[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[池上秋收稻穗藝術節]10/28・29[演唱會]大連場11/25、南京場12/24、廣州場1/20[台湾限定演唱會]台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

懸命に立ち上がろうとしていた老人と私

e0066135_2382457.jpg


昨日は「大丈夫」という言葉に2回出会いました。
ひとつは伍佰さんが7年前に日本でスキーをしていて転倒し
左足靭帯損害という怪我をしていたという記事で見ました。コチラ
転倒した時、颯爽と滑ってきた女の子に「大丈夫?」と問われたそうです。
その時の恥ずかしい気持ちと「パン!!」という切れる音がして
決して大丈夫ではなかったその入り混じった状況が短い記事からよくわかりました。
靭帯損害はなかなかあっさり治るものじゃないようですから、
今回のような大きなアイススケートのお仕事を受けて大丈夫(また、出た大丈夫)なのかしら?
と心配になってしまいました。
ちょっと後悔していると笑って言ってます↓
でも初めてのわりには滑っていますが→動画がコチラで見られます
e0066135_252479.jpg


そんな記事を読む前に私は帰り道に一人の老人に会いました。
老人は道路の端にしゃがみこんでいました。
辛そうな顔をして震えていたので具合が悪いのかと思いました。
震えていたのは力を入れていたからで、辛そうにしていたのは立ち上がろうとして
懸命に動かない体を持ち上げようとしていからです。
私は手を差し伸べて老人が立ち上がるお手伝いをしようと思いました。
「立ち上がれますか?」
「私の手につかまってください」
「大丈夫ですか?」
どれも不適合な言葉だと思い、なんて声をかけて良いか一瞬迷いました。
そうだ、老人の意思を聞こうと思いました。
こんなに頑張っているのだから、具合が悪いわけではない、、
自分で立ち上がりたいと思っているかもしれないと思って手を差し伸べつつ
「立ち上がりますか?」と声をかけました。

老人は優しさのある悲しい瞳で私を見上げました。
老人は足腰がとても弱っているようでした。でもここまで来たのだ・・
老人は「大丈夫」と私に言いました。
私は老人を一人おいて通り過ぎなくてはなりませんでした。
足腰が弱るのだ・・私の母もリハビリ中です。

見かけは老人ですが、私は老人はこの世にいないと思っています。
自分を考えればそうとしか思えません。
見かけは老人だった昨日の男性も心は老いていないはず・・
心に20代や30代・・60代もないでしょう。。
花は何時見ても花だし。感動は同じでしょう。老いて何が変わるのだろう??
私も中身は変わらず老いてゆくのだなぁ・・としみじみ思う今日このごろです。
このギャップをどう埋めてゆくのかが今後のテーマでございます。
見た目なんてついてくるものだから、気にしなくていいのかな。
まわりから「大丈夫?」と言われるようになったらどう返事しよう。。
きっとその年頃になっても音楽を聴きに行ったり、絵を描いたり
とほけたことを言いたい私に違いない。



e0066135_1133972.jpg伍佰&Chinablueの20週年大感謝台北演唱會 LIVE CD 3枚組「生命的現場」
2012/12/21発売。
日本の皆さんはコチラで購入できます↓
yesasia購入サイト

by hachinoji7 | 2013-05-04 03:17 | 迷上伍佰 | Comments(0)