[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[演唱會]深圳場8/26、合肥場9/9、シンガポール場10/7[台湾限定演唱會]高雄巨蛋9/23、台中3/24


by hachinoji7さん

<   2010年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

[±5°C]潮Tシャツ

花博といえば、伍佰さんが広告で着てる
「500」って書いてあるTシャツはどこのお洋服かしら。。
(5/20留言)

先々週、こんなことを書いて以来、「500Tシャツ」がほしくて
ちょこまかと検索していたのですが、あるわけないです。。
e0066135_222191.jpg

このTシャツは伍佰さんが大使を務める「2010台北国際花博覧会」の
概念をデザイン化したオリジナルTシャツでした(^^:)。
さっき、伍佰さんのBLOGで紹介されていました。ホカホカ情報。
6/25から発売されるTシャツって、このTシャツのことだったのですね。
買うーーー!!

伍佰&ChinaBlueの公式BLOGより
全民愛花博,作伙挺環保
花博の公式BLOGより
亞洲搖滾天王伍佰 化身﹝i花博﹞環保親善大使 躍上伸展台走秀 與郝市長


地球環境を守るために生活の中で伍佰さんが行っていることや、
伍佰さんが自然が大好きだということがすごく良くわかる記事でした↑
泥土や草の濃厚な香りが大好きなんだって。
あ〜これは。。。私が伍佰さんに一目惚れした時の印象だわよ、まさに(笑)。
風とか土とか・・「野」の感じがしたのよね。
それから伍佰さんの音楽を初めて聴いた私です。順序が逆ですか???
どっちが先でも運命は決まっていたのさ。うはは。

伍佰さんは陽明山の擎天崗が台北郊外で一番好きな場所なのだそうです。
なぜなら、牛がたくさんいてウンコ臭いけど
濃厚な青草と土壌の香りをかぐことができるからだってー(><)/
なぜに伍佰さんは毎日のように私のツボにはいること言うのかな。
ちょっと臭めのハイジの世界だろうか。行かないとなりません。
去年陽明山行ったなぁ・・広いよね。
追記:検索してみた。草原なのね〜♪→コチラ[擎天崗]

058.gif5/31、朝食兼昼食「刻み玉ねぎと人参のカレー炒め飯」「バナナのヨーグルト」
(刻み玉ねぎ、人参をバターで炒め、さやえんどうを最後に入れ、
パウダーカレーをふり、チーズをからめ、ご飯にのせた)
e0066135_22461377.jpg

by hachinoji7 | 2010-05-31 22:29 | Comments(4)
e0066135_17391843.jpg

ダイジェスト版(写真メイン)と演奏曲目は下記リンクをご覧ください。
クリックしてね


これまで観た各地会場の感触は・・

台湾で伍佰&ChinaBlueのライブを観ると会場の熱さの中にいつも
とても家庭的な温かさを感じます。蛍光棒や応援グッズの数が一番多いです。

香港で観た時はライブに熱くなる大人たちと見ているという感じがしました。
立ち上がり応援する大人の男性率が一番高かったせいかもしれません。

上海で観た時は、ある一定を越えた時の人の沸騰温度とても高く
鋭い感じがしました。COOL BEAUTYな上海の血は実は熱血であるようです。

今回観た北京は「伍佰&ChinaBlueがオレ達の街に来たー!!」
というような純朴なノリを感じました。
開演前から嬉しくて仕方ないような空気が充満していて、
ツアーのラストにふさわしい幸せな都市を選択されたなと思いました。
北京の会場って、こういう雰囲気なんですね〜ニコニコ。
伍佰さんもニコニコ、バンドの皆さんもニコニコ。
お客が立ち上がると終始、鬼のような顔でやって来て
座らせようとする公安軍団とファンがライブ中もめちゃうとこも
....今となっては不謹慎ながら北京の景色。
盛り上がりにさらに油を注ぐ結果だった気がします。
"公"の人たちは起爆剤でしたか。
反発する青春時代を思い出しました。←コラコラ

伍佰さんがTwitterで言われていたように、
「當天我終究是又盡興又感動的與大家唱兩次安可!!」
(どうであれ結局オレはその日思い切り楽しんだし、感動して
みんなと2回アンコールを歌っちゃったよ」なのでした。

そうですね!!伍佰さんカッコイイー!!
私も結局、座っていようが立っていようがカンケーなく楽しくなっちゃって
最後まで「歌っていたよ」だったのでした。良いステージでしたね〜。

今回は何が印象的だったかな・・。

DJスクラッチャーの伊藤さんかな(爆)。改めて御礼。
(一番上の写真の下に少し写っています)
「イータンは日本の人なのかなぁ」と私が言うと、
benさんが「伊藤さんなんだから日本人だよ」と言っていました。
伍佰さんはいつも普通語読みで「いーたん」と呼ぶので可愛くて仕方ないです。
「クマたん」とか「お母たん」とか「○○たん」は
日本では「○○さん」の呼び方の赤ちゃん言葉になります>500さん
どよーん。。。話がいきなりそれました(汗)。
え〜「太空弾ツアー」はSPACE FANTASY TOURでございまして
宇宙を旅する雰囲気づくりが常に重要な構成です。
その一貫性を最後まで演出しきらないと音楽もステージの魅力も
皆崩れてしまいます。宇宙をテーマにした演出は他のアーティストでも
やっていますが、伍佰&ChinaBlueのバンドの音を
さらに宙に広げてゆく役割を果たしたのは伊藤さん。
今回は伊藤さんの音があってこそ独自の宇宙的空間ができたと思います。
特に私はオープニングのウルトラマンのかけ声みたいな
伍佰さんの「ハッ!!ァァァ)))))」の声をくりかえすアレンジなど
とても面白かったです。
また伍佰さんの「艦長」という設定(?)が似合う風貌も
功を奏す要因だったかな〜。
設計面、サウンド面の総合的な構想を出したのは
伍佰さんだそうですが、
とても一貫性のある表現力豊かなステージでした。

歌の方では始めの方の「突然的自我」が北京の観衆にとても合っていて
印象的でした。この歌は大陸の方は大好きですね。
ここは大きな酒場かと思うほどみんな陽気に声合わせて歌ってました。
私の好きな「寂寞叢林」が飛ばされたじゃん!!と思ったけど、
北京では都市的な歌「寂寞叢林」よりこれで良かったんだなぁと思いました。

同じく前半の「風火」も北京的な体験をしました。
この曲は特に立ちたくなる!!跳びたくなる火を吹くROCKなので、
"公"の人たちと熱くなったアリーナ席の格闘ソングとなってしまいました。
伍佰さんが舞台の上で演奏で煽る煽る、舞台下は狂気してしまいました(爆)。

曲が終わり、まだもめている様子を見て伍佰さんは落ちついて
自分が「立て」「飛べ」と言ったことを皆に訂正し、
「立つことはできない、心の中で立てばそれでいいんだよ」とファンに伝えました。
私には「不可以站起來,只心裡站起來就好la〜」って聴こえました。。
伍佰さんはもめることよりコンサートを楽しむことを薦めたのだと思いました。
衝突してしまった客席の前で伍佰さんは跪き慰めるように演奏し、
自分のしていたタオルにキスしてその子たちに投げました。

本当に誠意がこもった行動でした。日本人歌手にならヨッ色男!!憎いねぃ)))
なんて言えてもアナタには言えません。。。ワタシひたすら感動しました。
伍佰さんを取材したことがある中の人さんが
「伍佰さんは本当のナイスガイです」
とおっしゃっていたのを思い出しました。は〜異論なし。

今回は前半が孫燕姿さん、後半が蔡依林さんが
ゲストでした(豪華。。呼べちゃうのねぇ)。
(個人的には客席にいたという李宗盛さんが物凄く気になりましたが。き〜!!)
お二人はそれぞれ超シャイな伍佰さんと手をつないで登場しました。
私は彼女たちの一国をも滅ぼしそうな美女ぶりに気をとられあまり歌聴けず。
おっさんのように見てしまいました、TVの何百倍も魂を抜きます。
benさんが「じょりーん生足だよ(@0@)」なんてさらにおっさん発言。
e0066135_1742870.jpg

それにしても蔡依林さんのこの衣装はヤバいでしょう↑。目が胸と足に釘付けっす!!
舞台の上でギター弾いてる人は横で大変だったでしょう(笑)。
DVD見ていて思うけど伍佰さんのコンサートにゲストで来る女性はなぜに衣装が
いつもこんなにピランピラン♥なのでしょう。これも伍佰さんの設計ですか?
ぜひぜひぜひお返事ください(笑)。「オレだよ」だったらどうしよう(笑)。

この日はいつもの500さん独特の奇妙で可愛い掛け合いトークがさらに炸裂。
孫燕姿さんと蔡依林さんを困惑の底にツキ落としていました(大笑)。
大好きだなぁ〜。大人なのに伍佰さんの子どものような質問。

このコンサートは伍佰さんが太空弾号の艦長で新しい地球を求めて
宇宙を旅する構成でして、北京の会場は火星という設定です。
「火星人は普通語がわかるんだなぁ」
なんて客席につぶやいてた伍佰さん、ククク。

孫燕姿さんは月から火星に来た設定だったのですけど、
まず伍佰さんが月の天気の様子を聞くところから始まります(^^)
「キミはお月様でずっとコンサートを開いてるの?」と聞かれ「へ?」な孫燕姿さん。
その後「十五夜はにぎわうの?」とか「月の月餅はおいしいの?」などと
聞かれてました(笑)。
あと聴き取れなかった質問で、記事によると中国の月の童話の主人公の名前らしいけど
「嫦娥とは親しいの?呉剛とは?」なんて聞いていたようです。

蔡依林さんの方は太陽から来た設定で、
同じく太陽の天気の様子を聞くところから始まり、太陽の国から来た歌姫に
伍佰さんは「キミは太陽でずっとコンサートを開いてるの?」
と問いかけます。蔡依林さんは「伍佰老師が何を言っているのかわからないわ」
と超現実的な直球返し(笑)。面白すぎ〜。
普通の女の人であります、アハハハ。
他に「太陽ではサングラスをするの?」とか
「太陽でも日焼け止めするの?」などと聞かれてたようです。
蔡依林さんはなんて答えていいかわからないことは
「不懂」(わからないわ)を連発していたそうですが、
私は彼女の「不懂」をずっと「不同」と
聞き間違えていてさらに意味不明でした(-_-::
(追記:艦長語だから言葉が通じないのは当たり前と蔡依林姫に言ってましたが
本当に通じてないのはワタシ。。リスニング強化だわ)

ちょっとポエムでお遊び好きな伍佰さん。普段は難しいことも語るのに。
まわりにこのような男性はいないので私は興味津々。。。
記事ではオヤジギャグと書かれていたけどその割には童話的じゃん。
これはどういう芸風なのでしょうか。我會好好的。
珍昇さんくらい(字が違うよ)、お茶目じゃないと
普通感覚では伍佰さんのこの膝を後ろからかっくん)))と
されるような質問を切り返せないわ〜と思いました。
言葉の壁を越えたら私も伍佰さんに挑戦したいわい。
・・とはいえ私も普段似たようなことを空想している気がします(同類なの?アナタ・汗)。
伍佰さんと逢えて光栄てす。

ああ、ここにこんなに文字数かけたくなかったわ〜↑

今回は2列目の真ん中の席で「迷航記」「新聞秀」「時尚狗」を
至近距離で観られたことが嬉しかったです。この3曲を歌う時の
伍佰さんは、ギターを弾いてマイクの前で歌うというのではなく
高い所に上がったり、ダンサーとパフォーマンスが入ったりします。
演出度が高くなり歌う表情にも表現が入るのでぜひ近くで見てみたかったのです。
今の深みが増した伍佰さんだから出来る表情を堪能しました。。
今度出るライブDVDではリピートしてしまいそう。
それにしても男前です、、(一番上の写真が後半の艦長ROOMごと上昇するシーン)。

15曲目の「浪人情歌」から後半です。泣かせる曲が続き
どんどん爆発してゆく危険な気配が会場に漂います。
今私が、一番胸に迫る歌は一番新しい「愛妳越來越多」です。
この曲は表に出せない行き場のない愛の感情が溢れていて
他の人には歌えないバリヤー(barrier)があります。
元々人に書いた曲のようですが。
伍佰さんが自分のために歌っているような曲という気がします。
とても辛そうで切なそうで私もいっしょに心折れます。
他の曲にはない内面が音にも歌詞にもあるようで不思議な感覚がします。
この日も哀しくて潰れそうになりました。ああ、名曲です。

アンコールの「背叛」「接受我的愛」の曲並びが新鮮でした。
「接受我的愛」は伍佰さんからファンへのThank you songです。
舞台の上も下も愛と幸せがいっぱいの工人体育館と化しまして
この日最も幸せで気分がフワフワ浮いた1曲でした。
e0066135_1743825.jpg

この時はみんなもう席離れて前に来てしまってます。
公安はなぜか立っても席を離れてももう注意しません。ハッ?です。
前に一列に並んでます(上写真↑)。警備マニュアルがあるんですね〜。
なんだかみんなもハイですが、私もハイになり過ぎて
わけがわからなくなっていました。
こんな熱い時にも伍佰さんは次の曲「被動(bèi dòng)」(受身になる)を
「背痛(bèi tòng)」(背中痛い)などと言って背中叩いてました、はいはい。
言葉いじりがだいぶお好きらしい。

そういえば昔の記事を読んでいたら周星馳に会った時、
伍佰さんてば僕をスカウトしてくれないかなと密かに
お祈りしたと言っていました。ナンセンスギャグ向き?
役柄問わず伍佰さんの個性でそのまんま出ても充分面白いでしょう。
「喜劇之王2」ではぜひ・・しがない何かの役で(小声)。

アンコール2回目の最初は「鋼鐵男子」。伍佰さんとてもご機嫌で
タイトルに合わせてかご自慢の二の腕の力こぶをムキッ見せてから、
歌い始めました(爆)。何をやっているんでしょう〜伍佰さん。
歌い始めるとふざけてないんだけども。
最後は「親愛的你喝醉了」・・狂乱のうちに終わりました愉快な北京。
大成功、大圓満、大祝福、大拍手ーー!!!
謝謝!!!伍佰&ChinaBlue!!!!伊藤さん!!!秀秀さん!!!ダンサーのお二人!!!
そして工作人の皆様!!!中国的朋友!!!感謝します。

伍佰さんたちの北京コンサートの前に行った北京最大のチベット寺院「雍和宮」
伍佰さんたちのコンサートの成功をたくさんお願いしてからコンサートへ行きました。
e0066135_17372275.jpg



058.gif5/30、朝食兼昼食「野菜ワカメタンメン」「パイナップルジュース」
e0066135_18332631.jpg

by hachinoji7 | 2010-05-30 17:53 | 迷上伍佰 | Comments(5)
e0066135_14472740.jpg

同じ日に奥田民生さんとエレファントカシマシが出るよとお知らせいただいた
「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2010 -15th ANNIVERSARY」
(イベント名長いよーーん)
という今夏、山中湖で行われる音楽イベント。
あっさり、今9000円出すのは痛いので諦めました。
今年の日本のROCKフェスはニュースなどによると苦戦中だとか。そう?
奥田さんたち山中湖〜。このようなところらしい→コチラ

野外か・・・。
伍佰さんが先日、高雄で行った野外ROCKフェスティバルのグラウンドが
凄く良かったとTwitterしていたことを思い出しました。。
私は、この会場の住所が「高雄縣大樹鄉〜〜大草原」となっていたので
以前ブログで書いたけど山羊や牛がいるようなハイジの世界
勝手に想像してました(笑)。→コチラ
「超デッカイ新鮮な"草皮"だったよ」と伍佰さん。おお。
伍佰さんの嬉しそうな顔が目に浮かびました。
"草皮(ca3o pi2)"とはこれのことです→コチラ
また単語をひとつ覚えました。生詞♪生詞♪

「大草原」のROCKフェスティバル・・・で思い出したのが英国で行われる
世界最大規模のグラストンベリーフェスティバル(Glastonbury Festival)
今年はいつ開催するのかな〜と公式HPをのぞいてみました。→コチラ
今年のライブ開催は6月24日〜27日。←知らない人たちばかりだわ。
ROCKなステージもいいけどAcoustic Stageが気持ち良さそうでございます。
誰が見たいというより草の上で音楽を聴きたい感じ。
どこでも行く気はあるけど、このような遠いところまで
旅している場合ではありません(はちのぢ頭冷やし中)。
しかし、チビっこな日本人には人間の大草原だよなぁ〜。
あっチケット売切です(@_@)


058.gif5/29、朝食兼昼食「玉子とワカメのサンドイッチ」、
「豆腐と油揚げと人参となめこの甘酢煮」
e0066135_16371134.jpg

by hachinoji7 | 2010-05-29 15:59 | Comments(0)
e0066135_391136.jpg

〜當天我終究是又盡興又感動的與大家唱兩次安可!!
(伍佰さんのTwitterより抜粋↑)

038.gif超酷〜(><)、我也是啊!!!當天我的心飛起來了〜哇哈哈 from hachinoji
"終究(=例えどうであれ結局はの意)"ってこういう風にカッコ良く使うのね。
中国語教室じゃ教えられない感情表現だわ。謝謝、伍佰さん、、いえ伍佰老師。

意味不明な出だしですみません。
この伍佰さんのファンへの言葉が今回のライブのすべてかと思いましたので。
落ち着きましたら解説付きで感想を書きますだ。
※5/30追記:書きました→コチラ

そのアンコール(安可)の時の写真↓惚れ直すわね〜。
ドラクロワの絵画のよう(爆)→コチラ
e0066135_6183624.jpg



アンコール(安可)で「鋼鐵男子」を歌う鋼鐵伍佰さん(目眩がするほどだ)↓
私がどんなに幸せな顔をしていたか友人の皆様想像つきますでしょうか(苦笑)?
e0066135_3341876.jpg



演奏曲目 約3時間
e0066135_613412.jpg



058.gif5/28、朝食兼昼食「山芋しらす丼」、「バナナヨーグルト」
とろろは私の大好物です。静岡丸子のとろろ汁が飲みたい〜。
e0066135_1149925.jpg

by hachinoji7 | 2010-05-28 03:38 | 迷上伍佰 | Comments(2)
e0066135_13195311.jpg

萬芳さんが6月に新譜「我們不要傷心了」を発売されます。
5年ぶりに滾石唱片に帰ったセルフプロデュースの新譜だそうです。
その中の「看見快樂對我笑」という歌は萬芳さんが歌詞を書き、
曲は伍佰さんなのだそうです。伍佰さんに曲を依頼すると即承諾で、
彼女の歌詞に2日間かけて伍佰さんが曲をつけたと記事にあります。
私は伍佰さんのファンになって気づきました。
萬芳さんの声と歌詞に伍佰さんの曲が合わさると、
とても素敵な音楽の化学変化が起こることに。
この新譜はぜひ買いたいと思います。

萬芳甩憂鬱細胞 不要傷心出輯(中時電子報より)

歌詞:萬芳/作曲:伍佰↓....ギターが好き。

by hachinoji7 | 2010-05-27 13:34 | Comments(2)
撮影地は山東省青島市らしい・・↓
e0066135_108333.jpg

e0066135_108159.jpg

公式サイト(搜狐娯楽より)

昨年夏北京で制作発表され、同じく今月北京で完成記者会見が行われた
李連杰(ジェット・リー)主演の映画「海洋天堂(Ocean Paradise)」。
長年リンちゃんのアクションなしの文芸映画を待っていた私としては
今一番観たい映画です。大陸では夏公開予定だそうです。日本でも公開しようよ〜!!!
桂綸鎂(グイ・ルンメイ)さんも雑技師の役で出られているようです。
撮影は杜可風(クリストファー・ドイル)、編集に張叔平(ウィリアム・チョン)の名も...
なんだか嬉しい人たちが勢揃いです。
ちょっと映像がオサレな感じがするのは(↑)この二人が絡んでいるからでしょうか?
監督が女性だからでしょうか?
なによりもくりくり黒瞳のリンちゃんがいい表情しています(嬉涙)。

水族館に勤める47歳の男、王心誠(李連杰)は22歳の自閉症の息子を持つ父。
息子の病気を苦にした妻には先だたれ、自分自身も残り少ない命を生きる身。
海と父子の物語のようです。
あらすじ(中文)

予告編

058.gif5/27、朝食兼昼食「豆苗と豚肉のバター炒め」、
「胡麻ダレおろしうどん」「ヨーグルト」
バター炒めをうどんのおかずにしながら食べました、多重味でした。
e0066135_1282458.jpg

by hachinoji7 | 2010-05-27 10:56 | Comments(8)
e0066135_4123976.jpg

昨日は仕事が5時間で終わってしまったので、会社近くの
隅田川で夜風に吹かれていました。外国へ行くと日本の風景もまた恋しくなります。
通称「隅田川テラス」でボォ〜。潮の香りが濃厚であります。月も出てます。
屋形船が忙しく目の前を往復していますが人が乗っていないみたい。。
まわりにはカメラを抱えた男性が2人、ここは撮影場所でもあるのですね。

先ほど北京旅行で自分が撮った写真を見ていたら、
空の範囲が広い写真が多いことに気づきました。
北京へ行ったら路地裏を撮ろうと思っていたのですが、
どんよりとしたスモッグがかった空の方が印象的だったのかな。
どこへ行ってもこの空の中に巨大な「気」の流れのような
ドクドクとしたものを感じました(気のせい?)。
なんとなくドォ〜ンとしてモワ〜ンとした北京の写真をどうぞ。
(旅の話は←左カレンダーの5/15からスタートしてます。クリックしてネ)


e0066135_413121.jpg

北京北駅から八逹嶺駅までは1時間。北京の農村風景が見られる特急列車の車窓より。
台湾の農村とも日本の農村とも色が全然違います。イメージ通りの北京の風景(感激)。


e0066135_414710.jpg

八達嶺長城の頂上「北八楼」まで登りました、ヤッター!!!最後の急斜面がきつかった。
「北一楼」から登って「好漢坡 入口」という看板が出て来たら頂上はもうすぐ。
「不到長城非好漢(長城に至らざれば、好漢にあらず)」ですよ、ワハハ
(不過〜我是一個日本的女生a〜)。
お年寄りの方などここまで登れない方はロープウェイや滑車で登ることもできます。
ということで、異様な混みようだった日曜日の頂上です。風情などありゃしない(笑)。
私たちの旅は元々無計画で急遽コンサートの翌朝に長城へ出発することにしました。
(行き北京北駅9:33発、帰り八達嶺駅15:22発の特急列車利用、片道17元)


e0066135_4211777.jpg

オマケ写真。「万里の長城」の下りは「あれに乗りたい!!」ということで
滑車に乗ってゴォーーーーーーッと下城しました。なんてラクチン。
下降が本物ですよ(笑)、遊園地の敷地内に作られたアトラクションとは
ワケが違います。大陸ってスゴイと思いました。
「ワーイ」と叫びながら「万里の長城」降りちゃうんですから。


e0066135_4151052.jpg

「万里の長城」を制覇した後、私たちはbenさんの母校「北京語言大学」へ行きました。
私が今使っている中国語の教科書はここの大学のものなので私にとっても縁のある大学です。
たまたま入れたのが学生食堂やキャンパス内の食べ物屋さんだったので
私はまた大学には「旨いものがある説」を更新してしまいました。
私はふだん学校や町内の掲示板を見るのが好きなんですが、この大学の掲示板が素敵でした。


e0066135_4153681.jpg

「北京語言大学」へ行った後、前門でご飯を食べ天安門広場まで食後の長い散歩。
旅行者は昼行くことはあっても夜の天安門にはなかなか行けないかもしれません。
北京に来たスタンプ感が高い場所です。脳裏に紅い朱肉べっとり。
梁朝偉さんが十年位前にここで映画のスチール写真撮って怒られてませんでしたっけ?
ハデな半ズボンで(笑)。


e0066135_416746.jpg

5/17。晴れてはいましたがモヤってます。「故宮博物院」を見た後、
景山公園のてっぺんから「故宮博物院」を一望。「はーー」と息が抜けました。
そして中華圏の映画との出会いをいろいろ思い出しました。
「決戦・紫禁城」が真っ先に頭に浮かんでしまいました(その映画かよ・爆)。
あとは李連杰の顔とか獅子舞とかわんさか頭の中で踊ってしまいました。


やはりこの地に来るべきだったんだわ。


058.gif5/26、朝食兼昼食「大根ともやしの煮物」「素麺(ソーメン)」
e0066135_1250932.jpg

by hachinoji7 | 2010-05-26 04:16 | Comments(0)
e0066135_12023100.jpg

北京動物園のパンダ館に立てられていたパンダの特性を
書いた看板がとても可愛かったので、思わず吹き出してしまいました。

と同時に。。伍佰さんに似てるかもとこっそり思ってしまいました(小声)037.gif
拡大
(中文ですが、なんとなくわかりますでしょうか..?英文・日文訳だと面白くないのょ)
e0066135_1243910.jpg

モグモグモグ))))
e0066135_1272580.jpg



058.gif5/25、朝食兼昼食「胡麻ダレほうれん草ともやし」
「パイナップルのヨーグルト」「牛乳」
e0066135_12594293.jpg

by hachinoji7 | 2010-05-25 12:07 | Comments(0)
e0066135_10545057.jpg

今夜は21時台に帰宅できたので月9「月の恋人」
初めて見てしまいました。チーリン(林志玲)さんが見たくて。
今、チーリンさんの「綿花糖(mián huā táng)」の声が頭をグルグルしています。
ミェンファータン、ミェン...(止めて〜)。

え〜、以下今回泊った北京のホテルでの話です。

今回、北京で泊ったホテルは1泊目、2泊目が伍佰さんたちの
コンサート会場の近くの「港澳中心瑞士酒店」(コチラ)1泊500元(7000円)、
3泊目は1人で泊った「北京市政協会議中心」(コチラ)1泊400元(5600円)でした。
やはり、香港のホテルは高いなぁ〜とまた思ってしまいました。
そして日本感覚ですと5600円でこのお部屋はとても贅沢でした。。。
でかいベッドでございました。
e0066135_2251104.jpg

驚いたのはホテルの番組表でみたテレビチャンネルの数です。
大陸各省を網羅した(?)0ch〜59ch。1台のテレビでこんなに見られるなんて(@_@)
テレビのリモコン大忙しでした。娯楽番組が24ch教育3で放送していました。
趙本山さんがお弟子さん(?)のコンサートのゲストに出て
すっかり司会者、みたいなニュースをやっていました。楽しそう↑
罗志祥伍佰张韶涵 演唱会扎堆巨献(趙本山さんのニュース動画も有)


追記/伍佰さんたちのコンサートチケットを受け取りに行った「中国票務在線」は
一泊目のホテルの近くにありました。便利ですねぇ。
チケット発売前に昨年から予約していたbenさんの隣の席をくださいという
私のお願いにもスムースに対応していただきました。日本で言うチケぴなのかなぁ。
e0066135_23403521.jpg

by hachinoji7 | 2010-05-24 23:20 | Comments(0)

可愛的武器2

e0066135_1241264.jpg

八デジカメより(感激中だったゆえ撮影力なし)
メンバーお揃いのピンク衣装が微笑ましくて可愛くて。最後に客席にご挨拶の感動シーン。
...こんな時に伍佰さんの二の腕に目が釘付けだった八つぁん(@0@)。。良席の恩恵。
e0066135_1242511.jpg

新浪娯楽より
舞台の人たちしか見てなかったのですが、北京の皆さんなんて可愛いかったのでしょう。
私たち席から立つとねぇ、「座れ!!」って公安(警察)の人にすごく怒られていたのよ。
立っては怒られて(^^;)。なんかそのやりとりも北京ならではで面白くて興味深かったけど
意味不明な強要でしたね。伍佰さんは心を痛めてたみたい。
伍佰さんには怒られているファンたちを楽しく帰したいというような凄みがありました。
だから余計に私は温かい気持ちをもらいました。


058.gif5/24、朝食兼昼食「ナスとピーマンの生姜醤油焼き」
「キュウリとワカメの酢の物」
e0066135_93224.jpg

by hachinoji7 | 2010-05-24 01:44 | 迷上伍佰 | Comments(0)