼ってみました。本当は香港もあるはず〜(やや昔。。)

これは先月末に食べたばかりの台湾の朝食〜。
e0066135_0471924.jpg
e0066135_050331.jpg現地の人はもちろん日本人観光客も大好きな「善導寺駅」近くの有名店「阜杭豆漿」の朝食。ここで食べたのは何度目か忘れましたが、今回は店が大改装されていて通路のテーブルで食べていたような昔の店舗とは大違い、どこかのフードコートみたいになっていました。私にとって台湾の朝ごはんといえば「蛋餅」ですねぇ。皆さんは?
台北市忠孝東路一段108號2樓之28
MRT善導寺5番出口すぐ



こちらは北京の朝食〜。
e0066135_0473510.jpg
北京暮らしをしていたbenさんに習って食べました。写真の色が北京の朝って感じがします。シンプルでシャキとしています。
これを日本でも食べられたなぁと思います。
日本に「ここだけ北京」みたいな朝中華の店があってもいいのになぁ。



こちらは上海の朝食〜。(am10:40頃食べたから時間的には朝食じゃないか)
e0066135_0474780.jpg
一気に上海な色合いです。粉もの皮ものばかりホクホク食べていますね。上海は湯気の出る食べ物の街というのが私の印象です。缶のウーロン茶も美味しく感じられます。


これからも行けるかどうかわかりませんが、とにかく1回は行けたことに感謝です。
伍佰さんが私に飛行機の羽をつけてくれたおかげであります。
お金と時間が許すのであれば、大陸にもっともっと行きたいものです。



e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

by hachinoji7 | 2011-11-22 01:29 | Comments(0)
e0066135_2211028.jpg

思えば私は伍佰さんのファンになってから短い年月ながら、
毎日彼らのCDを聴いているのであります。「單程車票」も絶賛聴いています。
伍佰さんのCDの場合、私は手元にCDが届いてからすぐに歌詞本を読みます。
日本の音楽CDの場合、聴けば歌詞の意味はわかるので。。歌詞本を読むのは後になります。
だけどあらためて歌詞本を読むと「凄いな奥田民生(←名指し)の歌詞」と思うことしばしば。
※井上陽水の歌詞ものけぞることしばしば。
伍佰さんの歌は聴いただけではまだ中国語の歌詞の意味がほとんどわからないので
歌詞本が先にきます。歌詞を先に読んで自分でイメージを作ってから聴くのが楽しみです。
私のイメージを伍佰さんが破壊してくれることが私の一種の快楽なのでございます。

歌詞本を読んで、CDを聴き始めてからはほとんど歌詞本を読みません。2カ月経ちました。
この土日は作業の合間に、伍佰さんの歌詞を再び読み返していました。
2カ月前に読んだ時と今とでは随分歌詞の浸透具合が違います。
切ない歌詞には簡単に涙がこぼれ、伍佰さん特有のユニークな歌詞には
簡単に大笑いしてしまいます。CDと溶化したのか?

これはどういうことかな???

「藍月」なんて単語の確認のために翻訳ソフトにかけた変な日本語歌詞でも泣けました(涙)。
伍佰さんの最後の歌唱を思い出すと切なすぎて
「どうにか助けてやってくれ」と思うほど(苦笑)。
「藍月」の歌詞と曲を聴くたびに私はどうしてもこの作品を絵にしたいのですが、
まだ、この気持ちを現せる世界に辿り着けていません。心象は既にありますが。
この曲は"1Q84"の世界を飛んでいるのだそうです。
MVを作ってほしいという声もたくさんあるようですが、この曲に関しては、
"みんなの心象"でいいのではないかと思うようにもなってきました・・。
でもね、超〜簡単に現すと私の思う"1Q84"は以前私が描いた
こんな"無法着陸"(=つまり互いに別世界)の感じなのよね。これじゃお笑い版か(><)↓
e0066135_3343847.jpg

再び読み直してやはり凄いと思った曲は、私の知らない単語が
たくさん出てくる「火山」
この歌詞の単語を辞書で一つ引いて知るたびに大笑いしていました。
翻訳にかければかけたで翻訳ソフトの妙に真面目な翻訳がまた笑いを誘いました。
私は「火山」の歌詞の悲劇的な展開ぶりが大好きです。
伍佰さんをKING・OF・COMICSONG(悲劇部門)とお呼びしたい〜〜〜。
・・・今、伍佰さんのサイトで好きな曲を投票するコーナーがありますが、
だんだん「火山」を投票したくなってきました。
私は曲の投票は不喜歓なのでまだ投票していないのです〜。。。ゴメン

加えて今夜は、新譜のレコーディング記録を収録したDVDをようやく見ました。
DVD機が壊れてずっと見られなかったのです。
伍佰さんはレコーディングでスタジオにいることが
何より大好きだと聞いたことがありますが・・・本当に生き生きとしています(^^)
そんなにスタジオLOVEだったとは、と改めて知りました。


058.gif11/20夕飯、「鰯団子鍋」
e0066135_3214180.jpg



e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

by hachinoji7 | 2011-11-21 03:53 | Comments(0)