[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[池上秋收稻穗藝術節]10/28・29[演唱會]大連場11/25、南京場12/24、廣州場1/20[台湾限定演唱會]台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

伍佰さんの「娯楽論」と華仔の歌「纏綿」('94)

e0066135_243383.jpg

↑うーん。。伍佰さんまで談志師匠に見えて来ました(爆)。
奥田Tさんも時々談志師匠に見えるんですよね。談志師匠に国境はない・・

12日に上海コンサートの記者会見を行った伍佰さん。
とてもお話が絶好調だった様子で短い時間ながら、20年間の伍佰さんの所感が
凝縮されており、要点がたくさんつまった記者会見でした。

写真と下の記事の元は、コチラです(來自:2012年11月13日14:19 天天新报)↓
孤独歌者柔情铁汉伍佰:我化成灰都是歌手

インタビューでオレもファンも20年間孤独だったと言うてます。
伍佰さんの言う「孤独」は、世の流行音楽から外れちゃってるとこで、
ひたすら「伍佰」を演っていたから、ということかな〜。
そうそう、台湾の伍佰Fanの友達からも伍佰のFanになって
「孤独だった」という発言を多々聞きました。私は驚きました@@
「孤独」だと思わなきゃ「孤独」なんてないのに(爆)。←我是很單純的人
周りと自分をあまり比較しない私は「孤独感」の理解が欠けているのでした。
それに孤独は凄いと思っていました。「自分の世界」の象徴みたいなものだもん。
「キミは一人じゃない」と言われる方が少しがっかりします。
「孤独」にもいろんな種類があります。音楽や絵は「Welcome孤独」です。
でも人間は「共感する生き物」だと学びました。
「共感」することで発展があるのです。「孤独」も「共感」せねば(^^)

伍佰さんは自分の世界を外へ伝達(共感)させる媒介として
「流行音楽」や「娯楽」などに関わる活動を活用していたようです。
だから記者会見や授賞式などのメディアの集まるところへも
積極的に参加していたと話していました。いつの間にか「お花ダンス」も
伍佰さんにとっては媒介になっていたようです。
「お花ダンス」は世代を問わずみんなが愛する大衆曲に化けてしまい、
この曲を聞きたくて踊りたくて人が集まります。
確かに強烈な媒介だ〜。
自分の音楽をその媒介から伝達してゆけば良いということしょう。
音楽は高級なものではない、音楽が持つ娯楽性が多くの人々との媒介になっている、
伍佰さんは「娯楽の意義はそこにある」と言っています。
「お花ダンス」・・私はとてもカッコいい曲だと思ってます。
ギターの奏で方なんてカッコ良くて鳥肌立ちます。

なぜ、そんな風に「流行音楽」を媒介としてとらえるようになったのか、
伍佰さんはデビュー当時に華仔のMTV「纏綿」を見てそう悟ったそうです。
ハハハハ!!!華仔がここで登場するとは(><)
伍佰さんの話はこういうところが面白いです。そんな話をしていました↓

堂堂一介rocker要跳舞,问他是否多少还必须对市场做些妥协?他不以为意说自己票房、销量“都还行”。“看你要不要上这辆列车。我刚开始很厌恶收音机里听的流行歌,结果第一张国语歌《爱上别人是快乐的事》就死得很惨,第二张觉悟了,不该用西方眼光来思考,也应该听听刘德华,第一次在外国MTV台听到《缠绵》,突然明白我们需要用流行音乐这个载体来传达我的想法。所以,记者会要开,拍照要拍,颁奖典礼要去,尽管所有颁奖典礼都好似事不关己,但这是载体。”伍佰强调花朵舞也是一个载体,“你不要觉得你的音乐有多高级,我最受不了这种想法,音乐不是生命也不是最高级的事。我希望它影响很多人,这不是娱乐真正的意义吗?”

では、その華仔の曲をどうぞ↓


058.gif11/14に作った料理、お茶漬け、厚揚げ豆腐のバター炒め(大葉巻き)、ワカメの酢の物
e0066135_11462760.jpg


e0066135_3102021.jpg伍佰&Chinablueの20週年大感謝台北演唱會
LIVE CD 3枚組「生命的現場」12/21発売。

Commented by benqiao at 2012-11-15 23:23
「映画 立川談志」の予告編を見た~。
高座見たことないけど、見に行きたくなったよ。
Commented by hachinoji7 at 2012-11-18 01:07
どんな映画なんでしょう~。きっと可愛いはずだ(^^)
by hachinoji7 | 2012-11-15 03:55 | 迷上伍佰 | Comments(2)