[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[今夜伍佰8]高雄場4/14・15、台東場4/29、廣州場5/20[演唱會]Lasvegas場5/26、NewYork場5/28、佛山場6/3、青梅場6/23,24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

8/24大高雄超級"台灣魂"搖滾日!!(SETLIST)

e0066135_2342921.jpg

ありゃ、画像が小さい..大きいのはコチラ

そもそもエアロスミスを呼ぶという企画は、台湾の観衆にとって
適切だったのかな・・と疑問に思うほどいつもにも増して
8/24の「大高雄超級搖滾日」は濃厚な台湾搖滾フェスティバルとなって終わった模様。
Fanの様子や新聞記事を読むと伍佰さんの21曲(好多了)の台湾語ROCKとMCのおかげで
現場はとても盛り上がり、直前の危機も最後には救われたように見えました。

伍佰搖滾大高雄 全場High唱

伍佰さんが持っている強烈な「台湾味」は伍佰さんの
"天然の力と美"だと私は思っています。
それを主題にしたら無敵。
磨けば磨くほど最強だよ(今回は毎日10時間くらい練習していたらしい)。
武藤敬司さんで言えば必殺技「閃光魔術」のようなものでしょう。
伍佰さんの「台湾味」=武藤さんの「閃光魔術」?
無敵な技ゆえ、向き合い方や見せ方に特別な思考があるかもしれない。

台湾の伍佰Fanは伍佰さんにいつも強く「台湾語」の新譜を要求しています。
Liveでも「台湾語」の曲は盛り上がります。
その傾向は、伍佰さんがどこへ行っても「浪人情歌」を歌ってくれ、
といわれる揺るぎない外部からの要求に似てるように思います(^m^)
伍佰さんは活動に於いて、標本のように固定されたイメージを保つ事や
要求される事が一番嫌だと言っているので、嬉しい反面、相手のイメージを
破壊して新しい自分の世界を表現したい気持ちもあるはず・・。
そして誰よりも台湾語の歌を歌いたいのは、台湾音楽を愛する伍佰さん本人でしょう。
これは愉快なテーマですね。

今回の「台湾味」なLIVEを終え、伍佰さんは
何か新しい可能性を発見しましたか?
震撼するものはありましたか?
今回は日本から眺めているに過ぎなかった私ですが
伍佰さんの「台湾味」はまだまだ進化させることが
できると思いましたよ。



9月3日発売!!生命的現場Live DVD・Blu-ray Disc
e0066135_21203713.jpg


e0066135_1133972.jpg伍佰&Chinablueの20週年大感謝台北演唱會 LIVE CD 3枚組「生命的現場」
2012/12/21発売。
日本の皆さんはコチラで購入できます↓
yesasia購入サイト

Commented by おぐら小亀 at 2013-09-03 10:04 x
はちさんは エアロスミスの曲やライヴを結構知ってますか? ボク40年ぐらいロック聴いて300回ぐらいいろんなコンサート見てきましたけど、エアロスミスはライブバンドとして圧倒的に最高峰にあるバンドのひとつという意見です。

さすがに年取ったので、80年代~90年代の爆発力はないですが、台湾にせよ大陸にせよ、アジアのロックファンも本当の本物を見る機会があった方が、ミュージシャンを育てる力がつくのだろうと思います。

日本は70年頃から欧米のバンドのコンサートも多く、その影響の中から良いバンドがたくさん出てきました。伍佰さんもアメリカなどで良いバンドをたくさん見てきたことでしょう。

その観点からすると伍佰さんもエアロスミスが来られなかったことはとても残念に思っているのではないでしょうか。機会があったら聞いてみてくださいませな。
Commented by hachinoji7 at 2013-09-03 20:46
ものすごい残念です、でも、、今回は観てほしい観衆との折り合いがつかなかったようです。
エアロスミスのライブは2回行きました、アルバムやlive映像もだいたい見聞きしてきましたので、fanとしては成功してほしかったです。伍佰さんも残念だと言ってましたよ。だけどそうも言っていられないので突然自分たちがこの企画のメインとなって、エアロの分もがんばったようです。
Commented by hachinoji7 at 2013-09-03 20:57
上海公演と台湾公演はセットだったのではなかろうか。。契約として。素人のくせにいろいろ考えました。
Commented by hachinoji7 at 2013-09-03 21:08
一番言いたいことを書き忘れました。ただここまで自分たちの土地の音楽を愛する台湾人は素晴らしいなと思い、そんな気持ちでこの日記を書きました。
Commented by おぐら at 2013-09-03 21:11 x
上海に引きずられてキャンセルになったようにも見えますが、わかりません。契約上約束したことが守られなかったのでキャンセルした、という発表のようですが、行く予定でなかったので余り情報を探しませんでした。

通常大陸と台湾ではプロモーターが違うように見受けられますが、わからないです… もったいないですよねぇ。
Commented by おぐら at 2013-09-03 21:15 x
あ、一番言いたいことの部分を読む前に投稿してしまいました。なるほど、主旨はわかりました。

ボクはサザン聴かないんですけど、台湾迷の雰囲気はサザンのファンみたいな感じなんでしょうかね… (ボクは大陸しかコンサート行ったことないのでわからないんです) 動力火車なんかに対しても台湾迷は同じような感じなのでしょうかね。
Commented by hachinoji7 at 2013-09-03 21:44
今回は上海と台湾、同じ台湾のプロモーターなのですぅ。伍佰さんたちとも仲が良いプロモーターのようなので彼らもエアロの上海公演を自分たちのWEIBOで珍しくプッシュしてまして(^^:。私まで協力せねばと思ってエアロの上海公演をプッシュしてたのです。
あ〜伍佰さんたち、このコメント欄見てるかも(爆)。
なんて赤裸裸な会話。。。
中華圏の音楽迷ももちろんエアロFan多いはず。でも会場と料金が大きすぎたかなぁ。。正直海外アーティストの台湾公演の中止は多いようです。私がたまたま行ったエアサプライ台湾公演は満席でした。
by hachinoji7 | 2013-08-27 00:24 | 迷上伍佰 | Comments(7)