[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[演唱會]深圳場8/26、シンガポール場10/7[台湾限定演唱會]高雄巨蛋9/23、台中3/23


by hachinoji7さん

<   2009年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

e0066135_00514.jpg

神田川のほとりで今夜も残業。ココロはまだ宙を飛んでますが。
このたび伍佰艦長は新しい地球を求めて「太空彈号」に乗って宇宙へ飛んだんであるよ。
伍佰艦長は、白く光るクリスタルな美しい艦長室をお持ちで、
その艦長室ごと高く高く宙に浮くのであります(上写真↑)。
(この艦長室を「我的太空艙」と言っていました)
その太空艙で「迷航記(Star Trek)」という曲を歌います。
紅館で近くで観たら結構揺れる美しい艦長室でした)))))
しかし、伍佰艦長は揺れにも動じずピシッとお立ちでした・・はぁと。
ライブハウスの伍佰さんとはちょいと違う・・
大型スクリーンに映る憂い漂う伍佰艦長にウットリしました。
伍佰艦長は若い頃俳優を目指していたんだよなぁ・好みだなぁ、この表情は。
e0066135_04385.jpg

追記:ホンハム公演のニュース映像が続々とUPしてます(^^)

by hachinoji7 | 2009-06-30 22:43 | Comments(4)
e0066135_22283882.jpg

モク姐さんに広東語指導される脱力気味の桃色ウーバイさん(笑)↑

今日の伍佰さんの香港コンサートの記事は笑いに包まれていました。
どんなにステキなコンサートを開いても爆笑ネタが最優先、すてきな香港魂♪
去年の香港コンサートでも娯楽ネタは伍佰さんのゆかいな広東語に集中でしたが。
いえいえ去年はバンド全員変でした・・メンバーの皆さん意図的?
DINOさん「好犀利飲茶〜(飲茶すごい)」って変なご挨拶してたし(どんな挨拶ですか^^:)。
伍佰さんの「請勿靠近車門(列車の扉に近寄らないでください)」
っていう意味不明なMCに私は口があいてしまったし。楽しかったなぁ。

やはり今年もつっこまれていますわ〜。恒例になるのかな。
楽しみになってきました。不好意思。
伍佰さん面白いんだも〜ん。ワタシの広東語もすごいけど(←ひとのこと言えない)。

今回のゲストはカレン・モク姐さんでした。
伍佰さんがモク姐さんの名前を呼んだ時、会場の空気が一瞬止まったような。
みんなの頭の上に「誰?」という大きな?マークが(汗)。
発音の違いなんて気づかない私には逆によくわかって「モク姐さん登場か」と理解(爆)。
誰だかわからない紹介の中、モク姐さんが美しくあらわれました。

モク姐さん、あまり色っぽいことすると伍佰さんヨレヨレになるから抑えてね
と願って観ていましたが。
アカン・・モク姐さんがいるだけでヨレヨレらしい。滝汗でした、お父さん。
伍佰さんがモク姐さんにかいた「冬至」という不思議なメロディの曲を二人で歌いました。
ふたりのMCになると伍佰さんはがんばって広東語を使いました(^^)。
しかしモク姐さんの名前がどーしてもうまく言えません。
正解は莫文蔚(mok9 man4 wai3)。モク姐さんが一字一字教えてくれました。

公演後の記者会見でモク姐さんの名前をもう一度言わされる伍佰さん↓
(映像必見かも。記事左上クリック)
e0066135_2322197.jpg


他の広東語もモク姐さんがヒヤリング、そして会場に解説してくれました。会場爆笑。
「誰から広東語を習ったの?」と姐さんに問われ
ちょいと撃沈気味の伍佰くん「自分でならった」と言いました。
モク姐さんに「外国語は女から教わるものよ」みたいな大人トークをされ、
男児な伍佰くんは「そんなことここで言わないよ」と困ってました。
(ワタクシ、あまりのかわいさに舞台下で悶絶。なんてQ。
・・・そういえばモク姐さんまで"大好き〜♥"とクネクネしていたヨ)。

2曲目はモク姐さんの新譜「回蔚」に入っている「青山在」という曲でした。
原曲は「阿里山的姑娘」という昔の曲です。
伍佰くんが「台湾に遊びにきて」と阿里山の紹介をしていました。
鉄道がなんちゃらと・・
モク姐さんに「口羊a?(なに?)」とか聞き返されながら(先生と生徒のようでした)。

「冬至」莫文蔚(歌詞:林夕 曲&編曲:伍佰)

by hachinoji7 | 2009-06-29 23:59 | Comments(2)
e0066135_23581234.jpg

正味1日の香港滞在から帰ってきました。
今年の6月27日は伍佰&ChinaBlueの香港コンサートでした。
しかし、彗星のように私の心に現れた伍佰さん(爆)がいなかった頃は
6月27日といえば梁朝偉さんの誕生日以外ありえない日でございました。
(嘘です。小声・・立川談春さんの誕生日でもあります)
今年の6月27日は毎年お友達同志で約10年近く開いている
梁朝偉さんのお誕生日会を数字の方のために欠席しましたが、
しっかりご当地香港で(苦笑)、1人でお祝いしました。
映画「花様年華」「2046」のロケ地でありました「金雀餐廳」で。
これでここでご飯食べるの三回目かな〜。
1人でステーキなんて日本でも食べないのに仕方ありません。緊急事態なので。
私のヘボいデジカメで撮っても店の中は映画のままです。↑

食べたのは「黒胡椒の牛ステーキセット」。
パンとチキンクリームスープとコーヒー付。
腹が空いていたので白飯まで食べました(プラス8香港ドル)。
合計125香港ドル。豪華な食事。1人で(泣)。
これ食べて伍佰さんたちのコンサート会場ホンハムへ行きました。
e0066135_23582746.jpg

トニーさんお誕生日おめでとう!!!


e0066135_0211255.jpg2時間くらい前に香港から帰ってきました。通信手段を私の不備でなくしてしまい(復活済み)
メールもネットもできず突然消えましたが、無事香港へ行って帰ってきました。
帰りの空港で、偶然伍佰さんたちの一部スタッフさんたちに遭遇。
出国審査のとこでDINO発見!!!DINO〜よくお会いしますね。
あわてて台北行のゲートをチェックしてしまいました。伍佰さんどこ〜って(笑)。
成田行の航空券を持って空港内の台北行のゲートをさまよう私(爆)。
その後あまりにも動揺して自分のゲートがわからなくなりました。。

伍佰さんたちのホンハムコンサートは3時間超(23:30終了)、
アンコール6曲(爆)という盛り上がりでした。

e0066135_0414537.jpg

by hachinoji7 | 2009-06-28 23:56 | Comments(4)
e0066135_4384668.jpg

去年の11月7日に発売した伍佰&ChinaBlueのアルバム「太空彈」の
正式ツアーが6月20日上海からスタートしました。
昨年11月からすでにライブハウスにて5回、
このアルパムを主軸とした彼らのステージを観てきました。
観賞後の私の共通の想いは、いつか大空間でこのアルバムの音楽飛行をしてみたいでした。
飛行しました!!大型ホールの上海大舞台にはライブハウスにはない宇宙世界が
漂っていて、伍佰さん設計の火星型舞台もガッチリと演出効果をあげてました。

1曲目はズッタンズッタンッと突き進むようなドラムから始まる「太空彈」、
伍佰さんのギターがクィーンと入ると宇宙船が離陸して一気に宇宙へ旅立つ感じがする・・、
ああ感動!!なんて浪漫度あふるるコンサートの始まり。

そして照明がテカッーとあたると全員ピンクの宇宙服!!!

コンサート前に私は伍佰さんが衣装で人を脅かすのは結構容易だと考えていました(笑)、
伍佰さんは「黒」のイメージが強いので全く逆の色の服を着るだけでも充分インパクトがある・・。普通の白いスーツだって伍佰さんが着たらビックリだもの(爆)。
そしてそんな伍佰さんの選択はピンク〜(倒)。
スーツのつなぎのような摩訶不思議な設計で裏を向くと(背中というより"裏"と言いたい!!)
全身黒ラメ。日籍女子2名看台席で大ウケ!!
横にいたben小姐に「どうです?あれ」と問われましたが、
目が点のまま伍佰さんに釘付けで言葉を失う私。可愛い演出しますね、伍佰さん!

ユーモアたっぷりなピンクの衣装で「白鴿」を歌いあげてしまう伍佰さん、いやあスゴイ。
私の頭のパズルは、常識にとらわれた小さいものだとこの時思いました。
真のカッコ良さはこれだと思いました。ハハハ。

この日歌った「痛苦的人」は忘れられません。もう隣の兄ちゃんと肩組みたくなりました。
群衆の心に火を放ちまくる伍佰さんの気迫は尋常でなく(大陸での勝負曲?)、
歓声どよめく会場、うねってました。人の心を動かすってこういうものか・・・。
ピンクの宇宙服で聴いても(←しつこい・笑)、鳥肌ものの泣き情歌が聴けました。
昨年の全日本プロレスの台湾興行で「閃光魔術」を歌った時の伍佰さんの尋常でない
気迫を思い出してしまいました。

上海の会場を全体的にみてわかったこと。
自分の生活に密着?共感するような歌える曲が大陸ファンにとっては心のロックらしい。
いわゆる私が思うロックな曲や幻想的な曲は彼らにとっては鑑賞する分野らしい(爆)。
バラードで拳をにぎって総立ちになる光景は衝撃的でした。これが大陸かと!!

ということでこの日は大陸仕様な演目をしっかりセットされていたのがわかりました。
上海の観衆は、静かなのかと思いきやとても熱くて、わき起こる「伍佰コール」
両手を広げてコールを浴びる伍佰さんのご満悦ポーズも何度かみられ
「得意顔好き」(爆)には嬉しい姿を拝めました。
e0066135_4425931.jpg

以前伍佰さんは「資源回収」と中国語で言っていましたが、最近は「リサイクル」と呼んで、
この日も他の歌手への提供曲を自分用にアレンジして披露してくれました。
歌う前に次は「リサイクル1号」、「リサイクル2号」と
いちいち番号をつけている伍佰さんがかわいいのでありました。
リサイクル1号は伍佰さん曰くジェントルマン張學友さんへ書いた「如果這都不算愛」、
2号は永遠の25歳アラン・タムさんへ書いた「接受我的愛」、
3号はアイドルの王心凌さんへ書いた「我會好好的」、
4号は美女萧蔷さんへ書いた「中毒玫瑰」、
5号は台湾ドラマの主題歌らしい林佑威さんへ書いた「存在的目的」
6号は劉徳華さんへ書いた「世界第一等」という感じでした。
伍佰さんが歌うと「いい曲」に体温を感じ、
「曲」が「色っぽい人」に変身する気がします。

前半の15曲が終わった時、大きな空間で全景をみる伍佰さんたちのコンサートも
いいなぁと思いました。いつも前の席で聴くことばかり考えていましたから・・。
端々まで届く照明の直線や火星の基地っぽいレイアウト、
そこに置かれた(?)ユニークな宇宙服を着たミニチュアのような伍佰さんたち・・・
彼らが設計した演出をきちんと受けとめられました。

後半に入る前にスクラッチャーの伊藤さんがパフォーマンス。
彼がスクラッチしている間に伍佰さんは衣装換え。
e0066135_4392432.jpg

そして伍佰さんは照明で白く発光する金属的な乗り物にのって上空へ。
私が大好きな「迷航記」を歌っているではありませんか!!この曲は今回のアルバムの
最も重要曲だと私は思っています。声の表現のしかたにも新鮮な感じをもちました。
伍佰艦長の日記が歌詞の中に入っています。舞台で朗読してました。
「黒」に覆われた世界をただ歩むしかない、前後もわからない「黒」の世界。
そー「黒」の世界の前進・・これが実に不安なテーマではあるけど勇気がわく曲なのよねぇ。
伍佰さんの歌詞は「がんばれー」な内容はあまりなく挫折したりしてるんだけど
それゆえか血液浸透するのです。
強すぎるくらいに白発光したすごい光の中で聴いたこの曲に私は感嘆しました。
「黒の世界」と「白の光」です・・・そして伍佰さんの衣装も「黒」と「白」でした。
宇宙だから、不思議なんです、衣装も!!!
肩袖のない一見黒ベストのウェイターみたいな造りです。
伍佰さんみたいなウェイターがいたらイチコロだと思う(邪念だらけのワタシ)。
前衛的な創作舞台劇に着ても良さそうな白黒衣装でした(^^)。
「迷航記」の次は「新聞秀」でした。こちらも新譜からの1曲。
今まで一度もライブで歌ったことはなかったけど、
「一番ステージで化けそうな曲」という期待を抱いていた曲でした。
期待以上、暴力的迫力の生声。脳に響きました。
日本に帰ってきてこの曲ばかり聴いてます。かっこいい。
ふだん歌わない曲は私の好きな曲の宝庫です(小声)。

22曲目のみんなで踊る「妳是我的花朵」以降はラストに向けて
やんややんやの盛り上がりでした。みんなの温かい歓声と歌声につつまれて
伍佰さん、嬉しそうでした。この群衆を率いる男っぷり、現場が見れて幸せ。
最後は歌わなきゃならない曲として君臨する「浪人情歌」ですが、
新しい曲のように聴くことができました。拍手喝采。
新歌のように聴かせてくれてありがとうございました。

19:40くらいから始まって22:30終演。
終電時間の早い大陸公演では、公演途中に帰らなければならない人が多いと聞きましたが、
その影響はあまりなさそうでよかったです♪
事故もなくコンサートが大盛況で終わってよかったです♪

by hachinoji7 | 2009-06-26 04:50 | 迷上伍佰 | Comments(2)

6月25日黒色無邊

♪明〜天。。總有明天
可是界線不清楚・・
by hachinoji7 | 2009-06-25 23:59 | Comments(0)

はりあい

昨日から寝てないのに今日が終わるよ。あいや〜。
あさってまた香港だもの〜、お仕事片づけなきゃ〜。

上海コンサートのことを書きたい。。。初の看台鑑賞。舞台絶景!!!
e0066135_1272122.jpg

by hachinoji7 | 2009-06-24 23:48 | Comments(4)

お見送り

e0066135_1472253.jpg

以前上海の宣伝活動の時に、ある司会者に伍佰さんは
「上海の観衆は一般的に少し気高いとこがあって、恐らく熱気が足りないはずです」
と言われたそうです(昨日のご本人コメントによると)。
つまり・・観衆の盛り上がらない傾向を公演前に言われていたようです(あらま)。
私もT姐から以前同じことを聞いていたのでそうなのかなぁ・・と一応心得てました。
結果的にはコンサートは大盛り上がりで幕を閉じ、とても熱情的なものを私は感じました。
意外性も含めて感動と驚きがありました。
最後のお見送りで「再見!!!」「再見!!!」と言いながら伍佰さんの車を
追っていた男のコ達の姿もなんだか印象的でじんわりときました。
彼らは伍佰さんたちのLIVEを観られる機会が少ないのでありました。

写真は会場を去る時の伍佰さん↑。少しはにかむカッコイイ笑顔がたまらんかった。
お疲れさまでした〜。てか、疲れてなかったそうで(^^)。構成がよかったのネ。
私は「新聞秀」と「迷航記」が最高に興奮しました。聴きたかったのよ(涙)。
「新聞秀」素晴らしいー。

by hachinoji7 | 2009-06-23 02:09 | Comments(0)

暗雲ニシビレル

e0066135_0234334.jpg

ウーバイ(伍佰)でニューバイ(入梅)。ダジャレかい>「ええ」
雨男の500氏は上海を梅雨入りに導いたようで、夕方近くになると
土日ともお空が真っ暗になって大雨でした。
日曜日は、ben小姐が帰国されたので単独行動となり浦東側に渡ってました。
浦東は近未来を現した模型のような地区・・。不思議感いっぱいです。
急に空に雨雲広がり、雷が鳴る前のような空気がたちこめました。
私は来た!!とばかりにカメラ体勢になりました。
今回のお気に入り写真。お空真っ暗の中、東方明珠塔を撮る女性↑
塔のピンクと彼女のピンクを使った少しレトロなお洒落がとても気に入ってます。

e0066135_0244233.jpg

東方明珠塔を高いところから撮りたくて金茂ビルの展望台へ行くことにしました。
あちこち工事中で、この通路を行けと工事職員に言われました。
どこへ行くのじゃという不思議感がいっぱい。ただの工事現場なのに。

e0066135_0251155.jpg

金茂ビルの展望台は88階にあります。88元。
ハイテクビルの真下はブラックな住宅街。かっこいいぜぃ。
でも住みたくないよね・・。

e0066135_0253354.jpg

展望台の中も曇り空の影響で暗〜。何気なくいる観光客まで妖しげに見えました。

e0066135_1111566.jpg

新宿とは違う・・どこか宇宙っぽい上海の上空でした。

by hachinoji7 | 2009-06-22 23:57 | Comments(0)

工事中の上海星

e0066135_18151279.jpg

明日帰ります。
ウーバイ星隊たち楽しかった。
これから雑技団見に行く予定。

追記(帰国):この時、歩きながらipodで伍佰&CBの「太空弾」
聴いて笑ってたのよ。
なぜってこの「東方明珠塔」(↑)がマンガの宇宙基地みたい
見えて曲にピッタリだったの!!!
by hachinoji7 | 2009-06-21 19:44 | Comments(4)

宿の窓から

e0066135_18133918.jpg

会場がみえます。(水色の屋根のとこ)
by hachinoji7 | 2009-06-20 09:05 | Comments(0)