[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[池上秋收稻穗藝術節]10/28・29[演唱會]大連場11/25、南京場12/24、廣州場1/20[台湾限定演唱會]台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

四處閒晃・・私にできないのはなぜ?

e0066135_143525.jpg

我那叫做「一千」的高中同學在福建工作,
毎到廈門一定抽空帶著只有他二分之一面値的我四處閒晃。
( 伍佰攝影書「風景」30頁より)

四處閒晃・・
伍佰さんには福建で働く「一千」という高校時代の同級生がいて、
彼は伍佰さんが廈門へ行くと毎回必ず時間をみつけて
彼のたった半分の価値しかない伍佰さん(千の半分だから・笑)を
あちこちブラブラと連れ歩くそうです。


久しぶりに伍佰さんの写真集を読んでいます。面白いです。
「千佳」という名前を持つ私は、この一文を読んで笑ってしまいました。
「一千」さんをこっそり見てみたいです。他人とは思えないです。
「一千さん」のように遊びに来た友達をあちこち連れて歩きたいものです。
しかし、私にはそれができません。好きな場所はあるけど、
遥々来た友達に見せるような場所じゃないからね。
伍佰さんの旅の風景写真と文章を読んで日本へ行きたくなったという
台湾のお友達が何人かいます。
最近もそんな台湾のお友達がいて改めてこの「風景」と「故事」という
伍佰さんの写真集を見ていました。
日本・・東京へもしその友達たちが遠くから訪ねて来たら
どこへ連れて行ったらいいか、私にはさっぱりわかりません。
台湾朋友はディズニーランドへ行きたいようです。
ここにまだ踏み込んだことがない私は何のアドバイスもできません(汗)。

伍佰さんが日本を好きな理由のひとつは、至る所に「哲学」が
存在しているところなのだそうです。"禅"の心を感じるそうです。
そうですね・・。
伍佰さんのエピソード話もどこか哲学的です。可愛い哲学。
伍佰さんの視点はいつも"形状"や"物体"のユーモアを追っているように思います。
その追い方がユニークです。
そういう視点でモノを観てる人となら東京をただ散歩してるだけでも
楽しいかもしれないなーと思いました。

台南のお友達からいただいた絵はがきを伍佰さんの写真集の栞に
使うことにしました↑謝謝貝貝さん。


e0066135_1133972.jpg伍佰&Chinablueの20週年大感謝台北演唱會 LIVE CD 3枚組「生命的現場」
2012/12/21発売。
日本の皆さんはコチラで購入できます↓
yesasia購入サイト

by hachinoji7 | 2013-03-24 02:47 | 迷上伍佰 | Comments(0)