[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[池上秋收稻穗藝術節]10/28・29[演唱會]大連場11/25、南京場12/24、廣州場1/20[台湾限定演唱會]台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

伍佰さんが撮った美しくない台北の魅力「看見伍佰的台北」

e0066135_17323027.jpg
表面上我想攝影是很單純的活動。很多人喜歡攝影。
有很多種攝影的目的。
看了紀實攝影電影「看見台湾」。
一言以蔽之"深刻的傷害"。
透過攝影發現重大的事情後.向那些裡面進入一步很難..
已經不是欣賞作品,是收到警告的感覺。
攝影是拍實景,不是繪畫,不是CG。
我覺得自己也要努力一步一步解決。

看伍佰的攝影書好像跟伍佰見到面一樣的。很開心。
伍佰也拍實景,照片裡看到他跟台北天天一起過生活的樣子。
可以知道伍佰和城市的喜悦和傷害,哀愁,
還有伍佰一直想念故鄉的心情。
伍佰的攝影書有點伍佰跟我一起上班的感覺,哈哈哈。
我想起了伍佰之前有講(/寫)過喜歡"路上閑逛"的事。
我越來越有趣欣賞伍佰攝影的作品。


ここから日本語。
上空から台湾の風景をひたすら撮影した
台湾映画「看見台湾(邦題:天空からの招待状)」を遅ればせながら
先日観てきました。



美麗的寶島と呼ばれる台湾の圧倒的な自然と人の美しさと
自然破壊によって危機的な環境にある台湾の自然と人の残酷さを
空撮で対比させ物語る....というより生命の危機を警報する映画でした。
何冊もの環境本を読むより一目瞭然な危機状態を目の当たりにし、
その衝撃が大きすぎて映画の感想が書けません。。。でした。

私も毎日、生活するために自然様を破壊している人間の一人ですから、
私より多く自然様を破壊しているからといってその人間や企業に対して
モノを言うのは矛盾だらけで難しいです。
ゆえにこれからより地道に"ECO活動"に協力する所存です。
そして環境保護のために尽力する開発者の皆様に心から感謝します。
e0066135_23224342.jpg


昨日、伍佰さんの写真集のインタビューが台湾の雑誌2冊に
掲載されているということでFacebookに告知がありました。
「看見台湾(邦題:天空からの招待状)」を観た後に思い出したのが
伍佰さんの写真集の事でした。
伍佰さんの写真集は伍佰さんがヘリコプターに乗って撮った台湾では
ありませんが、"伍佰さんが自分の生活というヘリコプター"
乗って撮った台北です。嘉義から台北へ北上してきた移民の眼で
飛行する伍佰さんのヘリコプター。

「看見台湾」を観た後になぜ伍佰さんの写真集の事を
思い出したかというと、グチャグチャの電線やバイク、
道路、職場、日々出会う人々等が綴られた写真集には、
どちらかというと"産業と人の詩"を感じたからです。
「看見台湾」に出てくる台湾の土地に住む伍佰さんの生活は如何が?
そんな視点に私の眼は変化しました。
伍佰さんは取材で何度も台北の綺麗な風景を撮ったわけではない
と言っていました。
台北の街は綺麗じゃないけど、人の心は綺麗だとも言っていました。

雖然台北並不漂亮,但每個人心裡都很漂亮

台北巷弄不會漂亮的,因為這是討生活的基本款,
摩托車停的亂七八糟不會好看,但這充滿了生活的痕跡


伍佰さんが撮ったのは台北での自分の生活、自分の思考、時間の流動感で
看到我的生活,我的思考,時間的流動感
台北はバイクがゴチャゴチャに停まり綺麗とは言えないが、
そこには人の"生活痕"が充満していると言っていました。

時々逃げたくなるような街(台北)こそ、
都会の生活感が存在するもの?....ウッ。
東京でいうと渋谷や新宿みたいな疲労する街でしょうか(個人観)。
私は歌舞伎町へ行くと強烈な生活感に母性(爆)と神経が疲れます。
台北の方がずっとのどかです。

私は東京から逃げたくなって台湾へ行く派なので
老實說我不太喜歡台北(^^:::::::::::::::::)。
(本当のことを言うと私は台北があまり好きではありません)
もし台北が私の好きな街だったら「伍佰・台北」は誕生しなかったでしょう。

我超喜歡伍佰桑的故郷...
なぜなら絵に描いたような理想の故郷風景があるから。
伍佰さんが台北を離れて北海道の真っ白な世界へ行きたい気持ちと同じです。

伍佰さんが今の台北生活を唱ったと思われる曲に
「寂寞叢林」があります。
曲名に使われる"寂寞(さびしい)"は負面な言葉では無く、
この歌は伍佰さんの"奇妙な生活讃歌"だと思います。
この歌と今回の新書「伍佰・台北」の思考は共通しますね。

「寂寞叢林」の歌詞より↓
♪這樣生活覺得很舒服
(こんな生活は気持ちがいい)

私の好きな落語の根底は「業の肯定」ですが、
伍佰さんの撮影の根底も「業の肯定」に見えます。
伍佰さんは意外と日本人の感性と近い。
そもそも伍佰さんが描く世界と伍佰さん自身も
日本の古典「落語の精神」に通じる部分があるかもしれません。

伍佰さんの写真集のインタビューが載っている
台湾の雑誌2冊のうちの一冊↓
Fanはこの最近の伍佰さんの写真がカッコイイと
取材内容には反応無し(笑)。素直な台湾朋友が可愛い(笑)。
伍佰さんは歳を重ねたカッコ良さと秘蔵のカッコ良さが
上昇中のようです。今からカッコ良くなるんですか〜(尊敬)。
老也武器。



Wake Up音樂祭2015
期間:2015.07.17~07.19
伍佰&ChinaBlueの出演は7/19のトリ
場所:嘉義文化創意產業園區
(嘉義市中山路616號)
伍佰&ChinaBlueは"射日星球"舞台
チケット発売:コチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。

日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2015-02-10 23:21 | 迷上伍佰 | Comments(0)