[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[演唱會]深圳場8/26、合肥場9/9、シンガポール場10/7[台湾限定演唱會]高雄巨蛋9/23、台中3/24


by hachinoji7さん

<   2009年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

e0066135_7392773.jpg

前記事はコチラ

我が誕生日7/25にずっと行きたかった場所へ行ってきました。
そこは少年伍佰さんと逢える場所です。
台湾省嘉義縣六腳鄉にある「蒜頭糖廠」という製糖工場へ行ってきました。
伍佰さんの父さんが働いていた工場です。2001年台風の影響で今は廃止された工場です。
「蒜頭糖廠」は日本が台湾を統治していた1906年に明治製糖が建てた
製糖工場なのだそうです。

現在は、この歴史的な工場を残そうということで観光地として生まれ変わり
私たちは工場見学をさせてもらえたり、当時走っていたサトウキビ運送用の列車で
工場の周辺を解説付き(ALL台湾語)で案内してもらえたりします。
「蒜頭糖廠」のすぐ近くは、この工場で働く人たちが住む宿舎になっています。
どんなあたりを少年伍佰さんは駆けまわっていたのかなぁ・・
と思いをはせながら旅してきました。
蒜頭蔗埕文化園區内「蒜頭糖廠」のHP(中文)

台湾ののどかな風景が大好きな方におすすめです。
初めて行く時は不安ですが、行ってみたらそんなに交通不便なところではなかったです。
運が良ければですが(爆)。私の失敗も含めてガイドいたします。

まず私の目標はサトウキビ列車に乗ることでした。これに乗れると工場見学がついてきます。
サトウキビ列車はただ乗るだけでなく、ガイドがいっしょに乗り約1時間周遊しながら、
「蒜頭糖廠」を中心にその歴史、生産、製造etcについて解説してくれます。
毎日午前10時と午後3時の2便のみ。休日は情況によって便が増えるそうです。
私は朝10時はあきらめ午後3時の便を狙いました。

e0066135_3211622.jpg台北駅で高鐵嘉義駅までの切符を買いました。
時刻表で乗りたい便を決め、窓口で買ってみました。自動販売機もあります。
10:30発-11:53着。所要時間1時間23分。割引で915元。自由席は売り切れでした。
←高鐵のホーム





乗車。いざ嘉義へ。メイドイン日本の新幹線なので実家に帰るような気分になります。
e0066135_319711.jpg

e0066135_3202836.jpg窓から見える景色は木が南国な感じはするもののやはり実家に帰るような気分になります。
おかげで心がゆるみまくり。冷凍みかんのひとつもつまみたくなります。

e0066135_327521.jpg高鐵「嘉義駅」に着。「蒜頭」方面へ行くにはいろいろな行き方があります。
てっとり早くタクシーに乗り「蒜頭糖廠」と言えば15分位で着くかと思います。
私はバスに乗って自分で行き方を知りたいと思ったので蒜頭行きのバスが出る台鉄「嘉義駅」へ行くことにしました。
高鐵「嘉義駅」から台鉄「嘉義駅」へ行く無料シャトルバスが駅前にありましたので
それに乗りました。20分おきの発車で30分くらい乗ります。バス乗り場→

シャトルバスは台鉄「嘉義駅」の「後站」に着きます。台湾の駅には「前站」「後站」があるようで蒜頭行きのバスが出るバスターミナルは「前站」にありましたので、「後站」から「前站」へ注意深く道先案内を見て移動しました。
「嘉義駅」を出て右手に行くと嘉義県営バスの乗り場がありました。
どれに乗ればいいのかな〜いくらかな〜とバスの表を眺める・・・。
e0066135_3544751.jpg

e0066135_310437.jpgふむふむ嘉義-雙溪口(蒜頭経由)に乗るんだ〜。
げっ!!あと15分でバスが来る。その次のバスは2時間後(@o@)/
次のバスに乗らないとサトウキビ列車が出る15時に間に合わないことが判明。
あわててバスの券売場で「蒜頭1枚」を買う。台湾語だよーーーーーぉ。
e0066135_3115960.jpgこのエリアはもう台湾語だよーーーーーぉ。
ここで私の間違いが発生していましたが、わかりませんでした。
バス停に移動。しばらく待つと雙溪口と表示されたバスが来ました。運転手に「蒜頭」はこのバスでOKかときいて乗車。おじさんうなづいて券をもぎる・・。

40分ほどで「糖廠」というバス停を過ぎる・・。ココが製糖工場前かと目で確認。
バス停表には次が「蒜頭」とあったのでそこで降りてサトウキビ列車に乗る予定でした。
サトウキビ列車は「蒜頭駅」から出ると聞いていたので「蒜頭」で降りれば良いのかと思っていました。
なぜか次の停留所は終点のはずの「雙溪口」でした。え????と
思っているうちにさらに次の停留所に向かってバスが発車してしまいました。
これ以上先に行ったら引き返せないと思い降ろしてもらいました。

「蒜頭」という停留所がない〜〜〜〜〜〜。
「伍佰さ〜〜ん(涙)、ここはどこ〜〜〜」

と思いながらこんな道を1人日本女子は歩きはじめました↓どひぃぃぃぃぃぃん。。
e0066135_3124916.jpg

とりあえず唯一知っている「糖廠」停留所へ戻ることにしました。
バスもタクシーも一台も通りません。激しい雨が降りはじめました・・。

「糖廠」停留所の前はすぐ蒜頭製糖工場です。
e0066135_3152058.jpg
ここに着いたら、なぜかすごく安堵しました。
中に入ってサトウキビ列車に乗れる「蒜頭駅」はどこかきいてみようと思いました。
おじさんたちに近づくとみんな台湾語でした(あたり前じゃ)。
普通語も無理そう・・。
台湾語テキストに載っていた範囲の会話でなんとか通過(ホッ)。
この園内に「蒜頭駅」はあって、右側へ行けと言われました。
右側へ行くとすぐありました(爆)。
e0066135_7462337.jpg

「蒜頭駅」・・駅です確かに。でもサトウキビ運ぶ駅なので何方面行きとかそういう駅ではなく・・。私は「駅」のイメージ違いをしていました。
帰りは「蒜頭駅」から「嘉義駅」へ行けないかななんて考えたりもしてました。
行けるわけないです(笑)。工場と畑を結ぶ運搬列車用の駅なのでございます。

サトウキビ列車の名前は「五分車」と呼ぶそうです。大人100元。
ホームの窓口で切符を買いました。
「サンディアム(=三時)」に発車だよと教えてくれました。
・・本当に全部台湾語で返事が返ってきます(だからあたり前じゃ)。

e0066135_3144546.jpg発車まで15分くらいあったので、こちらの会社の砂糖でつくったアイスをいただきました。
30元。あずきとストロベリーのmixは意外と合うなぁ。

15時遂に念願の「五分車」に乗車。伍佰さんの故郷を周遊します♪
乗客は30人くらいでしょうか。
ガイドのおじさんの前に座った私。おじさんは解説の中で「日本(リップン)」を20回くらい言っていました。日本がらみの解説をしているようですが台湾語なのでわかりません。

見渡すかぎりのサトウキビ畑で地平線がはるかかなた、広大とはこのことかという広さです。
嘉南平野でしたっけ(^^:
十代になるまで山を見たことなかったと言っていた伍佰さんを思い出しました。
e0066135_7415058.jpg

列車から見た蒜頭製糖工場です。

e0066135_326959.jpg

e0066135_318536.jpge0066135_317188.jpgサトウキビ畑や外の製糖工具の解説を終えると列車は一旦停まり、みんな降ろされます。
続いて蒜頭製糖工場内の見学に移ります。

年月が経ったやや朽ちた工場の魅力がいっぱいの工場。
サトウキビ産地のこの地でかつて製糖作業がさかんに行われていた様子を想像しました。

おじさんが製糖方法を段階にわけて教えてくれます。
言葉は全部わからなくても本当に楽しい笑いの絶えない解説でした。
e0066135_3244217.jpg


工場の出口付近でふと天井を見上げると工員に向けてこんなことが書かれた看板がありました。
e0066135_7453999.jpg


一滴糖漿一滴汗

労働の尊さと製糖にかける人の思いがつまった言葉に胸がいっぱいになりました。
解説のおじさんも見学の人もこの言葉を通過してしまいました。
こんなに見えないところに書いてあるから・・でしょうか。

再び列車に乗って今度は進行方向が変わります。私が慌ててバスを降りたあたりです。
嘉南國小、防空壕なんかがまだあります。
およそ1時間の旅を終えて元の「蒜頭駅」へ戻ってきました。
いやはや・・・面白いです。私だけ?また行きたいです。

e0066135_3215978.jpg列車を降りて、たぶん伍佰さんが子供の頃過ごしていたと思われるお寺や広場を散策。
私を住民のみなさんが見ています・・この土地の者じゃないのはバレバレですものねぇ。
「姐ちゃんどこから来た?」な興味津々なお顔です。





公園の中に鳥居を発見。統治時代に建造され反日運動で取り壊された鳥居を昨年復元してくださったようです。
e0066135_7434878.jpg

この銅像になっている方は昔の明治製糖の方でしょうか。。
e0066135_394766.jpg

e0066135_329642.jpg「そろそろ嘉義駅へ戻らないと」と思って駅前(→)を歩いていると、さっきの解説のおじさんに後ろから声をかけられました。おじさんは仕事を終えて家に帰るところらしく、
「バイバイラ、バイバイラ」と私に言いました。
列車に乗っている時もとても親切にしてくれたので、おじさんとお別れするのがとても寂しくなりました。

さてさて蒜頭ともサヨナラです。今度はちゃんと帰り道を把握していました。
バス停留所「糖廠」へ行き、台鉄「嘉義駅」行きのバスに乗るだけです。
バス停で45分くらい待ち、ようやく一台バスがきました。

「嘉義駅」に約40分で到着。おなかが空きました。
嘉義といえば鶏肉飯の本場!!!!!ここは鶏肉飯で有名なあの店の本店へ行こうと
「噴水鶏肉飯」へ向かいました。
e0066135_323615.jpg

食べちゃいました。うんまいーーーーーーーーーーーーーーーー!!
続く

by hachinoji7 | 2009-07-31 03:47 | 迷上伍佰 | Comments(6)

伍佰&China Blue"時光雨"MV

愛のうた。私の湯気がでまくったライブハウス公演の映像。マイクより左手側にいました。
by hachinoji7 | 2009-07-30 19:44 | Comments(0)
e0066135_12533978.jpg

前記事はコチラ
おかしい。。日本にいる時にはなぜこのような大感動というものに
遭遇しないのだろう。
世界運動會期間中、できればずっと競技をみて閉幕式に参加したかったです。

閉幕式は7月26日(日)19:30定刻通り開始しました。
テレビ中継が入っていましたので、時間はキッチリ。
22時には巨大スクリーンにエンディングロールが出てバシッと終わりました。

式典の最後を飾る伍佰&ChinaBlueのライブも
番組が終わる5分前の21:55に大盛上がりの中バシッと終わりました。
その時間ジャストなキメ方ぶりもかっこよくてさ〜。キメる男には惚れますワ。
(ふだんはのどかな伍佰さんですが・・小声)
最後に打ち上がった豪華な花火も負けるくらい、
伍佰さんたちのライブも大輪の花火のようでした。感動よ(感涙)。

終わり(←えーーーー)

・・言葉がみつからなくて。感動は以下写真で感じとっていただけますでしょうか。
今回は雰囲気を満喫したい気持ちと記録的な出来事でもあったので
写真は大事だという気持ちから写真レポーターとしても頑張りましたぁ。
但是200萬画素(涙)。スミマセン。

会場最寄りの駅は紅線「世運駅」。駅名が「世界運動会」の略です。
となりの駅は台湾の新幹線といわれる高鐵の「左営駅」になります。
夕暮れの「世運駅」のホームから見た会場。
e0066135_2343573.jpg

会場の入口です。「世運駅」から無料シャトルバスが出てました。
歩くと20分くらいかかるかなぁ。
e0066135_2364773.jpg

19:30に軍の楽隊による行進曲が始まって、選手や大会関係者が入場。
選手たちを迎えるための音楽を担当しているのは陳昇さんと新寶島康楽隊です。
e0066135_2372575.jpg

大きなグラウンドからすると選手たちは少ないですが、
それでも参加国は100カ国超えていたんではなかろうか。日本選手団体も行進。

台湾の皆さん、本当に明るくて選手の応援を心底楽しんでいます。
e0066135_2381919.jpg

これが入場の時に配られた電飾。他に黄色い雨ガッパもくれました(台湾らしい)。
e0066135_239269.jpg

もらった電飾を使って、観衆みんなで銀河を作りました。
点滅させたり、ウェーブを作ったりして式典の演出に貢献。美しく温かな人の銀河。
e0066135_10581537.jpg

選手が入場すると、海洋生命をイメージしたショーが次々と展開。40分くらい。
この間、私は「伍佰さんたちはこれから本当に出るの?」という不安でいっぱいになり、
ショーの内容をあんまり覚えていないのであります。

しかし、その次のプログラム。
選手たちが願い事を書いた「天燈」を空高くあげる、という感動的な場面では
あまりにもファンタジックな世界に涙を流しておりました。
一番上の写真がそのシーンです。
ランタン祭のでっかい版みたいな感じでしょうか。
台湾人の人柄?台湾の風土?どの演出にも作り手の温かさを感じます。
「天燈」を見ながら高雄にきてよかったと思いました・・
永遠に心に残る光景でした。

その後、世界運動会の大会委員長、次の開催国コロンビアの代表の方、
高雄市長の陳菊さんから閉幕の辞がありました。
特に陳菊市長の感謝と台湾の誇りに満ちたスピーチ、
彼女が使う台湾語の響きに胸を打たれ、最後に

「私たちは一致団結努力して台湾の成功と栄光をつかむのです!!」

と彼女が叫んだとき私も台湾観衆といっしょになって
「おおおーーー!!!」と右手を上げてしまいました。
はっつぁんは日本人だということを忘れてました。
陳市長はどことなくマッダウのお母さんに似ています。

そして大会旗は下ろされ、次回開催国コロンビアに旗が継承されました。
閉幕宣言によって世界運動会は幕を閉じました・・そして、

21:25頃。伍佰&ChinaBlueが大歓声の中ステージに登場。すごい歓声です〜。
伍佰さんが1曲目の曲名を

「衝、衝、衝ーーーーーーー!!!」

と叫ぶと選手しかいなかった寂しいグラウンド中心に
どこから来るんじゃー!というくらい
あちこちから人がどわーーーっと集まってきました。
ベンチや職員室にいた大会スタッフが(ドサクサにまみれた人も)
ここからは1人の客となって一斉にステージに向かって走って出てきたのです。
この民族大移動を撮ろうと思ったが報道に向かないワシのデジカメ・・・↓
e0066135_2333610.jpg

その光景をスタンドから眺めて大笑していました。
のんきに笑っていたら、スタンドも民族大移動でみんなわーーーと前に来てしまって
ワタシもアワワワワな状態に。隣を見ると誰だキミは?の状態に・・。

伍佰さんのかけ声の吸引力はすごいです。
反射的にアドレナリンが吹き出る声をお持ちです、いやはや感心。

伍佰さんたちは「衝衝衝」「煞到妳」「風火」「世界第一等」「台湾製造」
「妳是我的花朵」と演奏。

伍佰さんはお花ダンスを北京語と英語で会場の各国の人に速攻指導。
私が「擋風」のポーズをしたら踊り開始だと指導し、曲の最後のポーズも指導。
台湾人ばかりのスタンドでは「知ってるよぉ〜ん」のムード。
伍佰さんの「Shall we?」のかけ声で曲開始、一斉に手拍子開始!
e0066135_2393611.jpg

この曲を数々踊ってきた私ですが(笑)、こんなに大観衆と踊るのは初めて!!!興奮興奮。
この日の「擋風」ポーズの伍佰さんは最高にかっこ良かったです〜。

驚きの盛上がりで演奏が終わるとすぐに大アンコールが起きました。
アンコールがあるのか!?でした。
伍佰さんはバックスタッフに「ギター、ギター」と言い、速攻ギターを要求。
e0066135_2351148.jpg

「墓仔埔也敢去」を演奏。
子供から若者、ジジ、ババみんなが踊れ愛される曲。
市長はツイストしてるし、なんか円陣組んでコサックダンス始めている外国人いるし(爆)、
体操選手はグラウンドで回転しちゃっているし、えらいこっちゃのライブ光景(笑)。
ひゃーーーたのしーーーーーーーー。

最後は心のこもった「心愛的再會啦」でした。
e0066135_2362720.jpg

あ〜このギターの出だし。後半のギター・・大好きさ。
帰国してから一番聞いている曲。次に「衝衝衝」聞いてます。

ゴキゲン↓
e0066135_2341625.jpg


わかりやすいbenqiaoさんの閉幕式テレビ中継レポ

旅の始まり記事はコチラ

by hachinoji7 | 2009-07-30 02:49 | 迷上伍佰 | Comments(2)

21時頃台湾から帰宅。Tシャツが吸った水分がまだすごいので今まで洗濯してました。
e0066135_0535213.jpg

e0066135_7433436.jpg今回の旅目的は、高雄港でみかけた高雄世界運動会と玉山高梁酒の
並列看板写真(上)があらわす通りです。
このふたつの看板に共通する人物、伍佰さんを追いかけて台湾南下しました〜。

世運ライブを終えた伍佰さんが今日(7/27)のtwitterでつぶやいてました。
「昨晩、世運へ水泳に行ったような気がする」って。爆笑〜。

そうねぇ、久しぶりに見ました。
汗の水量でシャツがジャブジャブに重くなる伍佰さんを!!
私も客席で「お父さん服着たままどこで泳いできたの?」と笑ってたのでした。
やはり、伍佰さんはこれでなきゃね〜。希望ジャブジャブ。

ホントに高雄は、風呂場にいち早くかけこんで汗を流し、
洗濯機に汗だくの衣類をいち早く投げこんで洗いたくなる発汗の街でした(爆)。

行く前まで・・こんなに北京オリンピック級な祭典だと思っていなくて、
今さらですが、陳菊高雄市長の開催にかけた1000日以上のご尽力。。
同じ女性として尊敬申し上げます(涙)。盛り上げる菊さん
市長!ウーバイさんの曲でツイスト踊ってましたね(笑)、見てしまいました。
閉幕後の取材で「寝不足だから早く寝るわ」って言ってましたね。サイコーす。

JAL機内でもらってきた7/27付の新聞。どう考えても成功でしょう。。
e0066135_0544249.jpg


外にもこんなに人があふれていたんですね。テレビ中継↓
e0066135_0552693.jpg


外の大型スクリーンでも中のイベントが見られました。私が到着した18:30頃↓
e0066135_056121.jpg


用心して少し早めに会場へ行ったおかげとこの外のスクリーンに↑
陳昇さんが出てくるところを見たおかげで大切なステージを
ひとつ見逃さずに済みました。

なんと陳昇さんたちのステージが花火の音ともに
閉幕式(19:30〜22:00)の45分前に始まってしまったのです↓
えーーーーーーーーーーーーーー!!!!でした。
もちろん、座席にダッシュですよ。閉幕式から来た人は見られなかったですよ。
閉幕式前からいろいろイベントはしていました。
そのため私は伍佰さんたちは「もしかして、もう出てしまったのか???」
という不安につつまれました・・・。ずっと最後まで不安でした。
追記:りんご新聞に進行予定が載っていたらしい・・(ガクリ)@四国っこさん情報
e0066135_0571833.jpg

陳昇さんの歌は曲名全部はわからないけど、てぃん姐とben姐のおかげで
聴いていた曲ばかりでした。
陳昇さんは30分ほど歌いステージを終えました。

その後15分ほど、客席はウェーブの練習や電飾でつくる銀河とかを練習させられました。
閉幕式の放送のために客たちもリハーサルがあったのです。

陳昇さんは閉幕式で再び出ていらっしゃいましたが、
伍佰さんといっしょに何かを歌う場面はなかったです。
海と大地の風がふく昇さんと阿vonさんの歌声に
私の心身はスーーーと浮いてきて、
本当の水泳(苦笑)をしているような心地でした。

私も今夜は陳菊高雄市長のように早く寝ます。続く・・

by hachinoji7 | 2009-07-28 01:00 | 迷上伍佰 | Comments(8)

高雄で再放送みてる

e0066135_391139.jpg

世界運動会2009が四時間前に終わりました。
高雄市パワーの凄さを会場に来てすごく凄く感じました。
今、高雄のホテルでさっき見たばかりの閉幕式の再放送を見ています。
ウーバイさんたちは、最後に最も台湾らしいライブ演出で
大盛り上がりで幕を締めてくれました。感動。
大役でしたが円満成功!
小朱お体の具合が悪かったのかな。
by hachinoji7 | 2009-07-27 03:09 | Comments(2)

嘉義の蒜頭製糖工場にて

e0066135_18115964.jpg

アイス食べてます。
ウーバイさんのふるさとにきました。
山がない~。凄いサトウキビ平野であります。
by hachinoji7 | 2009-07-25 18:11 | Comments(0)
日本では2001年に秋田県で開催されていたようです。
4年に1回のスポーツの祭典「世界運動会」が今期は台湾の南部高雄で開催中です。
これに行けるように目下全力でお仕事しています(毎度緊張、クライアントさん行かせて〜)。
いつ行くかというと明日の夜です(爆)。月曜日の夜に帰国します。
ちゅん姐帰国中にチケットを受け取る↓A3區票。
e0066135_9421240.jpg

私が行こうとしている日はこんなことをやっています↓
閉幕式で伍佰さんたちがライブをやります。台湾ではテレビやネット中継も有りです。

7月26日最終日の競技種目+閉幕式スケジュール

会場の位置くらいは調べていますが、例によって「観光」「観戦(できるのか?)」
については何も予定は組めていません。とにかく行くことが優先!!!
せっかくの高雄なのに〜。その前日は伍佰さんの故郷、嘉義を1日散策します。
せっかくの嘉義なのに〜。←こちらは特に地理と交通知識を最速収集しないと。
道に迷いそう。迷路ぅぅ。

世界運動会のあらまし
[公式サイト]http://www.worldgames2009.tw/
[競技種目]コチラ
[会場]世運主場館(813高雄市左營區中海路200號)コチラ
[主な参加国]中華台北300人・ロシア164人・日本160人・イギリス146人・
アメリカ146人・ドイツ145人・フランス138人、全91カ国参加
[開催予算]74億台湾ドル(主場館の建設費50億台湾ドル含む)

今日の高雄は33度雨っす。これから出勤(^^:

by hachinoji7 | 2009-07-23 09:44 | Comments(9)
e0066135_23571460.jpg

Tシャツのことを香港では「T恤」と書いて
「ティーソ」と呼びますね。
あまりにもかわいい響きなので私は日本の普段の生活でも
Tシャツのことは愛をこめて「ティーソ」と呼んでいます。
もはや私の中では「ティーソ」という呼び方は世界共通語なのです。
伍佰さんたちの香港コンサートでも、上の写真のように
会場の外でTシャツを売っていました。
「SとMのTソくださ〜い」とヘナチョコ広東語でお姉さんにいうと
「Tシュ?」と言われました。ガクリ。
伍佰グッズのスタッフは台湾からお越しの方たち?
「T恤」の「恤」の読みは北京語だと「xu4」ですか。。
「Tシュください・・」と小声で言い直すはっつぁん。

一句・・「入門者 至るところで 単語学ぶ」
字余り。。

なんでこんなこと急に書こうと思ったのかな。。
「いまなに考えてたの?」と自分をふりかえったら
たまたまTシャツのことだったのよね・・。

伍佰さんが・・・くぅぅぅぅぅぅ。また可愛いんだわ。
ひっそりTwitterをはじめられてました。
「いまなにしてる? 」を忠実に140字以内でお書きになってる♪
高雄でものすんごく写真撮ったもよう。アハハハ(^^)
写真って・・・アナタ。世界運動会のリハへ行ったんじゃないの?
e0066135_036211.jpg伍佰さんが登録したので私も登録したのよ。
♪與500到永久〜(←歌っている)
つぶやきあいましょう、さぁさぁ。
♪Twitter細語〜夏夜的風有ni〜(←歌っている)
伍佰さんとこにワシのアイコンがついて幸せ〜(^^)/

by hachinoji7 | 2009-07-21 23:54 | Comments(6)
e0066135_17315253.jpg

我弟弟(di4di4)のMacを拝借中。
久しぶりに正真正銘、日本の日本語の(爆)カラオケBOXへ行きました。
前回いつ行ったか記憶にないです。実家から歩いて10分くらいのところです。
かすかに養豚場の香りがしました。田舎はいろんな香りがします。
はて、日本のカラオケで何を歌おう・・最近の日本歌謡界は知らないので
私が知っている曲でカラオケになっている曲でパッと頭に浮かんだ曲を歌いました。
同席者の母はがんがんに曲を入れる人なので、私はゆっくりしていられます。
母の選曲基準がわかりまへん。。因幡晃とかリンダ山本とか美空ひばりとか入れてます。
いっしょに歌った曲もあります。三橋美智也さんの「赤い夕陽の故郷」。
うははは。これは昨年末LIVEで伍佰さんと陳昇さんが台湾語で歌った曲です。
昭和のナツメロが好きなので、聴き覚えがある程度でしたが
曲が流れれば歌えるだろうと思い、入れてみました。
e0066135_18272380.jpg当然母は知っているだろうと思って「いっしょに歌おう」と言うと
「知らない」と言われました(ガーン)。
私ですら・・いやいや台湾生まれの伍佰さんだって知っているのに、
オカンよ(泣)。
歌が始まると母の遠い遠い記憶が頭に再現されたようで
「ああ!!上京して来た頃の歌だ」と叫び、マイクを握って歌い始めました。
計算すると・・50年前くらいの歌なのね。追記:1958年の歌でした。

ワタクシは主にエレカシを歌ったりしてました。
カラオケ本の中には伍佰さんの曲も7曲くらい入っていました。
ちょっとどんなKTVか見てみるとご本人はもちろん出ておらず
謎の男女がもめていたりして台湾語の歌詞にカタカナで
フリガナがついてました、歌いづらい〜(確認のみ)。

東京スカパラと奥田さんの「美しく燃える森」を久しぶりに歌ったら
こんなに歌えないのかというくらい歌えなくて。。つかメロディ忘れていました。
反省して先ほどyoutubeで歌っていました。今聴いてもイカスね〜この曲。

歌った曲〜。
ハナウタ」エレファントカシマシ
あなたのやさしさをオレは何に例えよう」エレファントカシマシ
さらば青春」エレファントカシマシ
風に吹かれて」エレファントカシマシ
美しく燃える森」東京スカパラダイスオーケストラwith奥田民生
東京キッド」ビートたけし
嘘つきダイヤモンド」井上陽水
赤い夕陽の故郷」(台語:黄昏的故郷)三橋美智也
我不是天使」(曲提供:伍佰)那英
與你到永久」伍佰&ChinaBlue

東京スカパラダイスオーケストラwith奥田民生
「美しく燃える森」(2002年)のMV
 ヒゲついた子供みたいなタミオ↓

by hachinoji7 | 2009-07-20 18:28 | Comments(0)

今気になる人物

e0066135_07535.jpg

DreamWedding Leon Live2009
始まった〜(7/16-7/19)。おおー!!舞台が〜。
外野のワタシも気になるぅぅ。

by hachinoji7 | 2009-07-17 23:59 | Comments(4)