[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[演唱會]深圳場8/26、合肥場9/9、シンガポール場10/7[台湾限定演唱會]高雄巨蛋9/23、台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

伍佰さんの搖滾は無形式・無限主義?!

e0066135_15422647.jpg

My新浪微博経由で伍佰さんの雑誌情報〜♪

日本で言うROCK雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」のような雑誌でしょうか。
10月初旬発売の台湾の搖滾誌「Gigs」 10月號は
伍佰さんが表紙で特集が組まれているようです。


たくさんの方が伍佰さんに向けて原稿を書いてくれているようです。
特集の内容↓[來自:コチラ]

封面故事
Fighting一萬年 遭遇伍佰
「我沒有變成標本被釘在牆上,那是我最不能忍受的事。」

鐵打真情--專訪伍佰
「我做的是心靈上的搖滾,不是形式上的搖滾!」
伍佰總是要走得更遠,甚至是飛了! | 翁嘉銘
伍佰錄音室專輯全介紹 | 陸君萍
咱的伍佰 | 五月天瑪莎、1976阿凱、川秋沙林文森、曾淑美、林如君
KING of Live伍佰現場評析 | 中坡不孝生
伍佰與時代精神 | 張鐵志
四哥導聆:〈樹枝孤鳥〉


これはぜひ読みたいです。
20周年記念号として読みたいと思います。

"不是形式上的搖滾"

わぁ。伍佰さんの心の叫びが伝わってきます)))
その境地まで飛べて表現できる音楽家は限られていますが、
伍佰さんにはその境地へ行ける可能性があると思っておりますよ。
・・昨日もたまたま伍佰さんの歌詞を読んでいて
伍佰さんは、どこを飛んでいるとこのような世界が見えるのかな?
と思ったところでした。
我喜歓"不是形式上的搖滾"。

「形式が無いという形式」と「形式が有るという無形式」。。
実は常々電車の中で、このテーマについて考えている私なのでした。
そして、そんなことを頭で考えるのは評論家や傍観者がすることで、
表現する人は岡本太郎さんのように「爆発すりゃいいだけだ」という結論に
いつも辿りつくのでした。

いつも変な終わり方。

058.gif9/22做的午餐、菠菜起司咖喱飯(+蒜炒豬肉)、黄瓜生菜沙拉、冰豆漿、柿子。
e0066135_16391275.jpg


伍佰さんたちの台湾・高雄公演チケットサイトはコチラ
日時:2012/10/20 (土) 19:30開始
会場:高雄巨蛋(高雄市左營區博愛二路757號)




e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

by hachinoji7 | 2012-09-22 16:21 | 伍佰氏業務連絡 | Comments(0)