[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[池上秋收稻穗藝術節]10/28・29[演唱會]大連場11/25、南京場12/24、廣州場1/20[台湾限定演唱會]台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2015/1/10伍佰&CB「今夜經典・台中限定Live」小感想

e0066135_2332577.jpg

3/5のBLOGにセットリストをUPしておきながら逃亡....
3/9、ただいま戻りました。

このLiveを観た翌日が伍佰さんのサイン会だったので、
伍佰さんは私に昨日のLiveは楽しかったか?楽しかったか?と
2回繰り返して感想を聞いてきました。
照れる私は「楽しかった」と小声で応えました。
(楽しくないわけないじゃん、目の前のあなたが大好きなんだからさ〜)
伍佰さんは率直な人で前にも何かの後に楽しかったか?と
聞かれた記憶があります。もし私が「楽しくなかった」と応えたら
きっと真摯に受け止める人でしょう。とても努力家です。
Fanが楽しめたかどうかが伍佰さんには重要なのです。
上の写真はそのような伍佰さんがわかるでしょ?私の盗撮↑

e0066135_2384985.jpg

Liveの中では、この日のLiveの主題になっている"經典"とは何か?
に対して伍佰さんは"經典とは俺のことだ"
なぁ〜んて豪語していましたが伍佰さんは經典老師であり、
また真面目な努力家です。
この"經典とは俺のことだ"の言い方がちょっとはにかみつつも
カッコ良く、観衆の皆さん「キャ〜♥」でした。
では再びセットリストをこちらにも載せます↓

e0066135_2212622.jpg


ご覧の通り今回は"特別感"を醸し出したのか曲数はたったの21曲。
1曲はDinoが唱っているから伍佰さんが唱ったのは20曲です。
CDのベスト盤のような選曲でアンコールも1回きりだったので、
Dinner Showのような構成のROCK LIVEでした。
Liveが終わった後、食事で言えばフルコースの料理を食べた後のような
感覚がしたのでコース料理に「おかわり(アンコール)」はないよなぁと
思いました。不要叫再來一碗。

でも一番の魅力は21曲だったということかな。
厳選した分、一曲一曲の仕上げに豊かな創作色が
凝縮されていました。みんなが唱える曲ぞろいなのに
私は"音色"の方が気になって伍佰さんの歌をあまり聴いてなかったかも。
ベスト盤のような選曲でしたが、いつも新鮮感を追ってきた伍佰さんが
そのまま演奏するはずもなく"新曲"のように編曲していたり、
演奏形式を変えたりして、従来の形に折れない伍佰さんの気質が
とても現われていました。負けず嫌いだな〜と思いました。
この選曲は明らかに海外公演の特性を配慮したものでしょうけど、
伍佰さんたちは金曲という武器を利用して
手創りの"Band音楽"をFanに伝え楽しんでいると思いました。
"基礎があるから遊べる"創作家共通の心得ですね。

1/10は原始的な音楽創作Band、
伍佰&ChinaBlueを味わうことができました。
これが私の感想です。


どの曲も風味を保ちつつ、進化してゆく道のりが
ありますが「黄色月亮」だけは、何回聞いても
初めて聴くような衝撃があります。
「黄色月亮」は很エキゾチック(exotic)。奇怪&異色です。
「黄色月亮」←感覺永遠的新歌。不用重新(笑)。

058.gif[今夜做菜]蛋包飯 洋葱湯
e0066135_3135059.jpg



Wake Up音樂祭2015
期間:2015.07.17~07.19
伍佰&ChinaBlueの出演は7/19のトリ
場所:嘉義文化創意產業園區
(嘉義市中山路616號)
伍佰&ChinaBlueは"射日星球"舞台
チケット発売:コチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2015-03-10 02:35 | 迷上伍佰 | Comments(0)