[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[演唱會]深圳場8/26、合肥場9/9、シンガポール場10/7[台湾限定演唱會]高雄巨蛋9/23、台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

伍佰さんのCD「生命的現場」のジャケットはなぜ燃えている絵なのか?

e0066135_2365417.jpg

今夜は、今年1月始めに公開された北京の伍佰さんのインタビュー番組
「搜狐視頻《先鋒人物》伍佰:我是一個當真的人(20分24秒)」を見ました。
(下記にリンクしたので見てね)
中国語だし、深夜に翻訳しながら見るのは結構疲れるのですが、
見てよかったです。大切なインタビューでした。大きく焦りました。
すでにラジオで話していることかもしれませんが、字幕がないと私はわからないので
この番組を見て初めてLIVECD「生命的現場」のジャケットの炎の意味がわかりました。
(といってもジャケットについて語っているわけではありません。
伍佰さんが「生命」についての考え方を述べていて私が理解した事です。)
e0066135_174961.jpg

印象に残った言葉「生命・燃焼・烙印」
伍佰さんは時々「烙印」という言葉を用いる。
インタビュー番組の最後の方でも「烙印」と言っている。
LIVECD「生命的現場」のジャケットになぜ「炎」の絵を使っているのか
このインタビューを聞くとよくわかった。
「炎」ではなく「燃焼」だったのだ。ジャケットの意味を改めて知る。
自分を「燃焼、Burning」させることが伍佰さんの生命の考え方。
そして、その燃焼はひとつの「烙印」として人生や時代に刻まれるような
価値あるものでありたい、そう考えているのかな、、伍佰さん。
あああ....女性の私にはとても男性的な考え方で盲点だった。
私はなぜCDのジャケットが燃えているのかわからなかった(^^:::
なぜなら、私にとって「生命」は常に「誕生」のイメージ。
人それぞれが持つ「水源」のようなものから何かを生み出す感覚を持っていた。
「燃焼」という感覚はなかった・・・。

伍佰さん的生命は「燃焼」
私(千佳)的生命は「誕生の水」


有趣・・・。我們不同(笑)。

印象に残った言葉「窓に刺す光線はとても奇麗」
伍佰さんはいつも街や自然や人の光景を詩的に眺めている・・それが歌になる。

印象に残った言葉「間に合わない」「一度に3曲創る伍佰さん」
オレの凄いとこらしい。3枚紙を用意して同時に作っていく、
というジェスチャーが面白い。上から2番目の写真↑
最後に奇麗にそろって全部できた時の伍佰さんのご満悦な笑顔が目に浮かぶ。
伍佰さんは実は相当「配分好き」だと思う。しかも快速配分(笑)。
期限に追い込まれないとやらないけど最後に一気に爆発する。
ワタシだよ、そりゃ。

そんなインタビューです↓
搜狐視頻《先鋒人物》伍佰:我是一個當真的人(20分24秒)
http://tv.sohu.com/20130104/n362306454.shtml#



e0066135_1133972.jpg伍佰&Chinablueの20週年大感謝台北演唱會 LIVE CD 3枚組「生命的現場」
2012/12/21発売。
日本の皆さんはコチラで購入できます↓
yesasia購入サイト

by hachinoji7 | 2013-02-23 02:48 | 迷上伍佰 | Comments(0)