[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[池上秋收稻穗藝術節]10/28・29[演唱會]大連場11/25、南京場12/24、廣州場1/20[台湾限定演唱會]台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

3/13廣州にLIVEHOUSE「中央車站展演中心」誕生

e0066135_1504962.jpg

台灣の“滾石唱片(ロックレコード)"が廣州にLIVE HOUSEを完成させたNewsが
先週から大陸方面に流れていました。
LIVE HOUSEの名前は「中央車站展演中心」。
座席が800程あるようです。
3/13からOPEN。開幕日は周華健さんがLIVEを行います。
見たいな~LiveHouse版の華健さん。
続いて、伍佰さんの名前があがっています!!!!!!!!!!!!!!(時期未定)
e0066135_1473356.jpg



[以下滾石唱片段鍾潭氏の解説↓]
1年かけた設計と音響設備は日本の会社が担当、提供しているとのこと。

段鍾潭信心十足地說,相信在大陸甚至香港台灣地區,都還沒有這麼高端的一個演出場所。這是他心目中最極致的LiveHouse。他介紹,“中央車站”在硬件上創造了各種“內地第一”,整體花費1200萬人民幣,“光是在音響上就用了500萬,花了一年時間來設計、安裝,由日本公司設計、提供器材。”舞台兩側懸掛的兩排法國進口KARA音響,段鍾潭說大型的演唱會用的也就是這些。

e0066135_255287.jpg


なるべく北京、上海から離れたところにLIVEHOUSEを創りたかったようです。
まさに投資(闘志?)、とても挑戦的な試みなのですね。

“说到建中央車站真的可謂是说來話長。滾石最近十年一直在困惑、思考和休整,從縱貫綫、滾石30演唱會到現在的中央車站,我覺得算是滾石的一次重新出發。”段總表示,選址廣州是因為他們希望盡量避開北京、上海,廣州目前還沒有這種規模的場地,所以可以嘗試一下。他還打趣:“廣州的演出市場非常難,大家都不願意來廣州,那我們就建個小點的,這樣说不定就會吸引多一點投資不大的演出到來。”

廣州。施設は「羊城創意産業園」の中にあるとのこと。
(中国廣東省廣州市天河区黄埔大道中‎)
大陸でのLIVEHOUSE展開がどのように定着するのか予測ができませんが、
毎月のように誰かがこの会場でLIVEを行う事で廣州=ROCKのイメージが
建立されてゆくのではないでしょうか。
ふと東京でもどこかで誰かが毎日のようにLIVEをしているんだと思い、
ざっと都内のLIVEイペントを調べてみました。
無くなるLIVEHOUSEや新しいLIVEHOUSEの情報を改めて知りました。

[2/28のLIVEスケジュールを調べてみました]
東京ドーム:2月28日(金)無し
(2月26日(水)THE ROLLING STONES 14 ON FIRE JAPAN TOURがあった)
日本武道館:2月28日(金)Eric Clapton JAPAN TOUR 2014
渋谷公会堂:2月28日(金)NSC大ライブTOKYO2014
Zepp Tokyo:2月28日(金)無し
日比谷野外大音楽堂:2月28日(金)無し
東京国際フォーラム:2月28日(金)無し
クラブクアトロ:2月28日(金)曽我部恵一 ライブツアー 2014「ハッピー」
LIQUIDROOM:2月28日(金)長澤知之
赤坂BLITZ:2月28日(金)無し

渋谷AXが5/31で営業終了だそうで、、今知りました。


e0066135_235688.jpg伍佰&Chinablue「無盡閃亮的哀愁」
2013/12/13発売。
日本の皆さんもコチラで購入できます↓
[HMV]で購入はコチラ
[YesAsia]で購入はコチラ
[博客來網站]で購入はコチラ

by hachinoji7 | 2014-02-28 02:16 | 伍佰氏業務連絡 | Comments(0)