[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[今夜伍佰8]高雄場4/14・15、台東場4/29、廣州場5/20[演唱會]Lasvegas場5/26、NewYork場5/28、佛山場6/3、青梅場6/23,24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[台北日記]4/15・16伍佰が撮った非洲写真と感激対面→収蔵者となる

e0066135_21211310.jpg

2013年1月伍佰さんは第24屆飢餓三十人道救援行動の代言人として,
アフリカの賴索托へ救援活動に行かれました。
e0066135_21193253.jpg

現地では気候変化が激しく突然の暴雨、雹、強い日照りに遭遇し、
日焼けの痛みと高山病が発生してしまった伍佰さん。
報告映像で見た伍佰さんの様相から察すると体調はやはり悪そう・・
でも懸命に現地活動している時の優しい伍佰さんの姿は
私を感動させました。
今でもとても思い出深い飢餓三十の活動。
私が台北へ行っている期間中に伍佰さんが撮ったアフリカの写真が
見られる写真展があると知り、とても楽しみでした。

「看見世界 鏡頭下的故事」攝影展
4/9−4/16
台北華山文創園區(中5B館)

e0066135_20525547.jpg

建物の中には98作品のボランティアスタッフ、カメラマンが撮った
困窮する各地の子供たちの写真が並んでおり、写真下に
解説が付いていました。
上のリンクから、写真とそれぞれの解説を読むことができます。

3作の伍佰さんの写真が展示されていました。
現地の報道風写真とも違うし、
雑誌や広告に使われるようなカメラマンぽい
瑞々しい写真でもない・・
見た瞬間「グッ」と黙ってしまいました。
この雲...この空....この人の位置...この服の模様...
この子の顔色...挙げたら切りがないが
伍佰に捕まって黒く閉じ込められているようです。
「キミらは捕まった」と思いました。
シャッター音が違うんじゃないか?
とも思いました(笑)。
"黒"には"歓"と少し"奇妙"が混ざっていて
見ていて飽きない。
写真にある物語や音も聞こえてくるけど、
下々の勝手な想像は許されないような格好良さもあります。
どうやら伍佰さんの写真は伍佰さん本人より相当カッコいい。
上写真の左上→右上→右下の順に「題」と
(私が意訳した)解説の要約。

[驕傲(誇り)]
青い空と白い雲。カメラを見ると「撮って撮って」と
ポーズを決めとても得意気な子供たち。
彼らの表情を見ると私たちより豊かにすら思えた。
私たちは彼らへ形ある心を贈ってきたが、
彼らは僕の心に無形の癒しを与えてくれた。

[歡迎]
物資乏しく電気も水もない生活で彼らの楽しみは
歌うことと踊ること。
彼らはボランティアの車が来ると大喜び、
一番良い服を着て地面を蹴りながらお迎えの曲を熱烈に歌う。
その歓声は車が到着する前から山谷に響いていた。
村を見ると女と子供ばかり。成人男性は出稼ぎでいない、
エイズで多くの大人は亡くなっており、老人も少ない。
薬が足りないから寿命も短い。

[手]
あの日小さな市場街へ行った時、
僕の傍に一人の子供がいて
怯えながら私たちを見ていた。
僕が彼に手を振ると柱の後ろに隠れてしまった。
それから発見した、彼はボランティアが世話した
子供であったことを。彼は少し恐がっていたので
僕は彼にそっと声をかけクッキーをあげると
恥ずかしそうに笑って出てきた。
この時一人の成人が素早く近寄ってきて
そのクッキーを横取りして食べてしまった。
その子はなす術も無かった、僕らもこの一幕を
ただ呆然と見ていた。


「手」のエピソードを読み、クッキーを
あげようとした伍佰さんの様子と
柱に隠れた子供の様子がどちらも愛らしく
写真も愛らしかったので、この写真がほしいと
思いました。この三枚の写真は義援作品で
1枚6000元の義援金で入手することが
できます。
正直...3000元くらいかなと予測していたので
これはキビシイと思い1日目は諦めました。

そのせい???伍佰さんの「手」の絵を描いて
現場を去りました。
"ワタシ参上"ってか。。^^::
e0066135_0502035.jpg


翌日、再び会場へ行きました。
突然、やっぱり買う!!と思ったから。
スタッフに「手」を買うと伝えたら
もう買い手がいますと言われました(TT)

諦めて一回外へ出ました。
突然、やっぱり買う!!と思って
また戻り、他の二つの作品からどちらを
買うか考えました。
どちらを入手しても嬉しいんですけど
二枚も買えないので悩みました。
悩んだ末、「歓迎」を買うことにしました。
理由は「音楽」の香りがしたから。
解説を読まずに見た時から
「音楽」の香りがしたくらい「音楽」が
ありました。
しかも「歓迎の歌」だもの。
お部屋にいてほしいじゃない、
歓迎してくれる子供達。

今日、この日記を書くために
アフリカで活動する伍佰さんの映像を
改めて見ました。
子供たちとふれあっている様子を見て
「歓迎」を選んでよかったなと思いました。
この子たちの事なんだね。
私が買った「歓迎」は一品ものなのだそうです。
展示会がまだあるので6月頃空輸されてきます。
伍佰さんのアフリカ写真が我が家に来るとは・・
所有者として大切にしてゆきたいと思います。

無形的心霊撫慰・・良い言葉ですね。


e0066135_10144798.jpg伍佰&Chinablue LIVE商品
CD、DVD、BD、写真集
「光和熱:無盡閃亮的世界台北演唱會」
2015/6/19発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[博客來網站]CDDVDBD写真集
[YesAsia]CDDVDBD
[iTunes]光和熱 - Single玫瑰日記- Single



Commented at 2016-05-04 10:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hachinoji7 at 2016-05-06 16:50
うばおさんの高雄公演11月だそうで、年末と言える時期でした(苦笑)。
6月は17日-23日までずらせない仕事が昼夜ありました。他の曜日はだいたい二週間前には申し出ないと休めない感じです。巧く合うと良いな。

台北より高雄の方が私的には遊べるので今はとっても幸せ♪
by hachinoji7 | 2016-05-02 23:25 | 迷上伍佰 | Comments(2)