[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[今夜伍佰8]廣州場5/20[演唱會]佛山場6/3、青海場6/23,24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[感想記] 簡単生活節は伍佰&chinablue劇場

e0066135_23573316.jpg

Clickすると拡大します↑

台北で毎年行われている「簡単生活節」に一度行ってみたかったのでした。
公式サイトはコチラ
第一回目の「簡単生活節」では伍佰&ChinaBlueと李宗盛さんが
李宗盛さんの曲「生命中的精靈」を共演していました。
youtubeで聴いたその「生命中的精靈」は随分と伍佰さんが「伍佰風」に
アレンジしていて原曲がさらに神秘的になっている感じがしました。
聴きながら今までに何度「かっこいい」と叫んだことか・・。

その動画を見て以来、伍佰さんの音楽創作活動には「簡単生活節版」なる分野があって
「簡単生活節」は伍佰さんのひとつの創作発表の地である、
という位置づけが私の印象の中にありました。

「簡単生活節」の会場では、音楽だけでなく「創作をする人」すべてに扉が開かれていて
絵画や工芸、書物、衣服、食べ物、環境等に関する「創作品」が発表されていました。
流行や既存のものに頼るのではなく、自分たちの発想で創ったものを
生活の中に取り入れ生きてゆくことの大切さを教えてくれるイベントでした。

e0066135_3331578.jpg


「簡単生活節」で音楽を発表する人たちも同様で
「簡単生活節」の粘土でどんな形の音楽を創って発表しようかな)))
という感じの冒険的試みにおいてはアマチュアのBandも
伍佰さんたちのような大御所のBandも同じ起点であるところが
観る側も演奏する側も楽しそうな音楽フェスティバルでした。
そうなると俄然創作に燃えるのは伍佰さん!!!
破壊して俺流にすることに長けている伍佰さんは課題や壁があった方が
パワーアップすることを私は知っている、フフフフ。
この地に行けば何か特別な伍佰さんの音楽が聴けるような気がしていました。
正解〜♪行ってよかったよぉ。この充実感・・・。

e0066135_3383214.jpg


伍佰さんのテーマは「只有情歌」。今年の「簡単生活節」のテーマは「WILD」。
伍佰さんがラブソングしか歌わないと宣言していたので私は
「うっとりと草地でラブソングを聴く圖」
勝手に想像していました。しかし、実際は大雨で泥土まみれ、
黄色いカッパをかぶり疲れを通り越した眼はいささか野性味を帯びてギラギラ。

そんな中、伍佰さんが出てきた時は嘘のように雨が止み、
何やら天候までも「この人の歌を聴きなさい」と言っているようでした。
雨が止んだばかりのかすんで湿った空気と夜空は、
この日の伍佰さんたちの演奏には絶妙な舞台効果となりました。

e0066135_3414739.jpg


私たちは背が低いのでグイグイと前に進み五列くらいの位置にいました。
伍佰さんが情歌を歌う時は表情も見逃せません。
伍佰さん自体が「情歌」ですから(え?)。
今の伍佰さんから滲む「情歌」は歌を聴いているというより
実際に「道」を踏みしめて歩いているような感覚になります。
コンクリートだったり、落ち葉を踏んでいたり、どこかのフロアだったり・・。
身に覚えのある感触がふと蘇ります。

今回は、聴き慣れた曲もあるし普段聴かない珍しい選曲もありましたが、
演奏した15曲には一貫したドラマがあり、
今回用に創られた伍佰さんたちの新作「簡単生活節劇場」を観ているようでした。
舞台で詩を読んだり、赤い蝋燭を立てた演出は芝居小屋にいるような感覚でした。
どんなに素敵な照明も蝋燭の灯りの魅力にはかないませんね。
伍佰さんたちとシンプルながら深い時間を共有できた喜びもありました。

e0066135_3202391.jpg


そう・・伍佰さんたちは今回もまたまた曲を新しく創り変えていて
創り変えたゆえに演奏形式も変えていて、このイベントのために
ここまで工夫を凝らすのか。。。と唖然としてしまいました。
ツアー中だし新譜も出るし、どれだけ忙しかったか知っているので、
このような新作舞台が展開していることに驚きながら観ました。
とてもアーティスティックで純粋な音楽會を堪能できました。。
丁寧に歌ってましたね。。伍佰さん。
声がすごく空に向かって出ていた感じもしました。
野外の魅力ですね。野外の声は室内の声には出せない情感があります。
私は俄然、野外の声と演奏が好きですが・・そのせいです。

珠玉のSETLISTを絵の中につけました(一番上の絵↑)
曲目というより「シーン」と言いたい感じです。
この日の公演LISTと演奏形式は私の名盤となりそうです。
今度、いつ「簡単生活節」に出てくれるかわかりませんが、また挑戦してください。

日本でもこのような創作性豊かで風土感のある音楽祭が企画されれば、
伍佰さんたちをお招きして観られる機会もあるような気がしました。
台湾で泥まみれになってとても心身ともに奇麗になった心地がしています。
いい二泊三日でした。謝謝、伍佰&ChinaBlue。
e0066135_3195894.jpg



e0066135_3102021.jpg伍佰&Chinablueの20週年大感謝台北演唱會
LIVE CD 3枚組「生命的現場」12/21発売。
日本の皆さんはコチラで予約できます↓
yesasia購入サイト




by hachinoji7 | 2012-12-09 03:29 | 迷上伍佰 | Comments(0)