[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[池上秋收稻穗藝術節]10/28・29[演唱會]大連場11/25、南京場12/24、廣州場1/20[台湾限定演唱會]台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

伍佰さんは「一起:Together」と「分享:Share」の人?

e0066135_024638.jpg
↑回家路上、我。

伍佰さんは常にお忙しい人ですが特に4月から先日5/3まで
いくつテレビ番組を収録し、いくつの都市を回って、いくつの舞台を踏んだのだろう。
と傍観者の私まで眼がまわる忙しさでした^^:
ステージは私たちもネット中継等で見られる表の部分ですが、そこに至るまでの
私たちが見えないお仕事の部分も想像すると拍手を贈りたいくらい頑張ってました。
そんなハードスケジュールにも係わらず、伍佰さんの印象はとても可愛らしく
懸命で、遊び心にあふれていてまた女性Fanが増えそうと思いました(爆)。
伍佰さんと言えば客席男性ばっかり・・そんな時代は集結しそうです(大笑)。

はたと自分を振り返ってしまいました。
私はほとんど一人二人の室内にこもって仕事をしていて、作業に入ると
自分の姿等を気にしなくなるので人に見られる「表の部分」が
恐ろしく少ない毎日です。
自分の「表の部分」を見るのもなんだか気が進まず鏡もあまり見ません。
鏡を見ないなぁ〜と最近よく思っていたところ、荒木 経惟さんの本を思い出しました。
e0066135_1215030.jpg

今日は、何度か読んでいるアラーキーの本「すべての女は美しい」を
再び読みながら、彼の眼が追っている物を私もいっしょに追っていました。
女性は極力至近距離で写真を撮りたいと荒木さんは言ってて、
近距離でLIVEをしたい伍佰さんと似てると思いました。
近距離撮影=近距離LIVE...
私は雰囲気派なのでいつも興奮や歓喜は「距離」の問題じゃないと
思っているのですが、至近距離じゃなきゃなし得ない事もあるな、と
今回は自分の思考を折り、少し広げてみました(笑)。


しかし、あんまり至近距離になると私は逃げたくなるのよねぇ。。。
空間がある方が好きとか言い訳します。
結論として「距離を置く自分」を今日は少し改善しようかなと思いました。
これは進歩なのか、後退なのか。
明日から様子をみます。

最近、伍佰さんは「距離を置かない人」のように思えてきました。
以前は「距離を置く人」だと思っていましたが、
本当は「一起:Together」と「分享:Share」が好きな人なのだと思えてきました。
私も「一起」と「分享」の人になれるだろうか。。?



伍佰&China Blue 2014 "無盡閃亮的世界"巡迴演唱會
[チケット購入]発売中!!
寬宏售票系統(コチラ)
※海外Fanも会員になれば購入できます。チケットの海外発送はありませんが、
クレジットカードで買えば公演前日までにという条件で
台湾のコンビニからチケットを引き出せる方法があります。
この件についての詳細はコチラをご覧下さい↓
"網路購票信用卡付費 の「3.網路購票-採」"のところ。
http://www.kham.com.tw/ticket2.htm


[台北場]
時間:2014年6月14日(土)、6月15日(日)
場所:台北小巨蛋
価格と座席図:台北版はコチラ

[高雄場]
時間:2014年10月18日(土)
場所:高雄巨蛋
価格と座席図:高雄版はコチラ



e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-05-08 01:15 | 迷上伍佰 | Comments(0)