[BLOGの説明]伍佰ファンの珍生活BLOGです[新譜]"釘子花"発売中[池上秋收稻穗藝術節]10/28・29[演唱會]大連場11/25、南京場12/24、廣州場1/20[台湾限定演唱會]台中3/24


by hachinoji7さん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鑑賞印象記「伍佰&ChinaBlue20周年大感謝演唱會」

e0066135_252064.jpg


hachinojiは、6/16に台北で、7/14にシンガポールで
「伍佰&ChinaBlue20周年大感謝演唱會」を鑑賞しているはずなのに、
未だに鑑賞記をこのBLOGにUPしていません。
でも書いているのよ、先月からずっとチョコチョコと。
書いてたらこんなに遅くなってしまいました(-_-:)

しかし、文章が長過ぎて自分で読むのも書くのもがうんざりしてきたので削除しました。
先に今回のコンサートを観た印象を絵に描くことにしました。

↑純粋に感じたことを絵に描けました(感涙)

絵が描けたので、新しくまた鑑賞記を書くことにしました。以下8/15付。
鑑賞記ではなく「印象記」にしました。

今回は普段の伍佰さんたちのLIVEを観るのとは違って「20周年の構成なんだ」という
多少の先入観を持ってコンサートに参加しました。
20周年と銘打たれたコンサートで伍佰さんはどんな風に自分のやりたいことを
表現するのかとても興味津々でした。

私は音楽は一曲の一瞬一瞬がスタートだと思っているので、本音を言うと
一周年でも二十周年でも五十周年でも 個人的にはあまり重要ではありません。
伍佰さんも以前取材で大勢の歌手がメドレーで歌うヒットパレードのようなステージは
好きじゃないと言っていました(皮肉ではなく本当の気持ちでしょう)。
「ヒットパレードようなステージ」ではありませんでした。

54曲中、ほとんどの曲が新ヴァージョンになっていました。
アレンジが変わりすぎてFanが歌えない曲もありましたが、
そこには彼らの音楽発明的な喜びがいっぱいでした。
「伍佰さんはやっぱり既存のものに屈しない人だなぁ・・」と思いました。
バンドの方向性を示す彼らの創作意思として私は受け止めました。
安心しました。練習と構想にどれだけの時間をかけたのかもわかりました。
新生「伍佰&ChinaBlue」に期待が高まります。

とはいうものの(あれ?)、奇をてらっているような類いの構成ではありません。
私が初めて伍佰さんを好きになった時から、ずっと愛して止まない
伍佰さんが持つ独特な「風土感」
この偉大な魅力が舞台にしっかり根を張っていました。
20年分。。?伍佰さんが生きてきた分?・・・その長い歳月分の「風土感」です。
伍佰さん以外誰も踏み込めない、世界に一つの伍佰さんだけの魅力です。
もし、「風土感」が伍佰さんの音楽から失われてしまったら、
私は3秒で伍佰さんの世界から去るでしょう。
そんな私に涙が溢れるような
伍佰さんからのメッセージがオープニングに流れました。

我的堅持、我的熱情、我的憤怒、我的浪漫、我的生命、
我的土地、我的詩、我的愛、讓我創造了這麼多美妙的音樂,
我要唱這些歌來謝謝歌迷們”

(私の堅持、私の情熱、私の怒り、私の浪漫、私の生命、
私の土地、私の詩、私の愛が私にこんなに多くのすばらしい音楽を
創造させました。私はこれらの歌をFanに感謝を込めて歌います)


このメッセージは今回のコンサートの最大概念なのでしょう。
今回歌った54曲を伍佰さんは9つの主題に分けて個々の曲のメッセージ性を高めていました。
主題は「熱情」「堅持」「浪漫」「憤怒」「生命之詩」「土地」「城市」「未来」「愛」。

[台北の曲目]画像をClickすると拡大します
e0066135_1554636.jpg


[シンガポールの曲目]画像をClickすると拡大します
e0066135_1552240.jpg


舞台演出も主題によって映り変わり、自然や社会や人から授かった20年間分の音楽が
さまざまな映像やパフォーマンスで味わうことができました。
この見せ方も「伍佰さんらしさ」を 感じました。
やはり私は伍佰さんの決めることが私にとって「心地良い事」ようです。
e0066135_3104516.jpg

このように9つの主題に曲目が分けられたおかげで、
私は伍佰さんの曲への考え方を改めて知ることができました。

「例えば今回のアルバム"單程車票"の人気No1"藍月"は"堅持"に入るの???」とか(笑)。

私は"藍月"に対して、切ない愛と浮遊感を持った弧を描くような歌い方を
伍佰さんに期待しているのですが、伍佰さんは比較的"力強く"歌います。
後半部分では誓いの"握り拳"すら小さく見える時もあります。
"堅持"だったからなのか・・と思いました。そういう発見が面白かったです。

伍佰さんは、長い黒いスカートを穿いて妖艶な格好をしていました。
「伍佰さんスカート穿いてる」
その後、スカートではなく袴のような形なのがわかりました。
ぼんやりその袴が開いて「大の字」になる伍佰さんを妄想してました(ならない)。
e0066135_1414771.jpg


振り返れば伍佰さんは今回踊るなどのパフォーマンス的なアクションはせず、
ずっと歌いギターを弾いていたのでした。
伍佰&ChinaBlueは演奏に全力を注ぎ、それとは対照的にいろいろな舞台の特殊効果が
周囲で展開されました。
伍佰さんの背後にある巨大スクリーンが動きと物語性のある映像を大放射していました。
舞踏劇を観るようなコミカルな動きをするダンサーもいました。
最初の方では、おなじみの伍佰人形が3Dになって巨大スクリーンの中で
少し生意気な感じで可愛いダンスをしたりします。
それが大爆笑です。 作者のAkiboさんのyoutubeより↓


伍佰さんのLIVEにこんな可愛い要素が加わるとは思っていませんでした。
伍佰さんの音楽歴史上に「可愛い」の導入はかなり斬新だと思います(^^)

日本ならともかく台湾でROCK BANDで20年というのは、
台湾Fanに聞いたところ台湾史上ないらしい(20年やっているBANDはあっても)
...伍佰さんたちは「先駆者」なのだそうです。
やはり台湾音楽の歴史の一つとして祝わないといけません。

Tourは始まったばかりなので、鑑賞記を書く気分にはまだなりません。
まずは「印象記」ということで書いてみました。
具体的なリポートを知りたい方は伍佰さんのBLOGに
掲載されていますのでぜひご覧下さい。コチラ

最後に。私とbenさんの共通の謎。
「199玫瑰」の時にスクリーンに繰り返し映されていた伍佰さんが
撮った日本人と街の風景写真は、この曲の「想念」なイメージなのでしょうか?
なぜ、日本?と思ったのはきっと私とbenさんくらいだと思いますが(汗)。


今後、私たちは高雄場に行く予定です。
超High!!な楽しみ方も良いですが、さらに私は伍佰さんの音楽を
「我的堅持、我的熱情、我的憤怒、我的浪漫、我的生命、我的土地、我的詩、我的愛」
の部分をふまえて聴いてみたいと思っています。
あなたの音楽をさらに深く受け止めます。高雄見!!伍佰&ChinaBlue。

「大の字」の旗の効果抜群!!オリンピック会場か正月の皇居広場前のごとく。




伍佰さんたちの台湾・高雄公演チケットサイトはコチラ
日時:2012/10/20 (土) 19:30開始
会場:高雄巨蛋(高雄市左營區博愛二路757號)




e0066135_1361096.jpg伍佰&Chinablueの
新譜「單程車票」発売中
yes asiaで通販できます

好讀版(CD + ブックレット)→コチラ
好看版 (CD + DVD)→コチラ

Commented by benqiao at 2012-08-15 10:19
世界地図と「♪」たち、ひとりひとりの表情、そしてそれぞれ違う
胸のマーク。
はちさんの描く伍佰さんたちの画は、可愛いだけぢゃなくて、
いつもいろんなメッセージが詰まってるなぁ、と思います。
そして、はちさんの伍佰さんたちへのLOVE LETTERを見せてもらっているようなちょっとこそばゆい気持ちと、はちさんの伍佰さんたちへの目線が温かいから、ほんわかとした心地よい気持ちをいつも貰います。
ま、一言でいえば、単純。
「あ~、この画大好きだ~」なんですけどね。
Commented by hachinoji7 at 2012-08-16 01:00
心弾むコメントをありがとうございまする。
伍佰さん、頑張って日本語読んでくれていると
思っております。
絵を描いているうちに、伍佰さんの歌はこんなにも
生命を歌った歌だったんだと改めて発見しまして、、
上のような大きなスケールの絵になりました^^
Commented by おぐら at 2012-08-21 10:21 x
ごぶさたしてます。巡回、順調なようですばらしい。ライヴDVD、いつ出るかなぁ…
Commented by hachinoji7 at 2012-08-21 20:34
今晩舉行北京MTV/CCTV台的頒獎典禮領獎的地點
"北京万事達中心(原北京五棵松体育館)"就是
1/5大感謝演唱會北京場的地點。

1/5の北京はあきらめモードですね。DVDは・・(遠い目)。
会場はまだわからないけど私は最後一場を観たいです。
去年の最後一場、東莞公演はとてもよかったので。
西安とかにされると観に行けないけど。
Commented by おぐら at 2012-08-22 17:41 x
さっき微博で1月5日を知りました。(その後こちらにまた来た)マイレージで飛行機が取れればトライします。チケット買わなくてはいけないとしんどいけど、正月休み中なので行きたいな…
Commented by おぐら at 2012-08-23 10:37 x
お正月、全日空のチケットがマイレージで取れたので行って来ようと思います。 残念ながら帰り便が羽田着でなく成田ですが、それぐらいは我慢しなくちゃね。チケット発売はいつかなぁ…
Commented by hachinoji7 at 2012-08-23 22:02
北京場行けるんですねー。落ち着いたら私も北京行きを再検討しようかと思っています。
行けても日曜帰りだなぁ...(短期)
Commented by hachinoji7 at 2012-08-23 22:05
北京場是最後一場?

問うてみる(^^::::::::::
by hachinoji7 | 2012-08-15 03:41 | 迷上伍佰 | Comments(8)